55 こどもの日


家族でちいさなイベントをしました足あと



もうすぐ6さいになるむすこが


とくいの「折り紙」を教える


おりがみワークショップ音譜



むすこは


おりがみ先生にチャレンジしました。




いくつかの作品の中から


参加者(おばあちゃん、おば、いとこ)の


リクエストに答えて


お守り


そして


ハートを折りました




お守りの中にはお願い事を書いて…ラブラブ



みんなでおったハート♡は、


ひとつに合わせて


四葉のクローバになりました






自分の意思で


「きかく」することや、


「じゅんび」すること。



自分が楽しく折るだけでなく、


みんなのペースを感じながら折ること。



わからないとろこを


きくこと。


わかるように


つたえること。



そんなことを学んだでしょうか?ほっこり



自分の好きなこと、とくいなことを提供して


みんなが喜んでくれる


そして


豊かさを受け取る


そんな初体験にもなりました。





おやつは、玄米パンとフルーツを



鯉のぼりふうに飾りつけして。




やねよーりたかーい♪こいの〜ぼ〜りー♪

ご機嫌さんで歌いながら、ぱくぱく〜




足をつかった遊びが、子どもたちの神経系をぐんぐん育んでくれるように、手先をたくさんつかった遊びも、わたしたちの脳、神経系を育み、想像の可能性を広げてくれますキラキラ



一体いくつおったのだろう…?というほどに、

毎日毎日おっていたヘラクレスオオカブトたちカブト





夏はもうすぐそこですね。



お読みいただき、ありがとうございましたコスモス



おがわ なおこ。










こんにちはニコニコ

足育アドバイザー
シューフィッターの

おがわなおこです。

2月11日

おうちで足育オンラインイベント


おかげさまで大盛況で終了いたしました爆笑


当日オンラインにてご参加いただきました方

後日配信で視聴されるみなさま

ありがとうございましたキラキラ

心より感謝いたします。


一部、体操の音が聞こえなくなるなど

至らない点もあり、お詫びいたします。


アンケートやご感想で

お喜びのお声をいただき、

嬉しく思っております。


絵本を読ませていただきました小川も

いつになくドキドキしましたが、



「子どもたちも絵本をじっと見ていました」

「釘付けでした!」

「すごくわかりやすくて大事なお話でした」

といったお声をいただき、とてもうれしかったです。




ちいさな赤ちゃんも♡


絵本の後に赤ちゃんが寝てしまって、ご夫婦で体操に取り組んでくださったそう!



他にも、


「子どもの足の発達や、発達を促す遊びを学べ、役にたった」

「おうちでの必要性、日常に取り入れることの意味をよく理解できました」

「自分で調べるのではなく、こういう場だからこそ頭に入ってくる内容で大変勉強になった」

「繰り返し見させていただきます」


等のお声をいただき、


「アドバイザーの飾らない感じ、アットホームな雰囲気が好きです。」

「アドバイザーの活動とお話しに感銘と刺激を受けました」


といった、アドバイザーへのあたたかいメッセージも頂きましたお願い


本当にありがとうございました。



2月28日(日)まで

オンライン配信をご覧いただけます。

お申し込みしそびれてしまった方にも、ご視聴いただけるようになりました。





フットの日★おうちで足育

2021年2月13日(土)~2月28日(日)動画配信

《午前の部》
・乳幼児の足育
・足育絵本読み聞かせ
・足育体操

《午後の部》
・足育講座
・足育絵本読み聞かせ

*視聴料
午前の部のみ ¥1000-
午後の部のみ ¥1500-
午前午後両方 ¥2000-(お得です!)
 

👣乳幼児の足育(午前の部)👣
西野美佳

親子育士で足育アドバイザー®︎でもある西野美佳が、乳幼児の成長と発達を促す親子でできる足育遊びをレクチャーします。
日々の生活の中で即実践できる内容です。



👣絵本読み聞かせ(午前の部)👣
小川奈緒子

足育絵本「あしとくんとあしみちゃん」の作者であり、足育アドバイザー®︎・FHA バチェラーシューフィッタの小川奈緒子が、親子でゆったりと「足」と「靴」に想いをむけるひとときをお届けします。


👣足育たいそう(午前の部)👣
久保田真己

理学療法士で足育アドバイザー®の久保田真己(くぼたまき)が足育体操をレクチャーします。5歳、3歳、0歳児の子育て真っ最中のママでもあります。

 -足育たいそうを体験して、足の大切さを知ろう!-
足育では、子どもたちの足を守り、育むために「足」「靴」「運動」を大切にしています。その中でもこの回は「運動」に着目して、協会オリジナルの「足育たいそうたったった」を親子で行い、おうちで足育をします。たくさん動いた後は、親子で足元から体はポカポカ、お顔はニコニコしちゃいましょう!(^^)!




👣足育講座(午後の部)👣
成田あす香

保育士で足育アドバイザーⓇ(1期生)の成田あす香が、子どもの足を元気に育てるために、今日からすぐできる子育ての工夫についてお話します。
「親子の時間をもっと楽しむ足育講座」

●6歳までの子育てで子どもの足の力が決まる
・足にトラブルのある子どもが増えている
・運動機能に問題のある子どもも増えている
・6歳までの足育が大事な3つの理由

●赤ちゃんとの親子時間
・0歳で経験してほしい3つのハイハイ
・おむつ替えを楽しい足育タイムに
・赤ちゃんの足の相談トップ!?「爪切り」
●歩きだしてからの親子時間
・幼児期に経験させたい28の動き
・日常生活に足育タイムを増やすアイディア
・散歩のすすめ
●子どもの靴の選び方・履き方
・足にぴったり合う靴とは
・足にとって良い靴とは
・足が喜ぶ靴の履き方






それでは、今日も

あなたとあなたの大切な人の一歩一歩が

心地よくありますように…足あと


心地いい靴えらび

体と心を育てる遊び

おがわなおこ。


こんにちは!

足育アドバイザー
バチェラー シューフィッターの

小川奈緒子ですニコニコ



突然ですが、

2月10日は何の日かご存知でしょうか?



に?じゅう?の日?



2月10日は、



2 → フッ

10 → ト


フッの日


そう!

足の日

なのです〜あし


そんな

足の日の翌日

2月11日(祝)


親子で1日楽しめる、

足育オンラインイベントを開催します!


いつもは奈良県で行う日本足育プロジェクト協会のイベントですが、今年はオンラインで全国からご参加頂くことができます♪



わたし自身、

「子どもが小さい時にも見たかった!!!」

そんな、盛りだくさんの内容になっています。


内容をご紹介させていただきますね。


……♡


【午前の部】

10:00 〜 ご挨拶 

10:20 〜 乳幼児の足育

講師 : 西野美佳

親子育士で足育アドバイザー®でもある西野美佳が、乳幼児の発達を促す親子でできる足育遊びや、健やかな成長の為の「抱っこ」「お座り」のコツなどをレクチャーします。日々の生活の中で即実践できる内容です。


11:00 〜 絵本の読み聞かせ

読み手: 小川奈緒子

わたくし、足育絵本「あしとくんとあしみちゃん」の作者であり、足育アドバイザー®の小川奈緒子が、 親子でゆったりと「足」と「靴」に想いをむけるひとときをお届けします。


11:20 〜 足育たいそう

レクチャー: 久保田真己

理学療法士・保育士で、足育アドバイザー®の久保田真己 (くぼたまき)が足育体操をレクチャーします。 5 歳・3 歳・0 歳の子育て真っ最中のママでもあります。


【午後の部】

13:30 〜 足育講座 

「親子の時間をもっと楽しむ足育講座」

講師: 成田あす香 保育士・みやざき足育センター代表・足育アドバイザー®(第1期生)

内容 
●6歳までの子育てで子どもの足の力が決まる
・足にトラブルのある子 どもが増えている
・運動機能に問題のある子どもも増えている 
・6歳までの足育が大事な3つの理由

●赤ちゃんとの親子時間
・0歳で経験してほしい3つのハイハイ 
・おむつ替えを楽しい足育タイムに 
・赤ちゃんの足の相談トップ!?「爪切り」 

●歩きだしてからの親子時間
・幼児期に経験させたい 28 の動き
・日常生活に足育タイムを増やすアイディア
・散歩のすすめ

●子どもの靴の選び方・履き方
・足にぴったり合う靴とは
・足にとって良い靴とは
・足が喜ぶ靴の履き方


14:40 〜 絵本の読み聞かせ (解説付き)

読み手: 小川奈緒子

午後の読み聞かせでは、保護者・保育者様向けの解説もさせていただきます。


……♡


今回はオンラインなので、足育アドバイザーの指導もしている親子育士、西野美佳さんのお話を聞いていただけるチャンス!美佳さんの子どもたちへのかかわり、見守る姿勢は本当に素晴らしく、私は講座を受けてから、子育てがとても充実したものとなりました。

そして、

11:20からの体操の時間には、「足育体操たったった」親子で楽しくからだを動かします♪
(動きやすい服でご参加くださいね)

また、理学療法士の久保田真己さん、音楽家の由梨さんを筆頭に、体操プロジェクトチームで創作している新・足育体操もお披露目させていただきます。

子どもも大人も口ずさみながらできる、体も心もワクワクと動きだす、素敵な体操になっていますよ〜♪

(CDとDVDの完成は4月頃を予定しています)


午後の講座は、アドバイザーとして第1期から足育を実践し続けている保育士、成田あす香さんによる、しっかり学べるオリジナル足育講座です。


今回は、子育て中の保護者の方はもちろん

大人の方や、保育やお仕事で子どもにかかわる方にも、気づきとなるような情報を盛り込んだ内容とさせていただきました。




【参加費】

午前の部 1,000円
午後の部 1,500円
1日通し   2,000円(お得です♪)

お申し込み頂いた方へ、後日配信もございます。
お子様が一緒で落ち着いて見られないかもしれない…という方もご安心くださいねウインク




※足育アドバイザーよりイメージをお借りしています




このイベントが、

人生という旅を豊かに歩いていくための

土台づくりのきっかけとなることを願って…クローバー


それでは、


今日も あなたと大切なひとの一歩一歩が
心地よくありますように…流れ星


おがわなおこ。

こんにちは〜ぶーぶー


足育アドバイザーの


おがわなおこです。


先日、おうちスペース


team8(チームエイト)にて、


11の足育個人講座をさせていただきました。





わが家は


持ち物を少なく、身軽にしているので


2DKの小さな住まいでも


わりと簡単に講座スペースが作れちゃいます。





いつも


「ものがすくない!」


「ここで子育てして暮らしているのですか?!」



と、びっくりされるのですが…



おもちゃや作品は、押し入れにぎっしり!



(子どものモノって、なかなかスッキリといきませんね…ほっこり



今年に入って、たくさんの方が「おうち」という暮らしの場で仕事をすることが増えていますよね。



先日は企業さん向けのフィッティングセミナーも、自宅からおこないました。



セミナー中はキリッと緊張感をもって



お話ししていますが、



ふと顔を上げると、



カゴから息子のぬいぐるみのしっぽが



ぴょこん!



飛び出しているのが見えたりして目



いつもの暮らしがここにある




画面の向こうには、



受講者さんがいる



おとめ座おとめ座おとめ座



ONOFFが混在しているような、



仕事と暮らしがひとつになっているような



新鮮な感覚です。



また、



今年は足育体操(あしいくたいそう)の第二弾を創作していて、プライベートで楽しいお付き合いのある方に、作曲を依頼しました音譜


オンライン上に、別々の場で親しくしていた人同士が一緒に映し出され、時に子ども達もうつりこんでワイワイと打ち合わせをしていると、



「しごと」「プライベート」「子育て」などなど



今までバラバラに存在していた暮らしのパーツが、どんどん集まってくるような、つながっていくような、不思議な心地よさを感じました。



フリーランスで長く活動される方にとっては



当たり前なのかもしれませんが…



「しごと」「かてい」「しゅみ」など、ジャンルに分けて関わってきた私にとって、新鮮です流れ星




とはいえ、



私が会社につとめていた時は、ライフワークバランスを意識したり、ON/OFFを切り替えてバランスを取っていましたが、



今はひとつの場で完結してしまうぶん



会社に所属される方にとっては、切り替えが難しく、工夫が必要だったり、無理してしまう方もいるのかもしれないなそんなことが頭をよぎりますうーん




この環境の変化で、運動ぶそくも気になります。



病院では今までにはないような、ちょっとした衝撃からの骨折や怪我がふえていると聞いています。



歩く時間や、遊ぶ時間がへり、どうしても全体の運動量が減ってしまいますよねかたつむり



過渡期なので、



自分にとっての心地いい暮らし



おしごとだけでなく、運動や健康なからだづくり、リフレッシュする時間、家のことなど、「暮らし」をトータルにデザインしていくのが大切なのかもしれません。




私も、夏頃からしごとの中にジムでのトレーニングの時間をいれるようになりました。



心身ともにすっきりして前向きになれるし、


姿勢もよくなり、産後うもれてしまった腹筋がちょっぴりお目見えしてきましたキラキラ


「筋膜リリース」や「筋トレ」「軽い有酸素運動」そして「ストレッチ」などを、気持ちよく続けられる時間と量でとりいれています。


(無理はしないで楽しいぶんだけ♡)


かっこいいアンちゃんのイメージにはげまされながら


気づいたら、


産後ときどきあった小さな不調も


なくなっていましたキラキラ


(尿漏れや、ガンコだった肩こりも!)


身体をしなやかに鍛え、育むことの可能性を


改めて、体感しています。




働き方、暮らし方、


多様化して選択肢が増えるのは、


新しい可能性をひらくことでもあるのですね流れ星


トライアル&エラーを楽しみながら


ぼちぼちいきたいと思っています。




今日は受講者さんや友人との話題から感じていたこと、変化について、つらつらと綴ってみました。



お読みいただき、ありがとうございました




今日もあなたと大切な人の一歩一歩が


心地よくありますように…クローバー


おがわなおこ。











こんにちはニコニコ

先日、富士五湖の一つ

本栖湖(もとすこ)に

秋のキャンプに行ってきました。

生まれてはじめてのテント泊!


5さいのむすこも、設営にチャレンジ!

しゃがんで立って踏ん張って

おしごとしながら足育してるね〜爆笑


…と思ったら、




ここまできても、おりがみに集中


近頃は、ヒマさえあれば


「おりたい!もっと作りたい〜!」


自然な欲求から


手先と脳をつなぐ神経系をぐんぐん育んでいるのだろうなぁ…なんて、足育アドバイザーらしく観察しています。



やっとこ、初めてのタープ張りが終わると、

日がだいぶ落ちてしまいました。



初タープ、低い・・・笑

(初テントは、ビギナーのファミリーキャンパーにとって、品質がよくコスパ最強!とうわさの、スノーピークのヴォールトにしましたよ♡)




夕暮れどきの、本栖湖をおさんぽ。


なんともいえず澄んだ秋の湖は


東京から訪れた私たちにとっては


ただただ、静かで


別世界。









ジョギングがてら、おいかけっこして


BBQでお腹を満たしたら、


お待ちかねの、焚き火ターイム!



パチパチ


ばちっばちっ


シューシュー


音を立てる薪や、


近隣のテントから次々立ち上がる煙


ゆらゆらゆれる炎の温もり


そして


チーズに赤ワイン…


もう、さいこうの気分でした。



しばらくして、


焚き火に飽き飽きしだした息子と


テントで昆虫を折って遊んだり


寝袋にくるまりながら


おちゃらけてケラケラ笑ったり…



「秋の夜長」


言葉では知っていたはずのことを


からだでゆったりと感じながら


ながいながい夜を過ごしました。



ふと見上げると、


ちらちら輝く星


針葉樹のすきまから見える星々が


天然のクリスマスツリーのようにも見えます。


東京では、


木星や土星、火星などの惑星を見つけては


はしゃいでいる親子ですが、


「どの星がどれだか!もうわからないくらいたくさんあるねー」


なんて話しながら


ランタンをぶらさげて散歩をしました。




キャンプは、


外遊びをこえて


もはや外暮らし。


豊かな自然のアスレチックがそこかしこに












歩いて走って遊んでしごとして

自然に足と体をいっぱいに使っていました。




私も、子どもにまけず、


ワクワクドキドキしっぱなし。


密かにやってみたかった


夢の…


キャンプでジブリ飯


そして

キャンプでコーヒードリップ



澄みきった朝日の中で、


焚き火にあたりながら、


くるくるとお湯を注ぐひと時は


今までのコーヒー体験の中で


一番の安らぎを感じる瞬間でした。


焚き火台は、初心者にも間違いなし!の、ユニフレームのファイアーグリルにしましたよ♡


この日はこの秋一番の冷え込みだったようで!!


気温はマイナス3度!


想像以上の寒さに夜は文字どおり震えましたが


この体験も次に生かして、


もっともっとキャンプがしたくなりましたおねがい


それでは、また〜爆笑

お読みいただき、ありがとうございました♡

おがわなおこ。


こんにちはニコニコ

久しぶりの更新となりました。

足育アドバイザー・シューフィッターの

おがわ なおこ です。



今日は私の履いている靴のおはなしです。



6月に雨用のブーツを新調しました。


今年の、ながいながい梅雨に活躍してくれたブーツ。



今回選んだのは


PALLADIUM(パラディウム)という

フランスのメーカーが作っている防水ブーツでした。




元々は、1920年に航空機専用のタイヤメーカーとして創業されたPALLADIUM。


キャンバス地のミリタリーブーツをつくったことがきっかけとなり、ブランドのアイコンであるキャンバスブーツが生まれました。


Pinterestより、イメージをお借りしています。


今回は、こちらの防水タイプを選びました。



足をいれた瞬間


わ♡!


中敷のクッションの感覚

見た目と違う、軽やかさに驚きました。


そして、


紐でしめあげる、レースアップなので

足の甲もフィットして、長い時間歩いても楽ちん。


アッパーの素材もしなやかなナイロン地です。


紐靴なので履く時はすこし手間ですが、

手間をかけて履く靴ほど、心身に優しいもの♡



ゴム製のレインブーツは

着脱も楽ですし

どれだけ雨に濡れても安心で、

水たまりにもジャブジャブ入れる!

そんな爽快さが魅力。


一方


素材感、

長い間歩くと

足が前に後ろにすべって(泳いで)

足の裏がいたくなる…

むれて足がびしょびしょ…

そんなこんなで

あまり心地よくないので、

なかなかコレ!というお気に入りに出会えませんでした。



でも、今回のブーツは

望みが全部叶っちゃいました。

ジムにトレーニング用のシューズを忘れて、このまま筋トレしちゃったこともあるくらい!てへぺろ



すこしゴツめのソールですが、

スカートやワンピースにも

コンバースのオールスターを合わせるような感覚で

以外と幅広く合わせられました。

夏はこんな感じで…少し長めのワンピースが今の気分


最近はいくつかのメーカーさんで防水ブーツやシューズを出しているので、アウトドア用品店などで、ぴったりの一足を探してみるのもおすすめです♡



そして、

レインシューズを履いた日は

足が緊張して疲れていることも多いですよね。


おうちに帰ったら

足のゆびを

ひらいたり そらせたり

くるくるまわしたり

ムニムニ〜ともんで

ストレッチやマッサージをしてあげるのも、おすすめですよ〜ウインク(お子さまにはとくに♡)



ではでは…

みなさま足元には起きおつけて

心地のいい日々をお過ごしくださいクローバー





さいごに…


プライベートの足育講座・パーソナルシューフィッティング(靴選びサポート)のサービスを始めました。


ご興味のある方は、こちらからお問い合わせくださいませ。詳細をご連絡させていただきます。

(gmailのアドレスにて、ご返信させていただきます)


小川奈緒子
こんにちは〜流れ星


足育アドバイザーの


おがわ なおこ です。



ところどころで


紫陽花が咲いて


ワクワクとカメラを向ける


今日このごろ。




一眼レフの


ホワイトバランスという


機能を使うようになったら


紫陽花のもつ 独特の青みが


写せるようになって、


しっくりと、うれしいです。 





さて、今日は。


時々ご相談のある


「靴の履き方」のお悩みについて。



子どもが自分で


(体にとって)正しい靴の履き方を


してくれない。



私たち足育アドバイザーが


ご提案することころの


「かかとトントン


 ベルトぎゅー」


をしなくて、


「つい怒ってしまいそうに…」


というお話を時々うががいます。



靴は、


装いをステキにする


アイテムであると同時に


「足と体を守る道具」


一人一人が生まれ持った


それぞれ個性や特徴、


時に障害のある大切な足を


しっかりサポートして


歩行を助け


体を守るのがお役目ですよね



「かかとぴったり、ベルトぴったり」


で靴を履いて


足をサポートします。



ゆるゆるな履き方を


長時間・長期間続けてしまうと


足をまもるはずの道具が


足をつかれさせたり


時に傷つけるモノになってしまうのは


残念ですうーん



とはいえ…



我が家でもファーストシューズの頃から


「かかとトントン

 ベルトでぎゅー」


と履くことを


続けましたが、


0歳から保育園に通う息子くん。


園ではその履き方はしていないので


なかなか習慣になりませんでした。



こんな時、大切なのは


どんなことにも言えることですが


シンプルに、


まず大人が背中を見せること。


コツコツ


日々の靴を丁寧に履いていくこと。


だと実感していますほっこり



せわしなくなりがちな出かけに


ふぅ〜。ひと呼吸。


静かな気持ちで


靴に足を入れて


かかとを床につき


ぴたっとそうように合わせる。


その感覚を味わったら


ベルトや紐で足に合わせて


ギュッギュと締め上げる。


まさに、身も心も


足も引き締まる瞬間。


(大人の足は少し引き締めるくらいがベスト)



今日もステキな場所に、


連れて行ってくれるくつ


そんなふうに思い描くと


そんな靴になりますコスモス



イタリアのことわざでも、


「ステキな靴は


ステキな場所に連れて行ってくれる」


と言われますよね。



ステキな靴であることもそうですが


それよりも、


ステキに靴を履くことで


もっともっと


心地いい1日をつくり


ステキな場所に導いてくれると思います流れ星



ある日


5歳になった息子が


「そうだ!わすれちゃうなら


絵を描いて、玄関に貼っておけば


忘れないんじゃない?」


と目をキラキラ。


ドヤ顔で提案してくれました


私がりんかくを描いて


彼が色を塗って


ペタペタ。



その日から、


忘れがちだった


「トントン」をしっかりできるようになりました。



初めは大人に教えられていても


最終的には「自分で決める」


やっぱりそれが大切なんだキラキラと、


実感する出来事でした。



(大人の私だって同じだもの)



そうそう!


まず、靴を脱ぐ時に


紐を外すことをクセにすると


次にどうしても履きなおすことになるので


オススメです♡



ぬいだ子どもの靴を見ると


いつもベルトが外れて、


仲良く並んでいます。



これは大人の私の方が忘れがち…


息子に注意されちゃいまして


「ひもをはずそう」と書くことになったのですほっこり





……♡



それでは、少し長くなりまたが


お読みいただき、ありがとうございました。



あなたとあなたの大切な人の


一歩一歩が


心地よくありますように…クローバー









こんにちは〜カエル

足育アドバイザーの

おがわ なおこ です



我が家でも少しずつ

日常がはじまりました。



今日は少し趣味のお話を…♡


先月から2回、オンラインで


一眼レフの


フォトレッスンを受けました。



写真好きの、父の影響で


初めて一眼レフで写真を取り始めたのは


かれこれ十数年まえですが



使い方は、ざっくり適当


感覚だけで楽しんでいました。



光と影


アングル


一瞬の出会い



一瞬の表情、今この瞬間に


気持ちを向けられるのも


カメラの醍醐味かもしれません。



どこにフォーカスを当てるかで


見ている世界がガラリと変わる。




一眼レフで撮ると


そんな面白さもあります。



今回、使い方の基礎を学んでみたら


楽しさがさらに膨らみました。




6月は、紫陽花の季節。


散歩にでかけると


ひらきはじめた紫陽花に出会います。



上のほうには 天使の羽のようにみえる 
ひらきかけの花びら



ひっそりと 静かに 



ヒカリを いっぱいに浴びて


誰にみられるかなんて 気にもとめず


大輪を咲かせようなんて 思いつきもせず



生き生きと


ただただ


紫陽花を咲いている


そんな姿に 心が洗われます。




小さな子どもたちと同じように


無垢な姿を


思い出させてくれる存在です。



清らかで 初々しい


ひらきはじめの紫陽花をうつしていたら


「あじさい乙女。」


そんなフレーズが浮かび、


今回の作品名としてみました。ふふほっこり




雨露に濡れる姿も うつしてみたい。


その頃には、どんな姿を見せてくれるかな?


楽しみです。



ではでは、

今日も

あなたと大切な人の今が

心地よくありますように…♡


Naoko.








こんにちは〜黄色い花


足育アドバイザーの


おがわ なおこ です。


今週の東京は


曇り空がおも〜く、


雨もぱらつき 肌寒いお天気です。


普段はねずみ色の空も


心地よく感じることが多いのですが


なんだか今週の厚い雲は


体もずっしり重く感じます。



そんな中でも、思い出すと


心の奥が「きゅん」とときめく


植物あそびのことを、シェアします♡



木と森を愛する友人に教えてもらった絵本。
植物あそび ながたはるみ さく
(副音館の科学シリーズ)


「種をまく」や「栽培」からはじまり


野菜のスタンプづくり


おし花や ネックレスづくり


植物をつかった、人形づくり


タンポポコーヒーのつくりかた


花の料理 花のてんぷら


などなど…


植物をつかった遊びが 


優しく、どこか懐かしいタッチの絵と共に


紹介されています。



野花や植物の好きな わたしにとっては


眺めているだけで


幸せな気分になれる絵本ですクローバー



ちょうど少し前、家のまわりでは


いたるところでシロツメクサが


気持ちよさそうに 初夏の風にゆられていて…


いつか作ろうと思いつつも


すっかり忘れていた


シロツメクサの冠もつくってみました。


初めてで ひょろひょろ〜。
だけど「きゅん」とします流れ星



遠出ができなくて、時間のたっぷりある今


ゆったりと


野花の冠を作っている


子どもやお母さん、おばあちゃんにも


よくお会いします。



そんな風景を目にすると


なんだか 心に風がとおるような


さわやかな気持ちになりますコスモス




「シロツメクサ あつめてあげるよ!」


と、やる気まんまんの子ども。




なんて事のない今が 


ここにあり


宝物に思える。


そんなことに感謝しつつ。


ストレッチ!?



今日はこの重い体を


ありのまま 


うけとめてみようほっこり



そう思っただけで


カラダもココロもふわっと軽くなりました黄色い花



ではでは、今日も


あなたとあなたの大切なひとの今が


心地よくありますように。


小川奈緒子。








足育アドバイザー、

シューフィッターの

おがわ なおこ です。


今日は、

生まれて初めて 歩きはじめた

1歳頃からの 足育のお話ですコスモス



一歩 二歩 …

おっとっと。


いっぽ にほ さんぽ … 

どすん!



おぼつかない足どりで


こてん こてん と転びながら


歩きはじめる瞬間。



お父さん お母さんにとっても、


心揺さぶられ


ワクワクする瞬間ですよね星



「つかまり立ち」ができるようになり


「つたい歩き」を始める頃には


ファーストシューズのことが


頭に浮かぶと思います。



ファーストシューズ。


欧米では


ファースト・ステップ・シューズ

「 初めの 一歩の 靴 」


と呼ばれます。


固い道を歩くための


足を守り、歩行を助けるアイテム。


しっかりとした「靴」である必要があります。



いっぽう、


靴の底や かかと周りが 


柔らかい素材でできた


赤ちゃん用の靴は、


「ベビーシューズ」と呼ばれ


こちらは


室内で靴に慣れるための


「靴下」に近いアイテム。



ファーストシューズの
詳しいお話はこちら▶︎🍀



足に合った靴を用意したら


靴を履くときにはいつも、


「かかとトントン♪」

「ベルトでぎゅー♪」


を、合言葉に


靴を履かせてあげると


心地いいリズムで、自然と、


正しく靴を履く習慣ができます



かかと トントン



ベルトで ぎゅー!




(毎日できる足育。1番といってもいいくらい、大切なポイントです黄色い花



靴がはけたら、いざ!お外へ。


歩きはじめは


お家の周りや、ちいさな公園を歩くだけでも


楽しい冒険になりますよね。


お家の中にはない


草花や石ころ、虫たち…



「何だろう?」


「あ!動いた!」



そんな発見をしながら、


興味をふくらませながら、


しゃがんで たって

歩いて ころんで


自然と 理想的な運動になっています。




今日は


お散歩のとき、さらに


育ちの幅が 大きく広がるポイント!


ご紹介します。




これによって、


子どもの身体能力はもちろん


好奇心や 意欲、自分を信じる力など


体と心の育ちの機会が


グンと広がります。


それは、


安全な場所では、なるべく子どもの


手を繋がないこと。



そして「こてん」と、転んだときにも


できるだけ


一人で立ち上がるのを

応援して見守ること。



手を繋がないことで、


子どもが自分の意思で


自由に歩くことができるようになります。


つまり、


主導権が子どもに渡ります。


そして、


転んだところから「よいしょ」と立ち上がる


その動きは、育ちにとって


とっても貴重な


運動の機会になります。


(転んだ子を抱き上げたくなるのは親心ですし、心の安心のためには、ぎゅっと抱きしめてあげることも大切ですが…♡)


大丈夫そうなら、待ってあげる。


「手をついて、上手に転べたね!」


子を信頼して、応援しながら見守ってみる。


そんなことが育ちの可能性を広げます。


(体の柔らかい小さな頃に 転ぶ練習をしておくと、大きくなってからの怪我もグンと減ります。)


手をつなぎたい時には、


大人の人差し指に


捕まってもらうのも◎OK


これだと、手をつないでいても


子どもに主導権がわたります。

転んだ時も、自分で手をつけますパーパー



小さい頃から 大人に信頼され


「自分で決める」という


体験をつみかさねていくと


自分自身や周りを 信頼する心も


ぐんぐん育っていくように感じています。




靴えらびの関連記事ですくつ




【親子で楽しむ、足育絵本】



それでは、今日も


あなたと 大切な人の 一歩一歩が 


心地よくありますように…流れ星


小川奈緒子