ソフトウエアロボットで効率的サービスを | 南砺市長 田中幹夫(Mikio Tanaka) ちょっと一息!

南砺市長 田中幹夫(Mikio Tanaka) ちょっと一息!

      日々の想い、活動を書き込みます。


テーマ:
南砺市で昨年度より取り組んでいるRPA(Robotic Process Automation)。

労働人口の減少や、働き方改革の対策手段として利用するRPA(Robotic Process Automation)。人間の仕事をソフトウェアロボットに代行させて業務を自動化するもの。

今年度から税金収納消し込み業務と保育料納付書作成業務にRPAを導入。

特に数字データーをいくつかのフォームに並べて計算などする処理には最適だと思う。
今日会計課で確認してきた。

毎日税務課からの数字データーを仕分けして人力で入力を約40分間から50分程かかっていた。(一年中毎日。)
その作業が1分程の作業でその場を離れてほかの仕事が出来る。

また、打ち間違いは無くなる。

これからさらに効率のいい作業をRPA化していきたい。

田中幹夫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ