Oriental思想、Occidental生活。Happy & Healthy Life in スコットランド。 ~旅行も、人生の旅も愉しむ~

いつでもどこに住んでいても 「Happy」 の秘訣は、「よい、悪いをつけない、自分を責めない、他人を裁かない」 愛あるシンプルな人生を歩みたい・・・。


テーマ:

いつもご来訪、有難うございます。

 

今回は 【 20 】 です。20の2と0という並びは、右にある0が左の2を強調・増幅させているとみます。円など単位をつけると解り易いです。2だと2円。2に0を1つつけると20円。2に0を3つつけると2,000円といった具合です。そして 【 20 】 には、調和という意味があるのだそう です。調えた和、和を調えると書いて調和。ここからどんなイメージが出てきますか?

 

同じ大きさの2つの輪。その2つの輪がぴったりと重なっても調和って感じがしますね。2つの輪は自分と相手?まぁぴったりと重なるわけはないと想いますが・・・。ですが、相手のマイナス(輪の半分が少々きつく狭くなっている、などとこちらが勝手に想っていること)を自分のプラス面にあるゆとりの部分で補なったり、自分が自分でダメだマイナスだ・・・などと想っていることは、相手のプラス面から学ばせてもらう・補ってもらうことで凹んだ輪を丸に近づけることもできます。(あくまでも、そんなイメージです。)

 

究極は" 調和する相手がいなくなった時、本当に 「 調和 」 することが出来るとのことですが、そこに行くまでには、かなりの悟りの訓練も必要になってくるかと思います。

 

このようにプラスマイナスの貸し借りができると、自他の境界線がはっきりしない・ぼけてきてあ~いいよ~と許せる・調和しよう~って感覚が多くなってくる・・・。元々境界線だと言っても、相手に映っているのは自分。結局は自分の中で(2つ)の調和をとっているだけの話なんだろう~。嫌いというのだって個性なのだからそれも良し。でも、これができると数段生きるのも楽になる。

 

人間を1つの個で思うと、ひとつひとつははっきりしている輪に思えますが、和の精神を持つとそれは果てしなく広がっていくもの・・・。自分とお隣さんで2・自分の中に2つあるものが0(無限の数字)でいくらでも増幅できるというのは、自分と他人、人と人、人とあらゆる物との調和とも読み取れ、20というのは凄くスケールが大きいというようなメッセージを持つ数字だなぁ~と想います。

 

しかし相対も必ずありき。そして、調和というのもその前に、バランスを崩してこそ得られるスリル感があると想います。スリル感、エキサイティングな感覚だって、先にバランスをワザと崩してバランスを取る。ジェットコースターやアクロバティックなことだってそれ自体や、地面と足が着いている間と間のその間にスリルがあり面白いのだから・・・。調和の和から外れていなかったら・外れなかったら、この世に出てきた意味はあまりないかも。バランスを崩して戻す。いち、に、いち、に。まぁ~、皆外れて来ているようですが・・・。

 

マヤカレンダーは1年は13か月。20日で1か月だったそうですね。20進法を使っていたというマヤ文明のマヤ暦は極めて正確だと言われていますが、天体・天文学を大切に扱っていた彼らは、2をそれぞれ太陽と月と見ていたのかも知れませんね。

 

 【 20 】 にはどんな印象がありますか? にこちゃん ぜひ、自分の中の2と0を探してみてください。少し時間をかけてみると案外面白いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Nao Happy life in Scotlandさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。