モーターパラグライダーエンジン整備&テスト飛行 | NaohPhoto空撮ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

NaohPhoto空撮ブログ

写真家山本直洋のブログ
写真、旅、パラグライダー、スカイダイビング、空撮等に関する日記を書いていきたいと思います。
HP : http://www.naohphoto.com

3月に古いエンジンを整備して飛べるようにしたのですが、パワーが物足りなくて仕事で使うにはちょっと不安を感じていました。

そこで去年台風19号で水没してしまってもう使えないだろうと半分諦めていたエンジンをもう一度整備してみることにしました。

 

このエンジンは予備エンジンとして車の中に入っていたのですが、台風19号の時に川が氾濫して車ごと水没してしまいました。

僕は9月の事故直後から10月下旬まで入院していたため、その間車と中に入っていたエンジンは放置状態でした(車の中に入っていた一部機材はパラグライダー仲間が出して洗ってくれたためすぐに使えるようになりました)。

退院後動けるようになってからはじめて車とエンジンを見に行ったのですが、車は動かず廃車、モーターパラグライダーエンジンも水に浸かった形跡があり錆びててもう使えないだろうと思っていました。

水没したエンジン↑

車はエンジンかからず廃車↑

 

しかしちゃんとチェックしてみると運良くエンジン内部までは水が入っていなかったらしく、外装の掃除と電装系の整備で復活しそうなことがわかりました。

エンジン外装掃除↑

電装系はエンジニアのトニーさんにお願いしました↑

 

コロナ自粛中に時間があったためエンジンをちゃんと整備して使えるようにし、緊急事態宣言が解除されてから飛行テストをしてきました。

結果一度水没してたとは思えないほど好調で、まだまだ使えそうでした。

来年のキリマンジャロ空撮では別の新しいエンジンを用意しようと思っているのですが、とりあえずしばらくはこのエンジンで仕事や作品撮りができそうです。(コロナの影響でほとんど仕事ありませんが。。)

 

エンジンテスト飛行の様子をYouTubeにアップしました。↓