月の裏側へ | おいら男子汉大丈夫

おいら男子汉大丈夫

泰州で中国を知り、上海で人脈創り、杭州、桐乡と続けて挫折、上海に戻りついに小老板に・・・やっぱり見えない未来に向かって爆走中!  


テーマ:

日本でも報道されているようだが無人の探査機が月の裏側に無事着陸した。

裏側に着陸するのは世界で初めてだという。

ニュースでも連日報道されおり、裏側は表側に比べてデコボコが激しいという、開発者の一人が初めて月面に降り立ったアームストロング船長のようなことを言っていた、もちろん人類ではなくてこの国にとってと言っていたが。

アームストロング船長と言えばアポロ11号で始めて月に行ったアメリカ人だ。

1970年の大阪万博の時、アメリカ館で月の石を展示してあったのを思いだした。

おいらは当時小学校の5年生で、生まれて初めて新幹線に乗って万博に行ったのを覚えている。

無人とはいえ月まで探査機を飛ばし無事に着陸させる技術を持つこの国を、技術の進歩が著しいと見るか、しょせんはアメリカの四十数年遅れとみるか。

この国に住む身としては少なくても国家が力を入れている分野に関しては、恐らく今後どんどん日本を凌駕していくと思わざるを得ない。

半面もう少しまともなものが作れないのかよって事も多々目にする。

以前にも書いたがピンキリとはまさしくこの国のために有るような言葉だわ。

 

青浦区内大気汚染指数86(良)、PM2.5=64㎍/㎥

 

6.8740RMB=1$=108.003円

 

決して侮るなかれ     ぽちぽちっとお願いします

            ↓                     ↓

                   にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ             

男子漢さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス