皆さん、ゴルフのスイングには構え〜振り終えるまでに、名称が付けられてるのはご存知でしょうか❓

まずは名称のご紹介から

全部で8つあります。

①アドレス 
②テークバック 
③バックスイング 
④トップオブスイング 
⑤ダウンスイング 
⑥インパクト 
⑦フォロースルー 
⑧フィニッシュ

今回はシリーズ3回目、バックスイングについての解説です。

バックスイングとは…
テークバックとトップオブスイングをつなぐ、クラブを振り上げる一連の動作のことです

ここで多くの方が意識されるのが、スイングプレーンだと思います。
スイングプレーンとは、イギリスのプロゴルファー ベン・ホーガンが提唱する、スイング中のクラブ軌道のことで、一枚のガラスをなぞるようにブレのない軌道が良いとされています。


ですが、このスイングプレーンを意識する余り、スムーズなバックスイングを妨げられてしまう、という事も多々あります。
バックスイングにおいて、余計な力感を取り除くことも、とても大事なことですよね。

そこで、私NAOKIが推奨したいバックスイングとは、

理想のダウンスイング・インパクトをする為の、パワーを溜める動作

という捉え方です。

※ダウンスイングとは、『クラブを振り下ろす』こと、インパクトとはボールに当たった時の『衝撃』を意味します。

スムーズにクラブを振り下ろして、ボールに対してより効率的に衝撃を伝える振り上げ方が大事です😆
その為に心がけていただきたいのは、

必要最小限の力で振り上げること!