十五夜。 | ちはるんるんの日々るんるん☆

十五夜。

コメント返信、
ご訪問できておらず
すみません!
バタバタしてます(´;ω;`)


先週のお話です。

13日は十五夜でした\(^-^)/
イベンターではない
私からしたら
どーでもいい日
なのですが
我が家のイベンター男は
こういうの見逃すわけがない爆笑

12日確認です。
(確認せんとえらいめみることあるから)

ち『なーなー。明日お月見やん?すんの?今年も?』

Jr.『当たり前やん!するよ!お月様の日やで?』

いやだから
なに?真顔
(ちはるん心の声)

『じゃあ明日お団子用意しとくわー。』


そして当日。
大阪は曇りでした。
雲が分厚くて
とてもお月様見れる
かんじやない。

がしかーし
言うても聞かぬ2名w


夕食後と寝る前に
二回もお月様探す旅に
かりだされた
おかんちはるです笑い泣き

ま。パパいないですしね、
お付き合い出来る範囲で
気のすむようにさせてますw

でね大人からしたら
月が見えないのって
『雲のせいやな。』
てなりますやん?

しかし幼稚園児の発想て
かわいー(*´艸`)

長女ちゃんの見解
『お月様恥ずかしいかなー。恥ずかしいしてるなー。』

可愛い発想(*´艸`)
恥ずかしいから
出てこないって(*´艸`)

『そうかもなー。長女ちゃんとおんなじでお月様も恥ずかしがりやさんなんかもなー?』

するとJr.

『Jr.は違う思う。Jr.の思いはー(考えは)お月様はきっと忙しいんや思う。』

ん?
なになに?

『忙しい?』

『うん。今日お月様お団子食べなきゃでしょ?ママのおうちのお団子お月様食べた言うてたでしょ?ママだけやなく皆きっとお団子用意してるでしょ?だから皆のおうちのお団子食べに行かなきゃやから今日お月様忙しいんちゃう?皆のおうち行ってるんちゃう?食べなきゃ皆かなしいーなるから。』


なんと素敵な発想だ!


そんな風に考えれない
私はすっかり心も頭も
固くなってるんやなー
って改めて気づかされる。


長女にしても
Jr.にしても
ほんと素敵な発想。
子供ってすごいな。

十五夜の日は
見えなかった。
探してる時、
お近くにお住まいの
お婆さんに
お月様にお願い事すると
叶うよ。
と言われた二人。
明日も見れるよ
言われた二人。
それでか諦めぬ二人。

次の日もお月様
探しの旅に
駆り出されるw

で、無事に見えて
二人はお願い事をしてた。

そのお願い事は長女ちゃん
『にぃにと遊べますように』

いやw
願うレベルw
Jr.も
『そんなんお月様に言わんでもJr.と遊べるやん。Jr.にいうたら叶うやん!』

素敵なお話です(´;ω;`)

Jr.のお願いは

『運動会上手にできますよーに!』

そしてお願い終わった後
笑顔で
『よし!よかった!お月様にお願い出来なかったらどうしよう思った。運動会失敗しちゃうか思った。お願いしたから大丈夫なった!』

そういえば七夕にも
お願いしてたな。

今思えばきっと
そんなけ彼にとって
プレッシャーやったんやな。

楽しみな行事だけど
彼にとっては
苦手なことはじめてのこと
盛りだくさん。
不安もプレッシャーも
人一倍だったのかもしらん。
だからこそ神頼みならぬ
星や月頼みをして
成功祈願してたんやなー。

Jr.は成功したら
お月様のおかげや!

言うてたけど
大人な私は思う。
成功したらそれは
あなたの努力のおかげやで。  
て。
でも可愛い園児の 
発想や気持ちも考慮して

『そうかもな。お月様もきっと応援してくれるなー。でも失敗してもええで!大丈夫やで!お月様もみんなもJr.すごーいって思うからな。』

と声かけしておきました。

ほーんま私が幸せなお月見に
なった(*´艸`)

大人からしたら
いや私からしたら
もう何の意味もない日だったのに
一気に素敵な思い出の
1日にしてもらいました♡

お月様ありがと♡

ではまた♡
あでゅ♡