モノクロの砂時計☆NEWS小山慶一郎が大好きです

日々のくだらない日記を中心に、大好きな音楽について勝手に語っちゃってます!wとにかく音楽好きはココ集合。いやっ横目でもイイんで見てって下さい(ペコペコ)あっちょっとジャニーズも好きですv


テーマ:

みんな「部落」って聞いたことある???

今日たまたま演説聞いたんだけど、すっごい聞き入っちゃった!!

何か難しくって説明しずらいんだけど、昔日本の偉い人が普通の農民にじゃまだから出てけって家とか全部かっぱらって追いやっちゃったんだって!!

でも農民の人だって何もなきゃ生活できないからみんなで訴えたんだって!!

んで何とか分け与えてもらえたのが農民の畑の一部とかに廃材で作られた小屋。

4畳に台所とトイレ、そこに4・5人。

そんな所で生活してる人たちの集団のことを部落っていうんだって!!

部落の人たちは今でも子孫がいる限り、存在し続けてるの。

うちが聞いたのは神奈川県にある部落のお話。

私の住んでる横須賀の奥の方にも部落があるらしいんだ。

でね、そこには50人程の人たちがすっごい酷い家で暮らしてるの。

家も「関東大震災」で出た家の廃材でできた小屋。

隣どおしの家も洗濯物を掻き分けて行かなきゃいけない感じのところ。

そこに行った人の話によると、すっごく独特な匂いとかして、その時は「早く帰りたい」それだけだったんだって。

お茶を出されてもそのお茶をするのにすっごい勇気が必要だったんだって。


そんな部落の人たちが何故いまだに差別され続けなきゃいけないんだろう。


横須賀の部落の人たちはね、ちゃんとに横須賀のえらーい人に訴えたんだって!!

それで帰ってきた返事がこれ、、、

「横須賀は平和で差別のない市です。だから部落差別とかの問題も一切ありません。だからあなたたちに出すあなたたちが言う部落問題のお金は一切ありません。なので出せません。」

だってさ。

酷すぎだよね。

何度頼んでもそんなお金は無いの一点張りだったらしいよ!

こんな世の中だからその部落の人たちは義務教育が終わったら学校にも行けないで小さな所で働いて、、、。


他にもね、ある高校生の女の子が居たの。

その女の子は中学生の時に好きだった先生に将来結婚の約束したんだって。

あっ先生の方もちゃんとその子のこと好きだったんだよ!?

んでその女の子がたまたま授業で「部落問題」のことをやって、その先生にデート中聞いたんだって。

「もし私が部落でも結婚してくれる?」

そしたらその先生はね、考えることもなくあっさりこう言ったの。

「それは無理だね笑」

女の子は自分が部落じゃなくて良かったって思いながら家に帰ってお母さんにも今日のことを話したの。

「お母さん、今日部落のことについて少し教えてもらったんだよ」

お母さんはお父さんも呼んで、きちんと家族全員を座らせて話し出したんだって。

「実はね、今まで隠してたんだけどお母さんもお父さんも部落で生まれたのよ」

その瞬間、女の子の頭にはあのときの先生の言葉、考えもせずに即答で返された、「無理」という言葉が蘇って、結婚できないんだって思ったその子はあまりにもの悲しみで自殺しちゃったんだって。


このお話聞いたとき、すっごい悲しかった。

ただ部落だってだけでどうしてこんなにも差別されなきゃいけないんだろうって思った。

だってただ「部落」ってだけで別に普通の人とは変わりないじゃん!!

逆に普通の人よりの心が温かくって、スッゴクいい人たちなのに。。。







今日先生から「部落差別」について聞いて、もっともっと本当のこと、知りたくなった。

ごめんね、長くて(汗

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。