「食と命の大切さを知ろう会」での気づき | ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

ダイエット、妊活、漢方薬の相談 白山市の薬剤師・直田のブログ

石川県白山市(旧鶴来町)で創業80年を迎えた直海屋の代表・薬剤師を務める5児の父・直田弥丈のブログ。
「自分の健康や美容は自分でつくる」をモットーに、皆さんにとって役立つ健康情報を発信しています。


テーマ:

こんにちは。5児の父で育児真っ最中の子宝カウンセラー

ダイエットカウンセラー・薬剤師の直田弥丈です。

 

4/17(火)15時半~と17時~の2部に分けて、「食と命の大切さを知ろう会」を開催。

まずは冒頭、参加者で食と命の大切さを伝えてくれる映画の予告編を鑑賞しました。

「その後のはなちゃんのみそ汁 GIFT」

https://youtu.be/W7FN4FbGpJE

「いただきます~みそをつくる子ども達~」

https://youtu.be/IdCBE303v_4

予告編を見るだけでも感動して涙が出てきます。

「食がいのちをつくるのだ」というシンプルだけど力強いメッセージを感じました。

 

まずは、私たちの生命活動を支えるエネルギーがどうつくられるか?

というお話からスタート。

ご存知の通り、私たちの体は35~60兆個の細胞で出来ています。

その1つ1つの細胞の中に、「ミトコンドリア」(細胞の発電所)が数百~2千個あります。私たちが食事を摂っただけではエネルギーは作られません!

食べた炭水化物や脂質が消化・吸収され、血液に入り、細胞の中に取込まれて、ミトコンドリアに取込まれて、はじめてATP(エネルギー)になります。(ここが重要!)

このミトコンドリアでのエネルギー産生は効率が良く、酸素を使って1つの糖から38個のATP(エネルギー)が出来ます。

一方で、解糖系と呼ばれる無酸素でエネルギーシステムでは、1つの糖から2個のATP(エネルギー)しか出来ません。

ガン細胞などは解糖系でしかエネルギーを作れないため、エネルギーをたくさん得るために分裂・増殖するしか生きるすべがないのです。一方で正常細胞は、ミトコンドリア内で効率よくエネルギーを作れるため、異常に分裂する必要なく細胞が分化して組織となっていきます。

 

ちょっとエネルギーの難しい話になりましたが、前半はこのあたりまで。

次回は後半のお話や参加者の声をご紹介いたします。

 

今日はこんなところで。

自然薬舗なおみやのホームページ
 http://naomiya.jp/  
健康づくりの一番手「クマ笹エキス」の情報はこちら
http://tateshina-sasa.com/about/
現代人向けのホノミ漢方薬の情報はこちら
http://www.zaiseido.co.jp/

「タンポポ茶ショウキT-1プラス」の情報はこちら
http://www.shawkeat-1.com/

当薬局へは、白山市、野々市市、金沢市、能美市、川北町、小松市、加賀市、津幡町、かほく市、福井県福井市・大野市・勝山市などからご相談にお越しいただいております

自然薬舗なおみやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス