古民家の結婚式 | 南砺市長 田中幹夫(Mikio Tanaka) ちょっと一息!

南砺市長 田中幹夫(Mikio Tanaka) ちょっと一息!

      日々の想い、活動を書き込みます。

築100年を超える古民家を買って東京から移住してくれた地域おこし協力隊の松井香楠子さんと地元の好青年石田義政さんの結婚式に出席しました。
なんと!今住んでいる古民家での披露宴でした。
契りの式はもちろん高瀬神社です。

披露宴は。
手づくり感いっぱいの暖かい雰囲気の宴。
本人、家族、友人。多くの方々に参加頂くことの尊さも感じました。
さすがです。

南砺の家は襖を外せばお寺だったり、結婚式会場だったり、法要だったり。
もともとはそんなつくりなんですね。

仏間。僧侶の控えの間。座敷など。
それにしても若い二人にもともとの家の使い方を教えて頂きました。
これこそ家族のコミュニティ。地域のコミュニティを醸成して大変準備も大切ですが一流の田舎につながる家としての事業なんです。
もちろん結婚式も葬式も法事も。
私の家も同じようなつくりです。
若い二人が、このような披露宴をしてくれたことに感動です。
ホテル婚とか、レストラン婚とか、専門式場婚とか、もう古い。
今回そう思いました。
こんな披露宴できる二人は必ず幸せになりますね。

石田社長さん奥様はじめ多くの皆さんの暖かい心とともにステキなお二人をお祝いさせていただき、私も幸せになりました。

末長くお幸せに!