書き初め

テーマ:
 今日は頑張りました~。
一日かかりました。
午前 nanoくん
午後 ハナくん
夕方 チャ丸
書き初め以外何もしてないです。

nanoくんはもう、巧拙はともかく
一人でできるでしょう。と思いきや
「手本がない。」なに。
なんて書くかを覚えていたのはえらいけど
ただ「冬の海辺」って書けばいいものじゃないでしょう!
なんとか手がかりがないかと探すと、ハナくんの手本に
「ホームページを見てね」の一行を発見!
そこに、小さいけど手本がありました。
拡大プリントして一丁上がり。
口は
「ドットで書きま~す♪」
なんてふざけていましたが、
休憩とりつつまじめにやってくれました。


午後はハナくん。
初めての毛筆です。(3年生から、全員参加なのです)
模倣行動のない子にどうやって書き初めを教える?
と思いましたが
結構スムーズでした。
愛読書の一つに「きせつのぎょうじじてん」があるからかな。
さらに先のホームページに「書き方の動画」がありました!
「う」「し」「年」一文字ずつ
ビデオで手元のアップが見られました。
すばらしい。

最初は二人羽織でやり、後半は一人で書きました。
やりはじめてから手順や、お約束がいることに気づき
小筆で半紙に書いてみせました。
「1.すみをつける 2.う 3.すみ 4.し 5.すみ 6.年 7.なまえ できあがり」
とか 
「やくそく あしにすみをぬりません」 
とか。
一回、油断してチャ丸の相手をしている間に全裸になってました。(^_^;)
全身にスミをぬって真っ黒けになりたかったらしいです。
ど~にか水際で阻止。

面白かったのは最初はただ書くだけだったのが
少しずつ手本を見ながら書くように変わっていったこと。
筆の使い方は知らないので
「絵の具の筆」みたいに書いていますが
お手本と同じ大きさで書こうとしています!
上出来。


チャ丸はず~っと「ボクもやる!」モード。
邪魔しにきてはあちこちスミをつけて帰っていきます。
最後に一緒にやりました。
「一人で書く!」といって
「う」は鏡文字、「し」は普通、「年」は文字化けして
どっちが表かわからないような作品ができましたが
名前まで一人で書きました。
「やったー!」とっても喜びました。

3人とも上手ではないけれど
それぞれ字に自分のいいところがあらわれてるなあ
と思います。
ながめて癒されています。