コミュニケーションデザイン研究!藤田尚弓のブログ

コミュニケーションデザインを研究する藤田尚弓のブログです


テーマ:

 

あの結婚情報誌「ゼクシィ」でコメントのお仕事。ありがとうございます!

 

 

 

 

 

結婚準備中の皆様、チラっとしか出ていないけど探してみてね(^^

 

 

これだけなのに、お金いただいちゃって、なんだか恐縮。

でも、いい思い出になりました!

 

 

結婚情報誌って、夢があっていいですね。

パラパラ見ていたら、こちらまで幸せな気分になります( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

解説のお仕事をさせていただきました。

 

 

今月号の「CLASSY」

たまにビシッと言われるといろんなことがうまくいく

30代女子はもっと叱られたい!

 

という企画で、叱られることのメリットなどを解説しました。

 

 

 

 

一般的に女性は男性に比べ共感性が高く、相手を思いやる気持ちも高い傾向があります。

そのため同調することは得意ですが、目の前の相手に厳しいことを言うのは苦手かも。

会社の同僚など、ある程度、距離感のある相手から本音を引き出すのは難しいですよね。

 

人との関係が希薄になってくると、嫌われるリスクを背負ってまで叱ってくれる人は少なくなります。

特に私のように年齢を重ねてくると、叱ってくれる人も減る気が……。

叱ってもらえるというのは、希少性のあることになっている気もします。

 

 

叱られるのは不快な本来コミュニケーションだと思います。でも、それを成長に繋げられたら素晴らしいですよね。ミスをして相手に悪いと感じているときなど負債感があるケースでは、叱ってもらうことが逆に癒しに繋がることもあると思っています。

 

 

たまには叱ってもらうのもいいかも知れませんね!

 

 

人気の雑誌でお仕事ができて嬉しかったです。

関係者の皆様、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

雑誌「OL manual 」に掲載されました。

 

 

 

ありがたいことに、何ページにもわたって

私の著書「NOといえないあなたの気くばり交渉術」の内容が

紹介されています。

 

 

 

自分の書いた本は、我が子のようなものですので

こうしてまた注目してもらえるのは感慨深いです。

関係者の皆様、ありがとうございました m(_ _)m

 

 

 

人との関わり合いの中で生きている以上、

思い通りにならないことはありますよね。

 

自分の正しさは主張したくなりますし、

相手が正しくないように見えると批判したくなります。

 

強く言われると、こちらも感情的になります。

 

そんな時でも、

欲しい結果だけでなく、いい人間関係も手に入れられるような

アプローチをしたいもの。

でもこれって、余裕がないと難しいんですよね。

 


テレビやネットのニュースを見るにつけ、
なんだか少しギスギスした空気を感じてしまう昨今。
みんなが大変で、余裕がない状態なのかも知れません。


余裕がないと、悪気なく人を傷つけてしまうことが増えます。


これから期末に向けて忙しくなりますが、
私も十分注意しようと思います。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)