諦めない勇気をやりとりしていく10日間。 | 南大阪 心理セラピー Luna y Mar.

南大阪 心理セラピー Luna y Mar.

 南大阪 心理セラピスト『なの』の、日々のつれづれや、心のおはなし。


まいど!大阪の心理セラピスト、なのでございます。


8月アタマの週末は、
【大阪】リトリーブサイコセラピー基礎コースの9,10日目。
最終週でした。


ワタシは、リトリーブの前身のセラピューティックコース&
プロコースのアシスタントに入らせていただいたのが最後
だったので、約1年ぶりの参加。

たった1年ですんげぇ進化してるのーー!!
開講すぐにカズさんに「なの、オープンセッションやる?」
と言われ、「ごめんなさい!正直ついていけない部分がある
からしばらく待ってぇー(泣)」と言ってしまったほど。。
(結局半ばと後半にやらせていただく。うおぉ緊張したけどいい経験したーw)


そんな、日々進化を続けているリトリーブサイコセラピー
コースですが。
ここだけはいつも変わらないなと、改めて感じました。


あきらめない。



今までもコース修了時のブログに「自分を諦めなかった
皆さんの、今度のご活躍をお祈りします!」とか何度も
書いてきましたが…(毎回みんなの姿に感動して泣きそうなのを帰宅後
までグッと我慢して、日が経って落ち着いてから半泣きで書いてるというw)


本当に、本当に、大事だなと改めて感じた講座でした。


諦めるって、苦しいけど…楽なんです。
後悔はするだろうけど、自分と向き合わなくていいから。

でも諦めたくないから、ここに来て、ここで出会った仲間達。

人見知りだったり、人が怖かったり、失敗できなかったり、
自分の心の内を他人に知られるのが怖かったり…。


カズさんの、痛ーいところをついてくる言葉にザワザワして、
他の人はどんどん変わっていくのに自分は…
と、また自分を責めたり。

私はそこまで辛くないから…と他の人を気遣っていたけど、
フタを開けてみたら自分もとっても辛かったり。。


いろんな人達が、一生懸命自分に向き合い。
仲間が諦めそうな時、応援のまなざしや声を送り。

そんな姿に励まされ、さらに自分と向き合う勇気を仲間と
やりとりしていく。
辛くても辛くても、励まし合いながらすごした10日間。

笑顔だったり涙だったり、いろんな姿があふれていました。



リトリーブ基礎コース。その名のとおり、
どんな状態でも人は、自分で本来の姿に還る力を持っている。
心を回復し、成長していく事ができる。


それを信じてあきらめない。
講師・スタッフにその空気感が流れていました。

そして受講生さんの諦めない姿に心を打たれまくりました。


カズさんにガツンとツッコまれ、アシスタントに掘られ…w
やっぱりこのコースは「楽しい」だけではいられません。

心を回復させる為には、今まで避けていた痛みが伴う事も。

それでも自分を諦めなかったみなさん、お疲れさまでした。
修了おめでとうございます!これからも自分のペースで♪



みんな修了おめでとうございます!これからの人生のスタート、応援してます!
ほんでほんで、カズさんいつもありがとう!お誕生日おめでとー!!



アシスタント仲間のみんなもありがとう^^
みんなと一緒で良かった…♡





ペタしてね読者登録してね