ママサポーター第7期第2回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMONブログネタ:ママサポーター第7期第2回目テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMON 参加中




先日、くもんママサポーターの座談会に出席させていただきました(*´∀`*)

{299351BA-4921-423B-B5E1-21B0438F6D05}

公文は元々数学の先生だった考案者が、息子のために作った手作りプリント学習だったそう。

反復して練習することにより、力を身につけていきます。

{12BABEB2-033C-42F4-8E0A-5E8890849D31}

小学校で、微分・積分まで到達した息子さん。
凄いです。

公文の良いところは、人と比べない。
自分のスピードで、自分のペースで勉強を進められるところだとわたしは思っています。

そして、自ら学習する力を身につけていく。
これってすごく素晴らしいことです。

私自身も子供の頃、公文のお教室に通っていました。
勉強嫌いだったわたしでも、公文はなぜか嫌じゃなかったな。
なんでだろうと思い返してみると、授業に置いていかれることもなく進められるから。
学校の授業のように、休むともう分からなくなるようなことはありません。

{3FB9C5A2-B58D-4EF9-8F2B-807BF5F9D094}

スモールステップと言われる、少しずつ地道に進んでいく教材だから、ミスも減ります。

音楽も同じで、練習する場合はある部分を抜き出して100回弾いてみる。
一度でも間違えたら0からカウントし直し、と言った具合に地道に進めるので、似ているなぁと思いました。
少しずつ、反復してやることによって、自分の血となり肉となり、骨となるこのやり方は大いに賛同します。

そして公文は、わたしの理想とする
生活力のある人間を育てる🧑
というところにおいて秀でています。
{A99D2804-DE34-429D-9D88-10502411B81E}
息子には幸せになって欲しいから。
可能性も広げてあげたい。

仕事への情熱、
論理的に考えられる頭、
任務遂行能力=粘り強さ、
これらを身につけられるようです(*´∀`*)

子供の、もっとやりたい!をその子のペースで指導者が進めてくれる。
だから、誰にも邪魔されることがなくこの3つが育ちます✨

{9FB695F5-C7C4-4D9E-B299-C4AA3A54D2B9}

くもんを通じて学べるのは勉強だけではないことを改めて感じ、だからこそ世界でも広がっているのかと納得しました。

我が子はベビーくもんを習っていますが、指導者の先生がそれはそれは色々アドバイスをくれていつも元気を貰います。

寝返りを打つ前からのお付き合いなので、全面的に信頼しています。

もう少し大きくなったら、お教室に通おう。

自分から率先してやる力、これを養えるくもんってなんてコストパフォーマンスが良いのー!笑
と思いました笑

{42A08E6E-CCA2-43B4-90DA-20285828EA61}

勉強しなさい!と怒ることなく集中できる環境を整えてあげられる、本当大事。

行動を習慣にして、無理のない学習を。

我が子だけでなく、学習を望む親御さんがこの公文式の良さを理解して、生活力のある人間が一人でも増えたら嬉しいなと思いました。

みんなで生産性を上げていこうー!
おー!!✨

しかし、うちの子将来何がやりたいんだろう。

今は、毎日ヴァイオリンやりたい!と言っています。
{7EB395F8-C1DA-4FC3-81EC-DF064970F448}

やりたいことが出来る大人になって欲しいな。