ふと思ふ

テーマ:
すごく尊敬しているひとがいる。
もう話さなくなって久しいけれど、そのひとの考えていること、いまの生きかたを風の便りで知る。
なんともいえない気分になる。
なんだか胸が苦しくなる。
そのひとは(誰もがそうであるように)決して完璧ではなくて、(誰もがそうであるように)自分でもそれを自覚している。
そして、その上で、自分のありかたとか、やるべきこと、やりたいことを、見つめて、実現しようとしている。
それが苦しみをともなうことだとしても、いや、それは実際、苦しみをともなうことが多いのだけれども、逃げない。
あ、逃げたこともあるかも。
でも、逃げていた逃げている逃げそうになっている自分も見つめて、それでもそれに打ち勝って進もうとしている。
弱いけれど、弱さと闘うことのできる強いひとだ。
今、海外にいる。
2001年の春からこの春まで、履歴書の文面だけは私と同じだ。
でも、その同じ履歴の裏にある5年間は、全く違う。
2001年、私はあの大学で何をしていたんだろう。
2002年からいままで、この大学に入って何をしてきただろう。
自分の経験が、何も価値を持たないというわけではない。
でも、そのひとの進むさまを風の便りで知るたびに、はっとする。
自分のありかた、すべきこと、したいと思っていることと向き合わされる。
なまくらな自分がくやしくて、はずかしくて、それで胸が苦しくなる。
環境が変われば、自分も変われる。
私はいつもそうやって逃げる。
なにも今考えなくとも、社会に出れば、働き出せば、すべてが解決するとか、そんな甘っちょろいことを考えていてはなにも進歩しない。
まためっきがはがれてしまった。
AD

抽象的

テーマ:

職探し選考に、時折性格テストがある。適性検査とか呼ばれることもある。


その中に「抽象思考が得意」だとか「抽象的に考えることが苦にならない」だとかって項目があるんだけど、あれっていつも意味が分からない。

抽象思考ってなんだい?


最近講義を受けていてふと思ったこと。

私は、講義で述べられることを、(それがどんなことであれ)

自分の身の回りのことに置き換えたり重ねたりして実感しながら聞いている

のではないかということ。


それってつまり抽象性よりは具体性に重点をおいて生活しているということ?

そんな捉え方でいいのか?!わからん。


・・・一体、「抽象思考が得意だ」というのは、例えばどういうことを思考することが得意なことを指すの?



考えること自体は苦にならない、

だからそれが抽象的だろうが具体的だろうが苦にならないはずだ、と自分では思っているのだけれど、本当のところはどうなんだろう。。。

AD

ひと月

テーマ:

ご無沙汰しております。

 

こないだ記事を書いてからひと月以上の留守をしてしまいました。

その間に何をやっていたんだろうと、手帳を見てみますと。

 

まず、学校の春学期が始まった。

←3年ぶりにロシア語を勉強しています。楽しい。

 

次に、職探しは相変わらず。

←一進一退。まさに3歩進んで2歩下がる毎日。

 

最後に、・・・んあー?

←このひと月ずっとこんなかんじ。進捗なし。

 

 

あ、でもでもでもこのひと月の間に、

大分に1回、大阪に2回、茨城に1回、富山に1回☆

行きましたー。

 

それは職探しであったり、大型連休であったり様々ですが。

未知の土地に行くって素敵。

大阪と富山は未知じゃないけど久しぶり。

特に富山は、人間になってから(自分を人間だと認識してから)初めての訪問。

飛行機乗ったり新幹線乗ったり特急乗ったり在来線乗ったり。

目的はどうあれ旅はいい!移動(?)大好き。

 

あああ旅したい!!!

 

こんなひと月でした。

ざっくりまとめました。

AD

テーマ:

日に日に日が春ですね。。。

春だけれど、私はこれまでと別段変わらない毎日。

寝て、起きて、職探しもしくは春休みして、寝る。

卒業していった同期の友人達は社会人として新たな生活が始まってるんだろうなあ...と想像してみる。

不思議な感じ。

卒業式に一緒に顔を出したときには、全然気にもしなかった。

これまで通り友達どうしだし、居場所が変わっても、何も変わることは無いって、それだけを考えていた。

でも、3月25日にみんなを見送ってから、情けないことに一週間ふさぎの虫に取り付かれてしまった。

だって、変わっていく部分は絶対あるのだもの。

当たり前。飛び込んだ世界によって、ひとりひとり違う経験を積んでいくのだし。

それを悪いことだと思っているわけではない。

悪いことじゃない。まったく、悪いことじゃない。

でも、置いていかれたような気がしてしまった。

みんなが新しい世界へ活き活きと飛び出す中、去年と同じ自分って何なんだろうと思った。

さびしい。時間が止まればいいと思った。

そのとき自分と向き合って、自分の来た道、行く先をもう一度見つめなおせばよかったのに、それはチャンスだったかもしれないのに、ただがっくりしてしまった。

情けない。

傷心の特効薬は、時間。

1週間ちょっとで回復したってことは、まだまだどうということない部類かな。

エイプリルフールもうまくやり過ごしたことなので、自分と丁寧に向き合っていこうと思う。

-----------------

最近行った舞台のお話は下に。3月30日のところです。

マナー

テーマ:
赤坂で昼に食事をしました。

そこのお店は、ものすごく値が張るわけではないけれど、席に着くときにきちんと椅子を引いてくれる、少し姿勢の正される感じのお店でした。
8人ほどで行ったので、特に緊張したわけではないけれど。。。

(いつもつつましく牛丼やらなんやらにお世話になっている身としては、椅子を引かれてどうぞって言われるだけでも相当しゃんとなるのです。)

照明少し暗め。
水が入っているのはコップでなくて足の長いグラス。
忙しそうに立ち働くウェイターさん蝶ネクタイ。
厨房に見えるコックさん(そう呼んでいいものやら?)はコック帽(当たり前?)

でも、でも。
女性がより美しく見えるように計算しつくされていそうな明かりにはっきり照らし出されたのは、自分の食事マナーの不器用さでありましたとさ。

もちろん、今はまだ、若い。
経験値も少ない。

でも、例えばフォークの使い方くらいは、家で少し気を使えば綺麗にすることが出来ると思う。
ちょっと丁寧に上げ下ろしするだけだもんな。

「ひじをつくな」って、小さい頃からさんざん親に言われてきたけれど、今日、親と一緒でない少しかしこまったテーブルについて、確かに行儀が悪いと本当にはっきり認識した。

家での小さな積み重ねが、外に出たときその人の行動に出る。
どんなに飾っても、飾りきれない部分がどこかに出る。


目の前、日常から引き締めようと心から思いました。

視野

テーマ:
「ものごとについて自分の出した結論を、絶対だと思わないこと。
 何かを考えるとき、100あるうちの、2・3の情報しか使っていないことが多い。
 ほかの可能性はないかと考えたり、ほかの意見が出たときにそれを受け止めたり、柔軟に対応できるといいですね。」


今日、体育の授業でそう言われた。

同じ道を通っていても、目を開けているときには気づいていないものがある。
床の材質の違いや、明るさ、風や音の違いなど、そこにあって、感じているはずだけれど、認識していない。
こんな場所だ、と結論を出したとき、もしかしたら風の音という情報が抜けているかもしれないし、太陽の光の強さを当たり前だと思っているかもしれない。
何か抜け落ちていることがないか考えたり、さまざまな情報を取り入れたりできるのは、認識した経験があってこそである。




「Movement Awareness」という科目:訳すれば「動きの再認識」という感じかな。
ストレッチやリラックスを通して、身体の仕組みや状態について確かめながら動く、動きながら感じる。そういうことをするらしい。

というわけで今回したのは ブラインドウォーキング です。
したことがある人も多いかもしれないが、2人組みになり、一方が目を閉じて、もう片方の誘導に従って歩く、というものだ。

風や音や肌・足の裏の感触が敏感になるのを実感した。
話に聞いたことはあったけれど、なるほどー。という感じ。

階段のこわさ。
そのとき頼りになるパートナーの肩の感覚(肩に手を置いて歩く)。
足の裏が受け取る情報が、意外に多いということ。


先に目を閉じる側をしたら、次に誘導するとき、どこでどういう風にすれば相手が安心して動けるか、考える手掛かりがひとつ増えた気がした。

(そういえば、自分が過去に経験したことだと気配りしやすい。
大学受験したことがあると、少し自信を持って後輩に、受験当日ホッカイロがあると便利だよ、って言えるものね。
ということは、逆に、自分が経験していないことについて、考えだけ述べるときは、もっと気をつけなければならないような気がする。)

本当に短い体験だけれど、私の知らない98個の情報のうち、いくつかが垣間見えた。

いつもいつもすべてを感じ、把握することはできないけれど、ふとしたときや必要なときに、出してこられるように、「感じた、と認識した」ときの感覚は持ちつづけていたいなあと思ったことでした。



あれ・・・なんかまとまっていないですね。うーんうまく言えない。。。

挑戦

テーマ:
ブログを始めてほんの少しの間に、早くも何人かの方からメッセージを頂いた。
ありがとうございます。

ちょっとした挑戦だったブログの開始1日目で、メッセージをもらって、
どきどき浮き足立っていたのが少し落ち着くことが出来た。
3日坊主にはなるまいぞ。

見てくれている人がいる、というのはやる気に繋がる。
私の場合、自分にとって「挑戦だ」と感じれば感じるほどそう。

私は、傍目にはそれほど凄いことではなくても
自分が「ちょっと飛ぶぞ」という感覚のとき、
必ず、それをやり遂げたことを報告する相手を設定する。
設定したことを本人に伝えるかは、状況次第。

だから、その相手は、
私がその挑戦をすることを
a. 実際に知っている人であったり、
b. 知らない人であったり(つまり設定のみの参加で、私の片思い)、
様々だし、たくさん存在する。

とにかく、
現実の場では「あの挑戦とやらはどうよ?最近」の声(a)、
心の中では「(達成してあの人に胸を張っている想像)」(b)
この二本立てに支えられて、全ての挑戦を乗り越えてきた。

このブログの場合は、
a. 読んでくださる方+無理やり読ませられた友人たち
b. いまのところ、両親かな(就職が決まってから見せたいように思う)
かな。

就職活動の場合は、・・・
a. 友人や、就職活動・ブログを通して知り合った人々(すごく範囲が広い;;)
b. いいライバルの某友人+未来の自分
でしょうか。

特に、b.のうちの「未来の自分」は、一番大切な存在でありながら、
目の前のことに溺れると忘れがち。

将来、どのような人間になっているかは分かりませんが、
今の自分の、今の考え方に基づいた、今の選択が積み重なって、
未来の自分になる。

そのことを見失わずに、丁寧に職探しをしてゆきたいものです。


今日のちょっとした挑戦は、トラックバック。
トラックバックのやり方を紹介していただいたので。。。