胃と腹部の痛みや重苦しさ、めまい、肋間神経痛、不眠が1週間で改善された60代S様の話 | ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

石川県白山市(旧鶴来町)で創業80年を迎えた直海屋の代表・薬剤師を務める5児の父・直田弥丈のブログ。
「自分の健康や美容は自分でつくる」をモットーに、皆さんにとって役立つ健康情報を発信しています。


テーマ:

昨日に続き、お客様からの声をご紹介します。

S様の症状はこの時期に多い

「自律神経の乱れ」が原因と考えました。

 

もともとストレスを感じやすい方で逆流性食道炎のお薬も飲んでおいでました。先月上旬から胃~腹部にかけて、今までとは異なる痛みや重苦しさが出はじめました。かかりつけの病院で胃腸などの検査をしても異常なし。病院でさらにお薬が追加されましたが、一向に改善せずにうっとおしい気分で毎日眠れず辛く不安な毎日だったそうです。

 

以前に娘さんが当店の漢方薬で辛い女性病を克服したことを思い出していただき、ご相談頂いたのがちょうど1週間前。

お話をうかがうと、30代の時にうつ病で辛い思いをしたことや、様々な食品にアレルギーがあり食事に困っていること、胃腸の調子が悪く食欲も落ちており元気が出ないこともわかりました。

 

30分程問診を行い、私のご紹介した漢方薬はこちらの安静錠。そして、逆流性食道炎にも効果があり、消化を助ける牛胆汁製剤も追加。

ただしS様の場合はだいぶ気力や体力が低下していたので、どんな漢方薬やお薬も効果が出にくい状態だと判断しました。

そこで漢方薬と一緒に服用することをおすすめしたのが、「BCEx源液」という製品です。

以上の製品を毎日きちんと服用していただくこと、そして養生法として食事の話し、質の良い睡眠法の話し、考え方の話しなどをお伝えしました。それから1週間後の本日、再度ご来店いただきました。1週間前とは比べられないほど、晴れ晴れとした明るい表情で回復しているとお話しいただきました。

 

胃と腹部の痛みや重苦しさ、めまい、肋間神経痛、不眠が1週間で改善されたことは、Sさんにはとても嬉しいことだと思いますが、自律神経失調症の改善にはもうしばらく時間を要することをお伝えしました。そして食欲も出てきているので、可能な限りよく噛んでバランスよく食べて体力をつけること、考え方の習慣(完璧主義など)を改善していくこともお伝えしました。

 

自律神経のトラブルで便秘や下痢、吐き気、めまい、頭痛、だるさ、などのご相談がこの時期は多くなります。今回の症例はあくまでも参考程度にして下さい。10人いれば症状もみんな異なりますし、使用する漢方薬等も変わります。もしも中々改善せずにお困りであれば気軽にご相談下さい。(相談予約はライン@にメッセージ下さい)

自然薬舗なおみやさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ