3y0m療育に行こう④

テーマ:


前回の記事

いざ、児童発達支援の施設を見学に行こうと思った時に、前記事でも出てきた役所でもらった200ページ以上の冊子▼の1ページあたりがこれです。

 
 

 

 

情報量はんぱねー。

みんな、うむ、ほう、それはそれは、というような熱心そうなことが書いています。

とりあえず、単独通所、幼児、送迎に〇ついてるところを選べばいいと思いましたが、療育行こうと思ったら、何か所見学に行くのだろうか。

結局、ひとつひとつ吟味する時間はどう考えてもとれないので、幼稚園の教育相談の人に教えてもらったうち2か所に行くことにしました。

 

①9:30-12:00(給食無)・自由遊び中心

②9:30-13:00(給食あり)・決められたプログラムに沿って1日を過ごす

 

2か所行ってみて、自由遊び中心のところは、とにかくきれいで新しいおもちゃがたくさん置いてあったのですが、行くとき、私はスシローに車のおもちゃがたくさんある新しい保育園に今日は行く、と行っていたので早速車どこ?あった、と車にとびついていました。

スタッフは教員免許を持つ人(元養護学校の校長先生も)が多く、個々の目標はたてるものの、自由遊び中心で、遊びの中で社会性を学ぶのが大切という考え方。

だから、子どもがどんなおもちゃに興味をもってもらえるかわからないから、色々なジャンルのおもちゃを幅広くそろえているんです、とのことでした。

 

そして、普段の保育園のごちゃっとした感覚になれていたので、今日の午前の利用者は、3人なんですよ。という話で、え、スタッフが4人いますけど!と噂通りの手厚さにびっくりしてたら、いや、今日スタッフ一人休みでこれなんです、と。

40分に一回トイレには連れて行きます、と。まだトイトレ終わってないうちの子には朗報やないか!

子どもだけで遊んでいるとどうしても続かないので、大人も関与します、とのことで、スシローは私のところにたいして来ず、一緒にずーとスタッフと他の子どもに一緒に遊ぼうと声かけて遊んでいました。

手作りおやつを食べた後、みんなとお皿とコップを台所にさげているスシローを見ていると、

これどっかの親戚の家に遊びに来てるみたいじゃないの。と。

(一軒家をそういった施設にしてるところがうちのエリアは多いみたいです)

 

反対にもう一つの決められたプログラムに沿っているほうは、その日は車のおもちゃの日ではなかったらしく

スシローが「ママ!ここ車のおもちゃがない!」とだまされた感ありありで、私に訴えるので、スタッフがみかねてトミカを持ってきてくれました。

しかし、スシロー以外の子は朝の体操だかをやっているので、トミカをもってあーそーぼ、と向かっていったのですが、誰もトミカで一緒に遊んでくれる雰囲気もなく、説明を聞く私からほぼ離れずトミカを走らせていました。

もう一つとは対照的でした。

 

自由遊びの方は9:30~11:30までもいたのですが、最後にもっと遊んでる!とスシローが車のおもちゃを手に持って泣き出すくらい楽しかったらしく、私はもう帰るよ!と普通にそういう時は、車をとりあげるのですが

「いいよ~いいよ~それ持って帰っていいよ」

まじか!

たしかに2時間いたときも、スシローにダメと言っているのは私だけでした。

帰りの車に乗ると、おとなしく車を返しており、いいよ、いいよ、と言われるとやっぱり返すか、となる人間の心理でもついてるのか。

そして、車内でスシローが言ったのが「今日は叱られなかったね!」でした。

ちなみに保育園で、帰る時にスシローが「今日は怒られなかったよ!」というと担任が慌てて「スシローちゃん、違うでしょ。怒ってるんじゃなくて、先生はいつも注意してるのよ」と言っていました。

まあ、子どもが怒られたととってるなら、怒られているのであろう。

一人、今行ってる保育園から児童発達支援通っている子を知っているのですが、その子がちょっと奇声あげたら「そんな変な声出さないの!」と大きい声で言われているのは今日見ました。たしかに怒ってるように私にも見えましたわ!

 

話は戻り、見学のお礼のメールで「叱れなかった」といっていたことを伝えると

 

「叱られなかった、とお子さんが言っているのは、ご自分のこと、まわりのことが分かっているようですね。」

 

と返してくれました。よ!さすが校長!そういう風に褒めポイントを見つけてくれるのか。

 

というわけで、こっちに決めそうなものなんですが、決めたのはもうひとつのプログラムに沿っての方です。

 

決め手はこっちが、幼児は室内オンリーだったということ。週1回ならいいかなと思ったんですが、やはり週2回は通ってほしいとのことだったので、平日週2回こっちにいくと、保育園の外遊びの機会が減ってしまう。もったいないかなーと思ってしまいました。

 

臨床発達心理士さんに「うちみたいな多動傾向の子は多動傾向の子が多いところに通った方がいいんですか?」と聞くと

「子供なんで、発達の凸凹はありますが、一緒に伸びていくのでそこまで気にすることありません」といわれました。なので、別に戸外遊びが好きなうちの子は、戸外遊びがあるほうがいい、とかは本当は気にしなくてよかったのかもしれません。

2つ見学して、多動ぽい子は、うち以外まあいなかったんですが…。

もう一つは基本は戸外遊びあり、夏は庭で水遊びやら、菜園やっていたり活動的なプログラムが組み込まれているのが段々これからさらに年齢もあがるので、楽しめていいかなと思ったポイントでした。

 

そして、前回の記事で、旦那が教育相談で

「俺は本当にそんな施設にまで通わせる必要があるのかと思っている」

と言っていた話を書きましたが、行かせようとおもった施設の空いている曜日

「木曜と土曜日にしようと思うんだけど、どうかな?」

 

「最高じゃねーか」

 

最高じゃねーか…

「俺は本当にそんな施設にまで通わせる必要があるのかと思っている」キリッ

 

…まあいいや。

そう、こちらは土曜日が選べたんですよね。旦那の「最高」は土曜日にかかっているのであろう。

保育園の先生よりなにより、うちの旦那が一番、スシローに怒ります。土曜の午前にリフレッシュして、お互い怒りも怒られもする時間が多少減るならよいか。

 

土曜日は2,3歳しか今いない、習い事感覚で土曜を選んでる人が多いといわれたのも、それもいいかなと思ったポイントでした。

いや、まあこれで土曜日の午前に、夫婦ともに用事はすませることにしよう、となりそうですな。

半年ほど前まで土曜の午前といえば、ベビースイミングでつぶれていたのが懐かしい。

 

スシローには、どっちも楽しかったみたいだけど(らしいです)、最後に行ったほうに今度行こうと思うけど、どう?って聞いたら

「新しい保育園、いいね!」と行っていました。

今行ってる保育園は、一番仲いい子が里帰り出産で2か月ほど来ていないので、それ以来元気がないらしく(連絡帳によると)、どうも行く気が日々失せて行ってるように親から見てもみえます。

療育施設は合わないなと思ったら、すぐ変えられるし(なにせ異様に数の多いエリアです)、複数の施設を行くのも珍しくないんですが、保育園となると、なかなか腰をあげづらい。

早くその子が戻ってきてー!

 

というわけでそちらに9月中旬からまずは通ってみることにしました。

今日保育園でもついにうちでもサービスはじめることが確定しました(忘れかけてた。うち(保育園)とそこを併用しますか?」と聞かれたんですが、保育園と別の場所で週2回通って、保育園は通常保育でしばらく様子見ます、と伝えました。

旦那も

 

「違う場所のほうがいいだろ」キリッ

 

と訳知り顔で言っていました。保育園どんなサービスになるんだろうか気になることは気になる。

④まできてしまいましたが、これからは、いざ療育にいかん、がスタートします。

 

前回の記事で「やっぱり発達障害だったんですね」というコメントをもらって、ドキッとしてしまい、めっちゃこれやっぱり気を使う話題なんだなと思ってしまいました。

 

その行くことになった療育施設の人にも「年齢的なものじゃないですかね。」と判断つかず(まあ医者でないので)なことを言われましたが、年齢的に多動だけだと判断しづらいとのことで、まだやっぱり発達障害かは確定しないでいます。

この状態で、どの範囲の人に療育に行くと言っておくか。

まあ、そもそも「療育」という言葉を知らない人のほうが多い気もします。

 

うちの親に療育行くことにしたというと「まだ元気だから、できるかぎりのサポートはする。思いつめんように」と父からきました。

義母は、4姉妹のうち自分含めて3人教師で、そういった生徒を見てきたというのもあって

「療育は早ければ早いほどいいから、そういう機会がもらえたがのはよかったね。とにかくなんでもやらせなさい」と手足口病の機嫌悪いスシローを1日預かってくれた上でw言ってくれました。

うちの旦那よりみんな理解があるんじゃ…

 

それはおいといて、今最大の心配事は週末にのる飛行機1時間半です。さて、スシローは飛行機でどう過ごせるのか…

ちょっと飛行機の過ごし方を読み漁ってきます。

 

Instagram
ブログランキングへ
ツイッターIDは→こちら

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」