不倫恋愛から二人の未来を本気で叶える!カウンセラー姉妹の恋愛アカデミー

不倫恋愛から二人の未来を本気で叶える!カウンセラー姉妹の恋愛アカデミー

静岡県のカウンセラー姉妹・白石みどり&まちこです。不倫恋愛に悩む、あなたのためのブログです。一度きりの人生を、一番好きな人と笑顔で過ごしましょう!

こんにちは。妹カウンセラー、白石まちこです。

 

昨日は、朝から千葉で地震があり、私の部屋もぐらっと揺れました。

 

そして夜、部屋でほっと一息ついていると、突然あの恐ろしい緊急地震速報のアラームが鳴り響き、椅子から飛び上がりました。

 

しかし、揺れに備えて机の下にもぐるどころか、部屋の真ん中に立ち尽くしているだけで何もできませんでした。

 

去年から豪雨、大型台風、ここ数日も地震が多く、本当に怖いことです。落ち着きませんね。

 

 

もしも神様がおりてきて、「3つの願いをかなえてあげよう」と言われたら、間違いなく

 

① 戦争がこの世からなくなり、世界が平和になりますように。

② 災害が起こりませんように。

③ 難病がなくなりますように。

 

この3つを願います。

 

平穏な毎日は、当たり前のように思ってしまいますが、何よりも素晴らしいギフトですね。

 

病気やけがもなく、仕事に行けること。

 

ご飯が食べられて、お風呂にはいれること。

 

会社に行けば大好きな彼に会えること。

 

彼に不満を感じたり、嫉妬や自爆、ケンカができること。

 

彼に冷たい態度を取られて「もう私のことを好きじゃないのかな」と心配したり、

 

「どうせ奥さまのほうが大事なんでしょ」と、ひがむことすら、とても贅沢なことだと思います。

 

 

あなた自身もあなたの家族も、彼も、そして、彼の奥さまやお子さんまでもが、無事で生きていてこそ、出来ることばかりです。

 

そういったことの素晴らしさに改めて感謝すると、彼に対する小さな悩みや不満、怒りや恨みも薄らいできますよね。

 

昨日と同じ今日が送れること、大切な人が生きていることに感謝しながら、「今」という時を精一杯生きることの大切さを感じました。

 

彼に対する想いがますます深まってきたあなた。

 

こちらで、白石姉妹とともに、大切な人への想いを語り合いましょう。

 

カウンセリングのお申し込み

 

​ 不倫恋愛 既婚者との恋 婚外恋愛 社内不倫 略奪愛 秘密の恋 W不倫 離婚 話し合い 別居 家庭内別居 仮面夫婦 嫉妬 自爆 執着 復縁 子ども 家族 奥さま 熟年不倫 熟年恋愛 歳の差 年下の彼 隠し子 上司 部下 養育費 再婚 お金の問題 などのご相談をお受けしております。

 

こんにちは。姉カウンセラーの白石みどりです。

 

今日は彼とのおつきあいがまだ浅い、という方にちょっとしたアドバイスです。

 

夫の不倫が発覚すると、奥様から出て来るセリフは

 

「自分の立場も忘れて浮気なんてして!」です。

 

不倫恋愛の女性サイドには、不愉快に感じられる言い回しです。

 

だって、「浮気」と言われると、いかにも一時の遊びという印象を受けます。

 

でも、この「浮気」という表現、案外バカにならないのです。

 

私・白石みどりは、公的機関の相談員として、男性側のご相談も数多く受けていました。(男性の相談のほうが多かったかも)

 

既婚男性の中には、出会いの最初から、「彼女こそ運命の女性だ」というインスピレーションを感じてつきあいを始める方もいなくはありません。

 

しかし、「憎からず」思っていた女性と、何らかのきっかけにより一回二回とデートを重ねるようになり、現在の不倫恋愛の関係に至っているというケースのほうが多いですね。

 

「恋愛の出だしは彼の浮気心から…」が、むしろ、不倫恋愛のスタンダードなパターンと言って良いかも知れません。

 

 

 

「そんなの嫌!」

「私は彼に運命を感じたのにひどい!」

 

と思われる方は、引き返しても良いでしょう。

 

でも、恋愛のほとんどはどちらかの片思いや、ささいなきっかけから始まります。

 

出だしはどうあれこの出会いを大切にしたい、彼を諦めたくない、とお考えの方は、これを恋愛に育てなくてはなりません。

 

そのための最初の勝負時がやって来るのが、つきあい始めて半年~一年の間です。

 

「一時の浮気相手とは、黙って見ていれば半年で別れる」と、奥様側から言われているのをご存知でしょうか。

 

おつきあいが始まって半年~一年は、奥様が夫の態度の変化に気づく頃です。

 

一方、恋愛相手の女性は、二人の関係が今後どうなって行くのか、不安を感じ出す頃。

 

「浮気してるの!?」と眉逆立てる奥様に対し、自分を抑え、彼の逃げ場所になってあげられるようならば、第一ラウンドはあなたの勝ち。

 

反対に、奥様が夫の挙動に不審を感じても、冷静に見守っていられる方であった場合は、彼の意識に「やっぱり帰るべき場所は家庭」を刻み込ませてしまいます。

 

 

この時期に地雷になってしまうか、安心できる居場所になるかが、今後の二人の関係を決める第一関門となりそうです。

 

決して不倫関係を続けるのを推奨するわけではありません。


特に、普通の結婚・出産がご自身の幸せだとお考えの女性には、リスクの高い関係です。

 

しかし


「最初は出来心だったのに、いつのまにか彼女が必要不可欠な存在になってしまった」


というのも、不倫恋愛の男性の偽らざる声です。

 

「彼にもっと愛されたい」から「別れた方が良い?」まで、こちらで私が一緒に、あなたと彼の最善の道を模索して行きたいと思っています。

 

カウンセリングのお申し込み

 

​ 不倫恋愛 既婚者との恋 婚外恋愛 社内不倫 略奪愛 秘密の恋 W不倫 離婚 話し合い 別居 家庭内別居 仮面夫婦 嫉妬 自爆 執着 復縁 子ども 家族 奥さま 熟年不倫 熟年恋愛 歳の差 年下の彼 隠し子 上司 部下 養育費 再婚 お金の問題 などのご相談をお受けしております。

 

こんにちは。妹カウンセラー、白石まちこです。

 

不倫恋愛のお付き合いには制限があります。

 

なので、どうしても

 

「私ばかり我慢している」

「彼につらい目に遭わされている」

 

と被害者的にこのお付き合いをとらえがちになってしまいます。

 

 

そして、クライアント様からは時々、

 

「彼に感謝しましょうと言われても、できない」

「辛いことばかりで、感謝どころか恨み言ばかり浮かんでしまう」

 

と、ご相談を受けることもあります。

 

確かに、会いたい日に会えない、イベント時はあなたより彼の家族優先、連絡も思うように取れない…

 

こんな状態が続くと、彼に対してネガティブな気持ちばかり湧いてきてしまうかもしれません。

 

でも、彼に対して悲しみや怒りがわいてくるのも、あなたがそれだけ彼から幸せな時間をもらったからではないでしょうか。

 

公園を散歩するだけでも、彼が隣にいるだけでワクワクと気持ちが浮き立った日。

 

初めて結ばれた日。

 

どこにでもあるレストランのありふれた料理なのに、彼とおしゃべりしながら食べる食事の特別なおいしさ。

 

あまりに嬉しくて幸せだったから、彼に会えなかったり、彼と連絡が取れなかったりする辛さが倍増するのです。

 

 

 

もっと彼に会いたい、連絡が欲しい、あんな素敵な時間をもっともっと過ごしたい。

 

それなのに、どうして連絡をくれないんだろう、会いに来てくれないんだろう、と彼を恨みたくなってしまうお気持ちもわかります。

 

でも、責めたりすねたり、恨んだりすればするだけ、あなたがどんなに彼を好きなのかが伝わらなくなってしまいます。

 

同じお料理でも、ひとりぼっちで食べるのと、彼と食べるのでは味が違いますよね。

 

彼とお付き合いが始まって、連絡を取り合うようにならなければ、あなたのスマホは、単なる連絡用の味気ない箱だったかもしれません。

 

どんな小さなことでも意味を持ったり、輝いて見えたり、おいしく感じるのは、彼と出会ったからなんだと思えたら、彼に感謝の気持ちがわいては来ませんか?

 

感謝の気持ちがわいて、優しい気持ちに満たされたら、最初のころのように彼とラブラブになれますよ。

 

あなたも、こちらで、本来のあなたの優しさを取り戻してラブラブになってくださいね!

 

カウンセリングのお申し込み

 

​ 不倫恋愛 既婚者との恋 婚外恋愛 社内不倫 略奪愛 秘密の恋 W不倫 離婚 話し合い 別居 家庭内別居 仮面夫婦 嫉妬 自爆 執着 復縁 子ども 家族 奥さま 熟年不倫 熟年恋愛 歳の差 年下の彼 隠し子 上司 部下 養育費 再婚 お金の問題 などのご相談をお受けしております。