なぜ、「未来塾」なのか?

 

 

「Lifesift」 100年時代の人生戦略なる本が流行っているようです。

 

第2次世界大戦後、戦後復興によって、右肩上がり経済が続き、

なにも考えなくても、エレベーターに乗っていさえすれば、自動的に持ち上げてくれる、

そんな世の中だったのではないでしょか?

20世紀後半から21世紀、現在に至るまで、この幻想と闘ってきたように思います。

 

現代の私たちに投げかけられた問いは、

「100年の人生に、どう生きますか?耐えられますか?」

 

まじめに「どう生きるのか」「どう生きたいのか」

「何のために生きるのか?」を考える時代になったと言えると思います。

 

スマホに「これからどう生きたらいいですか?」と尋ねても、

答えは出てきません。

 

どうしてでしょうか?

 

「どこへ行きたいのか?」

「どうなりたいのか?」

を、決めないと答えが出ないからです。

それを決めるのは自分自身です。

 

ということで、大真面目に、考える機会を持とうというのが、

「未来塾」の目的です。

 

しかしながら、教養を高めましょう。

といった、のんびりしたことではありません。

もっと、切羽詰まった問題ととらえています。

 

どういう時代を生きていて、

これからどういう時代に生きることになるのか?

 

日々流されるからこそ、

真剣に考える機会にしたいと考えます。

 

そして、究極のテーマとは?

人生最後の場で、このような問いが与えられると言われています。

 

「あなたは、生まれ変われるとしたら、今回生きた人生と全く同じ人生を生きたいですか?」

考えさせられますね。