ベースは出来た | おいら男子汉大丈夫

おいら男子汉大丈夫

泰州で中国を知り、上海で人脈創り、杭州、桐乡と続けて挫折、上海に戻りついに小老板に・・・やっぱり見えない未来に向かって爆走中!  


テーマ:

明日の予定だったT社への訪問が1日早くなり今日行ってきた。

おいらの構想はT社の工場内で型枠セット業務を行っている社と業務提携し、S社においらのところの代わりに型枠製造を受注してもらうというもの。

というわけで今回面談したのはT社の型枠発注責任者、社の社長と実務責任者、T社の元工場長のお助けマン、おいらの5人。

おいらから簡単なプレゼンを行い構想を説明、それについての質疑応答をした結果あっさりOKが出た。

S社の社長は基本的に業務拡大に前向き、T社の型枠発注責任者としては国内メーカーが満杯の時の保険が欲しいとのことで、当事者の利害関係が一致したわけだ。

ただし、工場長の手前いきなり一定量の発注は約束できない、国内メーカーが間に合わない時に発注し、徐々に発注量を増やしていくことで納得して欲しいとのことだった。

おいらとしても仕事が無くて困っている状況ではないため快諾した。

三社とも切迫した状況ではないため余裕が有るのが良かったのかもしれない。

それと以前にブログにも書いたがS社の社長とT社の型枠発注責任者とは以前に麻雀やゴルフで遊んだ仲なので、非常に気心が知れていることも大きかったと思う。

もちろん責任をもって仕事をすることが前提だが、やはり人には感情が有るので気が合った方が上手くいくのは当然だろう。

打ち合わせが終わり雑談中に別の収穫もあった。

最近T社はこの前おいらが挨拶に行ったK社の仕事を時々手伝っているという、その場合はK社から型枠が支給されているらしい。

おいらが挨拶に行ったときにK社としてはサービスの問題さえ解決できれば中国製の型枠使用は問題ないとの返事だった。

K社からT社に外注する工事に関しては型枠がT社に納品されるので、T社と同じように社がサービスを行うことが出来るので型枠生産を受注できる事になるわけだ。

中国に戻る前にもう一度S社の出向き、いつ仕事の以来が有ってもいいように具体的な業務の取り決めをすることになった。

 

青浦区内大気汚染指数57(良)、PM2.5=41㎍/㎥

 

6.7558RMB=1$=109.789円

 

こっちも8年ぶりかな   ぽちぽちっとお願いします

            ↓                     ↓

                   にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ             

男子漢さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス