いつもご来訪、有難うございます。

 

この冬は例年に比べて寒いですが、1月に入ってから寝る時にお尻と太ももの後ろが冷たくて直ぐに眠れない日が続いたので、何かいい方法がないかと検索することに・・・。

 

すぐに出てきましたこちらの key word 梨状筋 ( りじょうきん ) 。何でもこの骨盤の中にある ( インナーマッスル ) 筋肉に異常があると、梨状筋症候群の症状である痛みや痺れなどの症状が出たり、また筋肉が硬いと冷えの原因にも・・・ということでインナーマッスルをほぐしたりストレッチをするなどを試しています。

 

2週間位はわかるほどには効果は出なかったのですが、3週目辺りから明らかに冷える温度が前程には冷たくなくなっているのがわかるようになりました。まぁ~気温が上がってきている事も確かなのですが私のケースではこちらのエクササイズで効果がありましたよ パー 面倒なものは続かないので 「 一番簡単なストレッチ 」 ということで紹介されていたものです。

 

 

動画:32秒

 

 

こちらの見本だと手を添えている右脚を左右にゆ~っくりと振って角度をつけたり

両手を組んでいる箇所を中心に小さい円を描くとストレッチできる箇所も違ってきます。

( 臀部は内外共にたくさんの筋肉で出来ています。 )

 

 

右の列の上から4番目が梨状筋を指しています。

下肢における脊髄神経の支配域図です( からだの地図帳より )

筋肉の形と大きさは実際と異なります。

 

 

ちなみに検索するとソフトボールや軟式野球のボールをお尻とお布団・ベッドなどの間に挟んでコリをほぐすというのもありました。日本で硬式野球のボールを買っていたので、それで試してみたのですがボール自体が冷たくて数回試してみましたが続きませんでした・・・雪の結晶 タオルで冷たさは工夫できるのかも知れませんが。

 

 

*冷える方でエクササイズを試される方は無理のないよう

ご自身の出来る範囲でお試しください ウインク

 

*梨状筋が坐骨神経を圧迫することが原因で梨状筋症候群になるケースもあるようですが、痛みや痺れがある方は必ず医師に診て貰ってくださいね ニコニコ

 

春に向けて、身体もゆっくりと温めたいものです c.blossoms*

 

Have a lovely weekend!! ハート