秋にからだの不調を感じませんか?秋バテについて | ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

石川県白山市(旧鶴来町)で創業80年を迎えた直海屋の代表・薬剤師を務める5児の父・直田弥丈のブログ。
「自分の健康や美容は自分でつくる」をモットーに、皆さんにとって役立つ健康情報を発信しています。


テーマ:

こんにちは!

ダイエットカウンセラー・子宝カウンセラー

認定薬剤師の直田弥丈です。

9月に入って、「疲れがとれない」 「朝起きづらい」 「手足が冷える又はほてる」 「髪が抜ける」 「元気が出ない」などの相談が増えています。このような症状はありませんか?

この時期は、昼夜の寒暖差が大きく、急に涼しくなるので、そのような気候の変化に対応できず、体調を崩すいわゆる「秋バテ」を起こしているのかもしれません。

 

【秋バテの原因】

これらの症状は、夏にたくさんの汗をかいて起こる体液不足(潤い不足)体力の消耗(元気不足)、冷たい飲食物のとりすぎなどによる胃腸機能の低下、冷房などによる身体の冷えなどが原因です。

夏より秋に不調を感じやすい方は意外に多く、女性や高齢者、胃腸の弱い方などはひどくなりやすいので、秋に食生活や生活習慣を見直すことが大切です。

 

【秋は肺の潤いが大切】

秋と最も関係の深い内臓器官は「肺」です。上の図は陰陽五行説のイラストです。

漢方の考えで「肺」とは、鼻・喉・気管支・皮膚などを含めた広い意味での呼吸器系を指しています。

また肺は全身の「気」(生命エネルギー)の働きを調節し、呼吸や水分代謝をコントロールし、さらに大腸や免疫機能にも関わっています。

秋が深まると、ますます空気が乾燥していきます。肺は乾燥の影響を受けやすく、潤いが不足して粘膜が渇くと、気道の抵抗力が落ちて、風邪やから咳、肺炎などの呼吸器の症状、目や肌の乾燥、声のかすれ、アレルギー疾患などが増えてきます。

 

【秋の養生法~肺を潤し気を補う漢方自然薬と食材~】

秋の養生法のポイントは、肺に潤いを与え、胃腸の働きを整える「気」を補う食材や自然薬を意識して摂り入れることです。

そして、体(特に肺)や細胞一つ一つに潤いを与えることがとても大切なのです。

 

〇漢方薬では                                                

まず胃腸の働きを大事にすることを考えます                        

胃腸の働きが弱ってしまうと、しっかりとした栄養が取れない、元気、やる気などの気持ちが出なくなる。

「胃は中なり」といって身体の各機能の中心、そこで以下の生薬が有効      

 → ニンジン、ビャクジュツ、ブクリョウ、カンゾウなどの生薬が大切           

次に、血行の乱れを整えることを考えます                         

血行が乱れると身体の新陳代謝機能が上手く働かず、身体の機能を調節する様々なホルモンなどの働きも乱れてきます。

そこで以下の生薬が有効                 

→ トウキ、シャクヤク、センキュウ、ジオウなどの生薬が大切               

水分の代謝を良くすることも考えます                           

水分の代謝が悪いとむくみ、なんとなく重いだるい、スッキリしないなどの症状が出ます  

 ビャクジュツ、ブクリョウなどの生薬が大切になります                  

そして、身体機能を盛んにして気を高める手助けを考えます                      

 サンヤク、ニンニク、ハンピなどの生薬が必要になります

 

〇自然薬では

ずばり、サメミロン(活性スクアレン99.9%含有)がおすすめです。

スクアレンは細胞一つひとつを守る、「細胞膜」の重要な材料でもあります。

まさに体(細胞)の潤滑油といっても過言ではありません。

 

〇食材では

具体的にオススメなのは、レンコン(すりおろすと更に良い)、梨・ブドウ(果物は片手にのる分量ほどを朝に摂る)、ユリ根、葛、クコの実、はちみつ、落花生、クマ笹エキスのお茶など。

 

以上ご参考になれば幸いです。

秋バテ症状でお困りの方は、まずはお電話下さい。

症状や体質に応じて、漢方自然薬や養生法は異なります。

 

今日はこんなところで。

 

9/29(土)16時から

ダイエットカウンセラー直田先生の「ダイエット講座」を開催いたします。

初めて参加も、お一人様でも、友達と一緒でもOK!

受講料は無料、特典として話題の毛細血管観察も無料で行います。

講座内での販売や勧誘はございませんので、気軽にご参加下さい。

会場は自然薬舗なおみやの相談室内 5名様まで

お申込みお待ち致しております。

 

自然薬舗なおみやのホームページ
 
https://naomiya.jp/
健康づくりの一番手「クマ笹エキス」の情報はこちら
http://tateshina-sasa.com/about/
現代人向けのホノミ漢方薬の情報はこちら
http://www.zaiseido.co.jp/

「タンポポ茶ショウキT-1プラス」の情報はこちら
http://www.shawkeat-1.com/

当薬局へは、白山市、野々市市、金沢市、能美市、川北町、小松市、加賀市、津幡町、かほく市、福井県福井市・大野市・勝山市などからご相談にお越しいただいております

自然薬舗なおみやさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス