夏までにまだ間に合う!ダイエットの心得10カ条 | ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

石川県白山市(旧鶴来町)で創業80年を迎えた直海屋の代表・薬剤師を務める5児の父・直田弥丈のブログ。
「自分の健康や美容は自分でつくる」をモットーに、皆さんにとって役立つ健康情報を発信しています。

本日のパレット7/5号にて当店の「漢方ダイエット&漢方薬相談」の特集記事が紹介されました。ありがとうございます。

ということで今回は、ダイエットに失敗しないための「ダイエットの心得10カ条」をお伝えします!

 

【何事も基本が大切】

基本を知らずに自己流でダイエットを進めても、リバウンドが待っているだけですよ。

ダイエットでも、小さくてもよいので成功体験を積み重ねていくことが大切!

ダイエットの基本原則を守れば良い結果が生まれます

成功した!という小さな喜びはモチベーションとなり、さらに持続していく原動力と自信になります。

 

【ダイエットに失敗・挫折する原因】

基本や原則を無視して「短期間でいきなり大きな成果を得よう!」と焦ったり、自己流になるからです。

急がば回れ、ゆっくりでいいので、「ダイエットの山」を正しく登っていきましょう!

駆け足で登ると、怪我をしたり、途中でスタミナ切れして停滞することも。ゆったりと景色を楽しみながら、着実に登りましょう。あとは下山時に気をつけましょう!下山とはダイエットで言うなら「維持期」にあたります。下山時に怪我をする、つまり一旦痩せても維持できない方がたくさんおいでます。

ダイエットの道は1日して成らず!コツコツ継続こそ力

そして、体脂肪の分解・燃焼こそが大切

この2点は肝に銘じておいて下さい。

 

【ダイエットの心得10カ条】

① 摂取カロリー<消費カロリー=痩せる

当たり前と思うかもしれませんが、これが基本です。
前日の同時刻より0.1kg(100g)だけ体重が落ちればいいのです。
摂取カロリーを少しだけ減らしながら、運動などで消費カロリーを増やしていく方法がオススメ
ただし最新研究では、腸内環境が偏っていると摂取カロリー以上に腸内細菌がエネルギー(カロリー)を体内に吸収することがわかってきました。
 
② 飢餓状態になってホメオスタシス(恒常性の維持)が働くと体重・体脂肪も停滞する
①で摂取カロリーを抑えると言いましたが、基礎代謝を大きく下回る極端なカロリー制限をすると、脳は危機状態と判断して減量をストップします。以下の計算式を参考に適度なカロリー制限が良いでしょう。
・女性が減らすカロリー(kcal)(体脂肪率(%)20) ÷60×30×体重(kg) 

・男性が減らすカロリー(kcal)(体脂肪率(%)10) ÷70×30×体重(kg) 

体脂肪30%体重60kg女性なら300kcal/日減くらい

 

③ 体重よりも体脂肪の減量を!脂肪の性質を知るべし

https://ameblo.jp/nao-miya7038/entry-12385346489.html

(脂肪の性質を詳しく書いた記事をご参考に)

一般的に内臓脂肪(臓器の周りに付く脂肪)が先に落ちてから、皮下脂肪(指でつまめる脂肪)が落ちていく。 

脂肪1kg=約9000Kcalのエネルギーがある。

30分の有酸素運動(約100kcal)とすると、90日間毎日続けてはじめて1kg脂肪が落ちる。

つまり、そう簡単に脂肪は落ちないのです!やはり食事、運動そして睡眠が大切なのです。

 

④ 栄養バランスを心がける 

め(大豆製品)ま っこう食 さい かな 

いたけ(キノコ類)も(さつまいも等)かめ(海藻)

※精製度の低い糖質、良質な脂質・タンパク質、ビタミン・ミネラルなどを積極的に摂る

炭水化物を控えすぎると、脳の栄養源である糖質不足で筋肉の分解、基礎代謝低下につながる

 

⑤ 食物繊維と善玉菌を活用して、やせない腸を改善する

 食物繊維(水溶性と不溶性バランスよく)を積極的に摂ることで、小腸でのカロリー吸収や食欲を抑えたり、便性の改善にも

 合わせて善玉菌を摂ることで、腸内フローラが改善されヤセ菌が増えることも期待できる。やせない腸を克服するためのキーワードは「腸内細菌の多様性」です!

 

⑥ ダイエットは楽しい!という意識をもつ。ストレスをうまくコントロール

※意識が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 良い習慣は成功のカギ

短期的ストレス(すぐ発散できるタイプの人)は、交感神経が優位になりダイエットにプラス

  慢性的ストレス(溜め込むタイプの人)は、コルチゾール分泌されダイエットにマイナス

 

⑦ 十分な質の良い睡眠がダイエットの見方

寝初めの3時間は多くの脂肪を分解・燃焼する時間帯、つまりダイエットのゴールデンタイム

  眠りの深さと成長ホルモン(脂肪の分解にも関与)は比例するので睡眠の質も大切

 

⑧ 1口30回。よく噛んで食べる

 ※ゆっくりとよく噛んで食べることでヒスタミン(脳内物質)が分泌されて食欲が抑えられます

 1口食べたら箸を置き、「ありがとう」×6回=30回噛む。食べ物=命への感謝も忘れずに

 

⑨ 食欲には、エネルギー(カロリー)を満たすための食事と報酬として満足する食事がある

 ※満腹中枢(カロリー)と側坐核(報酬)を同時に満たす食べ方を。早食い、ながら食いはNG!

 

⑩ 朝食breakfast(断食状態を破る)は軽食、夕食はバランス良く午後8時前までに

 ※午前中は排泄の時間。正午~午後8時は消化の時間。副交感神経優位の8時以降は過食注意

いかがでしたでしょうか。

ダイエットの心得も参考にして正しく楽しいダイエットを!お店でのカウンセリングや体組成測定のご予約もお気軽にどうぞ。

 

最後に大切なセミナーの紹介もさせていただきます。
来たる8月3日(土)14~16時に自然薬舗なおみや2階・レッツホールつるぎにて、
子どもの心と健康を守る会代表であり、食学ミネラルアドバイザーの国光美佳講師をお招きして、食の現実とミネラルの重要性を学べるセミナーを企画しました。
 
「うちの子や孫は野菜も給食も食べるしミネラルも大丈夫」
と思っている親御さんに、絶対知ってほしい事実があります!他人事と思わず、自分事として気付いてほしい、知ってほしい事実。
現代食品の落とし穴、家庭での簡単なミネラル補給法などを学べます。特設ブースでは、清涼飲料水に含まれる砂糖比べなども行います。
 
お子様連れでも参加可能(小学生以下無料)です。お申込み、ご参加を心からお待ちしております。

食で変わる心とカラダのセミナー

日時:令和元年8月3日(土)14:00~16:00

場所:自然薬舗なおみや2階 レッツホールつるぎ白山市鶴来下東町カ26

お問合せ:自然薬舗なおみやTEL076-272-0031

 

お申込みは下記のQRコードからがおすすめです。

 

こちらのイベントページからもお申込み可能

食育セミナー申込みはこちらからも