「 波動の法則 」 足立育朗さん。

テーマ:

いつもご来訪有難うございます にこにこ

 

 

お友達からお借りした本です。

 

ここまで詳しく原子モデル図でわかるように書かれた 『 波動の法則 』 は初めて拝見しました。こんなことになっているのですね~・・・!本当に凄いことです グリーンハート

 

 

波動の法則 波動の法則
 
Amazon

 

(抜粋)

 

今私達ができること、それは地球が大きく生まれ変わって新しい調和のとれた文化になる時、役割ができるようにするために、私達が瞬間に 「 決心 」 すれば良いわけです。「 意識 」 の変換をし、顕在意識が自然の法則にかなった調和のとれた状態になれば、そして常に 「 本質 」 と同調すれば周波数はどんどん上がっていきます。

 

そしてさらに情報として入ってきたものを現実に実行すれば、原子核の集合体(EXAPIECO)の原子核の数が増えてゆきます。その繰り返しになるわけですから、ますます周波数が上がっていきます。原子核の集合体(EXAPIECO)がいつでも地球と同調し時空間移動ができ、新しい文化の中で役割ができるようになるということです。

 

もう一度申し上げますが、そのためにはまず最初にやることは、人間の 「 顕在意識 」 を正常な方向に意識変換することです。そして 「 本質 」 に入ってきた情報を素直に実行します。実行した結果、原子核の集合体(EXAPIECO)の原子核の数が増え、安定して周波数がまた上がります。その繰り返しでどんどん調和のとれた振動数になり、自分のボディも調和がとれていきます。

 

つまり中性子・陽子・電子が正常になってゆくのです。明らかに周波数が高くなって長期間安定していらっしゃる方の中にのボディは中性子・陽子・電子の歪んでいるパーセンテージが平均よりずっと少なくなり、調和度が高くなっています。その高い時間を長く保てる状態になればなるほど、中性子・陽子・電子が正常化しています。

 

これですと病気が治る方向に進むのは当然です。ですから健康で長生きしようという 「 意識 」 を持つことは、これは個人的欲望であり、病気を本質的に解決することにはならないのです。調和のとれた結果が健康になり、長生きしてしまう状態だということです。

 

「 顕在意識 」 というのは常にそうです。自分のしがらみを考えて推理、予測をしてボディの維持に一番都合のいい状態に結果を生んでいくわけです。しかしもし 「 顕在意識 」 が 「 本質 」 と同調しいていくことを 「 決心 」 した場合には、少なくとも問題が起きるか起きないかが大事なのではなく、問題が起きる起きないを越えて決心してしまうわけです。

 

すると原子核の集合体(EXAPIECO)の中の原子核の数が増えるのです。原子核の数が増えると受振と発振の量が増えます。そうすると解決策がたくさん生まれます。今 「 顕在意識 」 で考えているよりはるかに多く生まれます。問題はそこの違いなのです。できればぜひ 「 決心 」 をして行動 をとっていただきたいと思います。

 

 

 

お友達も大絶賛でしたが、私も素晴らしい本だと思いました グリーンハーツ

 

是非一度、手に取って読まれてみてください。

 

 

それでは、また・・・パー