永久保存版カラーの種類 | 高崎市美容室 ナノヘアーのブログ
2016-02-13 23:59:46

永久保存版カラーの種類

テーマ:nano hair
こんにちは、寺嶋です。

今やしていない人の方が少ないのではないかというヘアカラー。

ナノヘアーでも半分以上の方がされています。

一口にカラーと言っても何種類もあります。そこで、今回はナノヘアーで扱っているカラーの種類を紹介していきます。

{BD7B820A-8A4E-4FF0-95C2-C984D6EDAF58:01}



1アルカリカラー
美容室でカラーといったらほとんどはこちらです。白髪染め、オシャレ染めとありますが、最大の特徴としては黒い髪を明るくできる事でしょう。レッド系、アッシュ系など様々な色に対応でき、色持ちも良いです。ただし、髪や頭皮に少なからずダメージがある事と、アレルギーを起こす方もいるので、初めて染める方は美容師とご相談が必要でしょう。

2ハーブカラー
漢方、ハーブと化学染料を混ぜた植物性のカラー。髪や頭皮へのダメージはありません!ハリコシが出ます。ただし、黒い髪を明るくする事は出来ず、白髪が黒く染まるのみになります。安定した染まり方をしますが、アルカリカラーと同じく、アレルギーを起こす方もいるので相談が必要です。

3ローソニアカラー
ヘナを始めとした、100パーセント植物性のからー。髪や頭皮へのダメージはなく、トリートメント効果も期待できます!ハーブカラーと同じく、黒い髪を明るくする事は出来ません。白髪にのみ色が入ります。ダークブラウン、オレンジなど、多くはありませんが、数種類の色があります。天然のものなので人によって染まり方に差はありますが、最も優しいカラーになります。

4オーガニックハーブカラー
基本はアルカリカラーですが、ハーブをふんだんに混ぜ、頭皮や髪への刺激を最小限に抑えたヘアカラーです。白髪染めがメインになりますが、黒い髪を明るくする事が出来ます。普通のアルカリカラーに比べると少し色の種類が少ないですが、ダメージを抑えながら色も楽しみたい方にはオススメです。

5ヘアマニキュア
ネイルのマニキュアと、同じ考え方で、髪のキューティクルの部分に色をつけます。黒い髪を明るくする事は出来ません。白髪にのみ色が入ります。他のカラーでは出せないビビッドなピンクなど、鮮やかな色を出す事が出来るで、ブリーチカラーなどにも使われます。地肌に付けずにぬるので、ヘアカラーにアレルギーのある方などに特にオススメです、

6ブリーチ
髪を明るくするためだけのヘアカラーです。回数を重ねるごとに白に近づいていきます。主にハイライトなどデザインカラーに使います。繰り返すとダメージにつながるので、担当者と相談するとこをオススメします。


いかがだったでしょう。

どのカラーも一長一短、メリットデメリットがあります。キレイに染めたい場合は自分で染める事など決してせず、担当者と相談して下さい!


2月のナノヘアーのお休みをお知らせします! 


16日(火)17日(水)

23日 (火)


となっております。


また、スタイリスト



富沢は2月15日(木)

下山は2月24日(水)

飯塚は2月27日(土)

をお休みとさせていただきます


皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ち致しております。



高崎市美容室ナノヘアー


ナノヘアーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス