私、リバウンドしないので!~脂肪という原石を価値あるモノに変える | ダイエット、妊活、漢方相談 石川県白山市の薬剤師・直田のブログ

ダイエット、妊活、漢方相談 石川県白山市の薬剤師・直田のブログ

石川県白山市(旧鶴来町)で創業80年を迎えた直海屋の代表・薬剤師を務める5児の父・直田弥丈のブログ。
「自分の健康や美容は自分でつくる」をモットーに、皆さんにとって役立つ健康情報を発信しています。

石川県白山市でダイエット、不妊、腸活、漢方相談を行っている直田です。

 

「脂肪には燃えやすいものと燃えにくいものがある」ことをご存知でしょうか?

 

脂肪というと、現代では悪者扱いされますが、わが国でもつい100前までは飢饉などで食料が採れず餓死する方もおいでました。

世界を見ても、人類は飢餓との戦いでもあったのです。

そのような視点で見ると、人が脂肪を蓄える能力は、生きる残るために不可欠なものだったと考えられます。

 

私のイメージでは、ダイヤモンドの原石=脂肪(使えない)

原石のままではお金(エネルギー)になりにくいので、

磨き上げた状態=遊離脂肪酸(使いやすい)にすればいいのです!

脂肪の特性として、

体脂肪は個体(中性脂肪)のままでは使えない、燃えにくいです。

個体(中性脂肪)は液体(遊離脂肪酸)に分解されると使いやすく、燃えやすくなるのです!

まずは、ココが重要なポイント。イメージで伝えると以下の感じです。

 

さて、中性脂肪(個体)が遊離脂肪酸(液体)に分解されるためには、2つの条件があります。

条件① 空腹状態で2時間以上

補足すると、食後2時間は脂肪を溜め込む時間帯。食後2時間以降から次のカロリーのある飲食を摂るまでは脂肪を燃やす時間になる。

条件② 有酸素・無酸素の運動

①の条件下で、有酸素運動なら30分以上が目安、無酸素運動(筋トレなど)は出来る範囲で行う。

 

こんなんできるか!?という声が聞こえてきそう

 

でもご安心ください。漢方ダイエットで使用する漢方を条件①の空腹状態で3粒服用するだけで、

運動していなくても、中性脂肪を遊離脂肪酸に分解できるのです!!

 

ダイエットでいま最も注目されているのは糖質制限ですが・・

糖質制限もダイエットの方法としては入ってくる糖を減らすので、体は体脂肪からエネルギーを使おうとはするので脂肪は減っていきますが、それだけでは遊離脂肪酸に脂肪を変換できていないので、体にも負担をかけていくことになり、健康を害することもあります。

健康的にキレイにダイエットしていくときは、
1日により多く体脂肪を遊離脂肪酸状態にしておく時間を作れるかで、体にも負担を軽く効率もよく痩せていけることが期待できます。

 

当店の漢方ダイエットで、脂肪というダイヤモンドの原石をお金(エネルギー)に変えてみませんか?