10月勉強会開催報告

テーマ:

臭気判定士 村井です。

 

10月勉強会を、ご報告いたします。

通算41回目となりました。

まさに、継続は力なり、を、実感しています。

 

■業務研修会

今回のテーマは、「強み」と「弱み」です。

 

 

自分自身について書き出した後、

1対1になって、発表しあいます。

 

すると、じつは、

「強み」と「弱み」は、オモテとウラであることがわかりました。

長所と短所と同様に、相互に関係があります。

 

「自分自身」をテーマにした後は、

「弊社」について、書き出して発表しました。

 

社内資格・臭気処理士は、

今回で、36人目となりました。

 

8月にご講演いただいた、村岡康司様の息子様である、

村岡怜さん。

 

■勉強会「心学塾」

人として大切なことを歴史に学ぶ、というテーマで、

今回は、「論語」を題材にしました。

 

「論語」は、孔子が中国で約2000年前に書かれたものですが、

日本では、江戸時代まで、寺子屋で教えられていたとのことです。

 

国を治めるための学問として、

考えられたものなので、

「論語」が絶対正しいわけではありません。

 

今回は、論語の言葉を読んで、

自分自身が感じること、考えることを、

各自書き出して、ディスカッションすることにしました。

 

実際に、論語の言葉にも、

賛成・賛同できる部分と、

そうでない部分が見つかりました。

 

この勉強会では、教科書である

「論語」が「絶対正しい」という前提条件をなくして、

物事には、賛否、正誤、表と裏、があることを理解する

⇒そして、自分で考え、自分で判断する

言われた通りにしない「力をつける」

まさに、このことが、この勉強会の狙いだと、

改めて、気づかせていただきました。