★6月勉強会のご案内

「心学塾~人として大切なことを歴史に学ぶ~<テーマ:儲ける>」

 

■日時:6月16日(金) 18:30~20:30
 

■会場:新宿区・曙橋・会議室

 ※お申し込み後、会場地図をお送りいたします。

 

■参加費 500円(ワンコイン)
※参加費は、全額、講師著書の学校への寄贈に充当させていただきます。

■講師:山岡 正義(やまおか まさよし)氏 

(元 東京商工会議所 経営指導員・現 パートナーコンサルタンツ代表・

「魂の商人石田梅岩が語ったこと(サンマーク出版)」著者)

 


■スケジュール

18:30~20:30  

①講義          18:30~19:30(60分)

②グループ討議  19:30~20:15(45分)

③まとめ        20:15~20:30(15分)

一方的に講義を聴くだけでなく、グループ討議を通して、

答えのない問いについて、一緒に考えていきます。

 

<前回・4月心学塾より>

 

「外車に乗ってる人を見かけたら、悪いことをしている人だと思え」
「お金持ちは、貧しい人たちを働かせて、お金を搾取している人たちだ」

日本人は、お金を稼ぐことに対し、罪悪感を抱いたり、
さげすむ風潮が、多くの人の心の中にあることも事実です。
はたして、利益を追求するという行為は悪なのでしょうか?

今から300年も昔、江戸時代の商人・石田梅岩が、著書「都鄙問答(とひもんどう)」
を通して、「商人の利益とは、武士が主からもらう禄に等しいものなのだから、
商売は決して卑しいものではなく、商売によって利益を求めることは正しい行いである。」
と主張しました。
商売をすることで物を世の中に流し、世の中に貢献していると説いたのです。 

「儲ける」「利益を得る」ことについては、
きれいに稼ごうが、汚く稼ごうが、お金は人を選びません。

永遠のテーマ「儲ける」ことについて、
深く考える機会としたいと思います。

AD