三菱電機製冷蔵庫の製氷機の故障(製氷皿の割れ)について | リアルを語るコラムニスト

リアルを語るコラムニスト

日々のニュースや事件を分かりやすく説明するブログ。


テーマ:

 
先日、うちの冷蔵庫の製氷機が壊れました。
壊れたといっても製氷機の中の製氷皿が割れてしまっただけなんですが。

製氷皿が割れてしまった為に、水が下に漏れて、製氷室が氷の板状になってしまう状態になりました。

修理代がどの程度するのか不安だったので、ググってみると三菱電機製の冷蔵庫で同様のトラブルが出るわ出るわ・・・。

製氷室に出来る板状の氷が「板氷」と命名されている始末。

おまけにリコールまで出しているものも・・・。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/oshirase/reizouko/


 
うちの冷蔵庫も三菱電機製ではあるものの、リコール対象機種ではありませんでした。

ネットで色々見ていると、リコール対象ではない機種の場合、初めに修理代金15000円くらい請求されるが、最終的には多くの人が無償で修理してもらっているみたい。http://bbs.kakaku.com/bbs/21204010650/SortID=16468684/
http://tomato8.asablo.jp/blog/2010/06/17/5169145
http://blogs.yahoo.co.jp/whitekopiko24_5_20052000/41062281.html

 
もしくは、部品だけ購入し自分で直す人もいました。
http://gadget.yysaidup.com/2012/07/blog-post.html
http://jarinan.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/4-efc6.html
http://hobbysite.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
http://alc.cocolog-nifty.com/paradise/2008/08/post_4306.html

 
三菱電機としては製氷皿が割れる問題を把握しており、リコール対象外の機種でも無償で対応しているのかな、と思い三菱電機の修理窓口へ電話しました。
http://www.melsc.co.jp/support/
 
ただ、メーカーの修理対応には初めから全く期待してないので、こちらの希望通りスンナリことが進むとは思っていませんでした。
 

そして案の定、とても苦労することに。


 
冷蔵庫の型番を伝え修理依頼すると、コールセンターの女性は当然のように

「お客様の機種はリコール対象外なので、有償での対応になります。」
 

はいはい出た出た、お得意のマニュアル対応。

俺 「わかったわかった、そうは言ってもみんな無償で対応してもらってるの知ってるから、とりあえず人よこして。」
 

コールセンター 「わかりました。代金についてはお伺いする修理の担当者とお話しください。」
 


ってことで、担当者が来る当日。

有償で修理するつもりはなかったので、修理担当者の手間を省くために自分で製氷機を取り外して玄関に置いて待ってました。

玄関先で製氷機に製氷皿を取り付けてもらえば即終了という状態です。

恐らく10秒で済む作業です(笑)


修理担当者が来ると、家の中に上がろうとします(笑)

「いや、ここで製氷皿を交換してもらえばいいですよ。」と言いながら、玄関に転がっている製氷機を指さす俺。

修理担当は驚いた様子で数秒間フリーズ(笑)

修理担当 「いえ、私どもとしては、お客様が取り付け時にケガをする可能性もあるので、取り付けまでさせて頂かないといけないんです。」

俺 「あ、そう。じゃあ無償だったらいいよ」

修理担当 「いえ、申し訳ありませんが対象外の機種なので有償になってしまうんです。」

俺 「じゃあ、自分で取り外しまで簡単に出来たから最後まで自分で直すよ。製氷皿だけ買うよ。おいくらですか?」

修理担当 「いえ、部品だけでお売りはできないんです。」

俺 「ネットでみてると三菱電機の冷蔵庫は同様のトラブルが多くて、リコール対象外の機種でも無償で修理してもらってるみたいだし、自分で製氷皿を購入して直してる人もいるみたいだよ。」

修理担当 「ネットはみなさん好き勝手な事を書くので・・・。」

俺 「じゃあ、おたくとしては有償の修理しかしない。ってことだね?」

修理担当 「はい、申し訳ありませんがその通りです。」

俺 「本当に製氷皿を私が購入する事は出来ないんですね?」

修理担当 「はい。」

俺 「じゃ、おたくに用はないから帰っていいや。お金払うつもりないから。」

修理担当 「失礼します。」


そんなわけで玄関先で追い返してしまいました(笑)

確かにネットの情報はウソも多いですが、この件に関しては皆本当のことを言っていると確信があったので、三菱電機製品のアフターサービスをしている「三菱電機システムサービス(株)」へ突入することに。
http://www.melsc.co.jp/company/office/
 

まず、三菱電機システムサービスの最寄の営業所に直接電話をしました。


普通に電話しても部品を売ってくれない可能性があるので、

「お世話になります。○○(自分の苗字)電気です~。冷蔵庫の製氷皿の在庫確認させてください。」と言ってみました(笑)

するとあっさり在庫があるとの返答!!

しかし、製氷ユニットごとの販売になるとのこと。

他の方のブログで製氷皿のみ購入した人もいるので、粘ってみる。


俺 「あれ~、昔、製氷皿だけ買わせてもらって数百円だと思ったけどなぁ。調べて折り返し電話ちょうだい。」

そして、ケータイ番号を伝えて電話を切りました。

今思えば、このケータイ番号を伝えたのがまずかった。

初めに修理依頼した時、三菱電機には俺のケータイ番号を登録しているはずで、もしその記録を調べられたら俺が電気屋じゃないことがばれてしまう(笑)
(何度か修理窓口に電話した時、初めに電話番号を確認されて今までの経緯をパソコン上で確認しながら俺と会話をしていたみたいだったので・・・) 

案の定、2時間待っても折り返しの電話がこない。

でも、折り返しがないって失礼だろ!と思い、再度こちらから電話。

俺 「製氷皿だけ販売可能かわかった?」

三菱電機システムサービス 「ごめんなさい、まだわかりません。」

俺 「じゃあとりあえずそっちに向かうから、着くまでにはっきりしといて。最悪、製氷ユニットごと買うから。」
 
三菱電機システムサービス 「わかりました。製氷ユニットは4000円です。納品書の宛名はどうしますか?」

俺 「うちは個人事業主だから○○(苗字)でいいよ。」

個人名の納品書を取れば、うちに来た修理担当者の「部品だけでお売りすることは出来ません」という言葉がウソになる証明になると考えてました。

別にその納品書を持って三菱電機に乗り込もうとは考えてませんでしたがね(笑)
ちょっとは考えたけど(笑)
 
最悪でも製氷ユニット代の4000円払えばうちの冷蔵庫は直るし、修理担当者に任せてたら15000円もかかってたので、良しとしようと考えてました。
 

いざ三菱電機システムサービスへ突入!!
 

「こんにちは~、○○でーす。」と言うと、窓口の女性はすぐに物を出してくれました。

しかもちゃんと製氷皿のみを渡してくれました。
 
製氷皿


「そうそう、これこれ。おいくらですか?」と聞くと、女性はバツが悪そうに

「お代は結構です・・・。」との事!!


無料でくれるならいいやと思い受け取ると納品書をわざわざ二つに折って渡してきました。
 

いやにバカ丁寧だな。まぁ、向こうも俺が何者かわかっててビクビクしてんのかなぁ?と思いながら無料になった製氷皿と納品書を受け取り帰宅しました。
 

帰宅後、納品書を確認してみると驚きの文字が!!

宛名が個人名でなく、「○○電気」になってるではありませんか!!

しかも備考欄に「当社部品は消費者への販売はいたしてません。」とまで記載してる!!

納品書



宛名をこちらが指定した個人名にせず、備考欄にはご丁寧な注意書きまで入れてくるとは!!

うちに来た修理担当者が「僕はウソついてませんからね!」と言ってる顔が目に浮かぶような納品書を渡してくるとは驚いた!!


だから、わざわざ二つ折りにしてその場で見ないように渡してきたのか、とここで理解しました。



そんなこんなで色々と面倒な目にあったので、三菱電機製の冷蔵庫で同じトラブルにあった方の為に、対応策をまとめてみました。

1.三菱電機の修理依頼センターには電話しないこと。電話したら有償になるし、こちらの電話番号が登録されてその後の動きが制約される可能性あり。

2.電気屋のふりして三菱電機システムサービス(株)の営業所へ直接電話して、部品の在庫を確認して調達。

3.そして自分で直す。

これが一番スムーズな流れです。
もちろん、自分で修理するのは自己責任ですが、スゲー簡単ですよ。

払わずに済むお金をみすみす払ってしまわないように気をつけましょう!
 


最後に本件を通してクレーマーという言葉について考えてみました。
というのも心優しい妻から「なにもそこまでしなくてもいいんじゃないの?」と言われたからです。

妻にはこう言いました。

リコール対象外の機種でも無償で出張修理をしてもらっている人がいるが、もし俺をクレーマーと言うのであれば、その前に彼らクレーマーと言うべき。
(妻は俺のことをクレーマーとは言ってませんが・・・)

さらに言えば、多くの人が無償で修理をしてもらっている現状からすれば彼らを悪質なクレーマーと呼ぶことは出来ない。

そんな中、うちは無償で修理をしてもらえず、部品も売れないとウソをつかれた。

むしろ俺は三菱電機に相手にされなかった可哀そうなイチ消費者なのでは?(笑)


もし、それでも無償で修理してもらった人の事をクレーマーと呼ぶのであれば、三菱電機が統一的な対応をしていないから、次々とこのようなクレーマーが生まれてしまったのではないか。

初めからリコール対象外の機種は絶対に有償での修理にするという姿勢を統一していれば、こんな事にはならないはず。

誰も無償で修理してもらえない中で俺だけ「タダで修理しろ!」と言っているのなら俺は間違いなくクレーマーだ(笑)
しかし、現実は違い、多くの人が無償で修理をしてもらっている。


ってなことで、本件を通して感じたことは、クレーマーが生まれる理由の一つとして、企業側がクレームに対して統一的な対応をせず、その場しのぎ的な対応をすることにより、人によってアフターサービスの差が生じてしまい、それが理由で大きなトラブルに発展してしまうという側面があると感じました。

今回の件だって、こんなトラブルの多い冷蔵庫を無償で修理してもらったって、三菱電機の冷蔵庫は二度と買わないのは明白なんだから、メーカーだって開き直って全件有償修理を徹底してもよかったはずでは(笑)

企業側には統一されたブレない対応をしてもらいたいものです。

リアルを語る者さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス