言語化すること

テーマ:

ある企業のグループディスカッションのあと、社員の方がひとこと下さった。

それが、私にはとても必要な考え方だったので、覚え書きとして。

 

 

物事には変えられないことと、変えられることがある。

・ 変えられないこと:過去のこと、他人によってなされたこと、感情

・ 変えられること:未来のこと、自分のすること、思考

だから、

「変えられないことに囚われず、

 変えられることにエネルギーをそそぐこと。」

 

 

切り替えられない感情はどうしようもない。

だから、切り替えられる思考だけでも次へ向けて、できることをする。

 

難しいけれど・・・ひとつの「気持ちの解決の仕方」が、言葉となって具体的に提示されたことで、少し目の前が開けた気がした。

 

もやもやと考えていることや抽象的に感じていたことがはっきりと言葉にされると、すっきりするものだなあと実感した。

 

自分でも、ひとと話しているうちに、だんだん考えがまとまってくること、あるものね。

 

だから、人の話を聴くこと人に話をすること人と話をすること、面白いし大切だし好きだ

と、あらためて思った。

 

 

うああ。。。backstreet boys。。。しみる。。。"i'll  be  the... ONE." 

AD

テーマ:

▼今日、GDがあったのだけれど、「就職活動って、海を泳いでいるようなものだ」という私の意見に共感してくれるひとがたくさんいた。

 少し嬉しかった。

・ ・ ・

 

▼海にはいろいろな表情がある。晴れた海、荒れた海、静かな海・・・

 海には波がある。自分の意思とは裏腹に、思わぬところへ流されることもある。

 海には道しるべはない。行く先は自分で決める。行く先は人それぞれ。

 

▼「走ること」とは違って、「泳ぐこと」にはたいてい目的がある(ような気がする)。

 「泳いできた」って言う時、必ず「どこで?」もついてくる。

 どこで?どんな海で?人それぞれ。

 どう泳ぐかも、人それぞれ。潜ってもいいし、ぷかーっと浮いていてもいい。がんがん泳ぐのも素敵。

 

▼ただ、海では、泳がないと溺れる。

 苦しいこともあるかもしれない。

 必死で泳ぐからこそしんどいこともある。

 でも、泳ぎながら見上げた青空に嬉しくなることも、きっとある。

 必死で泳いでこそ、自分だけの、いい海に辿り着くこともあるだろう。

▼大体こんな感じの話をみんなでしていた。

・ ・ ・

▼自分の感じたことを表現するって、難しい。

 私はよく比喩を使う。

 「奇抜だけれどよく分かる!」と言ってもらえる時も、

 「独特だけれど良く分からない・・・」と言われる時もある。

 今日の比喩は、このブログの題につけてからなんとなく考えはしていたものだけれど、いろいろな人のイメージにひたっと合いつつ、さらに膨らませることのできるものだったようで、そのことが嬉しかった。

・ ・ ・

▼ 昨日の内容を読み返して、子どもっぽい自分にあーあーと思った。

 まるで、新社会人の友人たちの背中にずるずるぶらさがって「まってーいかないでー」って駄々をこねているみたい。

 私が私の海を泳いでいるように、彼らも新しい海で泳ぎ始めただけなのにね。

 自分が泳いでいると、人が泳いでいることも冷静に対等に見られる気がする。

 人が泳いでいるのを見たとき焦るということは、自分が泳がず怠けていると心のどこかで感じているということだろうな。。。

▼どんな泳ぎ方にしろ、泳ぎ続けることに、きっと意味があるんだ。。。ぶくぶくぶく

AD

テーマ:

日に日に日が春ですね。。。

春だけれど、私はこれまでと別段変わらない毎日。

寝て、起きて、職探しもしくは春休みして、寝る。

卒業していった同期の友人達は社会人として新たな生活が始まってるんだろうなあ...と想像してみる。

不思議な感じ。

卒業式に一緒に顔を出したときには、全然気にもしなかった。

これまで通り友達どうしだし、居場所が変わっても、何も変わることは無いって、それだけを考えていた。

でも、3月25日にみんなを見送ってから、情けないことに一週間ふさぎの虫に取り付かれてしまった。

だって、変わっていく部分は絶対あるのだもの。

当たり前。飛び込んだ世界によって、ひとりひとり違う経験を積んでいくのだし。

それを悪いことだと思っているわけではない。

悪いことじゃない。まったく、悪いことじゃない。

でも、置いていかれたような気がしてしまった。

みんなが新しい世界へ活き活きと飛び出す中、去年と同じ自分って何なんだろうと思った。

さびしい。時間が止まればいいと思った。

そのとき自分と向き合って、自分の来た道、行く先をもう一度見つめなおせばよかったのに、それはチャンスだったかもしれないのに、ただがっくりしてしまった。

情けない。

傷心の特効薬は、時間。

1週間ちょっとで回復したってことは、まだまだどうということない部類かな。

エイプリルフールもうまくやり過ごしたことなので、自分と丁寧に向き合っていこうと思う。

-----------------

最近行った舞台のお話は下に。3月30日のところです。

AD