南砺市でインクルーシブデザイン研究発表 | 南砺市長 田中幹夫(Mikio Tanaka) ちょっと一息!

南砺市長 田中幹夫(Mikio Tanaka) ちょっと一息!

      日々の想い、活動を書き込みます。


テーマ:
連休明け。
更に気合を入れて。ギアをトップに入れて。
議会全員協議会から。
行政センターの在り方の議論も議会と始まりました。
統合庁舎や公共施設再編。小規模多機能自治など広く影響しあう課題です。
市民の皆さまへの不便のないようにしっかり整理して人的コスト意識も含めて提案していきます。

午後は総合戦略本部会議。
社人研の予想の変更や平成29年度成果検証。
平成30年度の取り組み計画など細かくチェックしていきます。
成果を出します。

そして富山福祉短大の鷹西ゼミの皆さんが取り組んで頂いた「官学連携によるインクルーシブデザインの研究〜南砺市の観光コンテンツを中心に〜」の成果発表会に。

学生さんと市役所職員とリードユーザーと五箇山の地域の皆さんが連携して取り組んで頂きました。

この度大学コンソーシアム富山のチームワーク賞を獲得されました。

五箇山の状況を視覚障害、聴覚障害、肢体障害、手話通訳、介助人、学生さん、ガイドさんなどがワークショップや現地フィールドワークで問題課題の抽出と障害者に優しいマップの作成やQRコードとスマフォなどによる情報取得など具体的に取り組んで頂きました。

我々行政もこの後を受けて全ての方々が幸せに暮らせるまちづくりに邁進していきます。






田中幹夫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス