◆・南紀田辺会だより・◆

◆・南紀田辺会だより・◆

このブログは、南紀田辺に係わるあらゆる情報を発信し、役立つことを目的としています。
感想や追加情報、新たな情報などコメントをお寄せください。
なお、本ブログ情報の信頼性保持のため、コメントは承認制とさせていただきます。

・~・お知らせ・~・
こちらには最新のお知らせをアップしていきます。


◆・本年もよろしくお願い申し上げます。・◆

今年の南紀田辺会第16回総会は10月6日(土)に昨年と同じホテル・ルポール麹町にて開催いたします。開始時間、講演者など詳細につきましては、決定次第、本ブログにて発表させていただきます。会員の皆様が顔を合わせる年に一度の機会です。楽しい会となりますよう、事務局一同が力を合わせて工夫し、準備を進めて行きたいと考えています。一人でも多くの皆様がご参加くださることを願っています。



テーマ:

2014年春風亭柳橋に入門し、2018年3月、二ツ目に昇進した田辺高校卒業生、春風亭 橋蔵(本名:宮崎 慶太)さんの落語をきいてきました。

何ヶ月かの違いで同じく二つ目に昇進した

桂 竹丸に入門した 桂 笹丸さん

春風亭 昇太に入門した 春風亭 昇市さん

二人との「同期三人会」

左から 桂 笹丸さん、春風亭 橋蔵さん、春風亭 昇市さん


 

それぞれの弟弟子三人も応援に。

「師匠は選べても兄弟子は選べない」などと笑いを交えて兄弟子との繋がり、エピソードなども聞けました。

左から 桂 竹もんさん、春風亭 べん橋、春風亭  昇咲さん


 

とてもラフな落語会で高座が終わった後は「兄弟子をどれだけ知っているか?」のクイズがあったり、裏話も聞けたりして約2時間の楽しい時間でした。



橋蔵さんの高校の同級生(田辺市からやって来た人も)も応援に駆けつけてました。

 

師匠のお世話と学びの日々にはまだまだ苦しいこともたくさんあると思います。

どうか真打ち昇進まで頑張って!

 

昨年の「南紀田辺会」にも参加してくださいました。

いつか懇親会で落語の一席もしていただける日がくれば嬉しいですね。

南紀田辺会会長、山形友紀さんと。

 

 

南紀田辺会 事務局員:嶋脇 麗


テーマ:

春風亭かん橋さん、本名:宮崎慶太さん(田辺高校59期生)が二つ目に昇進し、「春風亭橋蔵」と改名されました。

 

その二つ目昇進を記念して同期三名での落語会が開かれます。

*日時 : 8月25日(土)19時開演

*場所 : 東新宿・新宿文化センター(小)

*木戸銭  :前売1500円 当日1800円

お問い合わせ先:080-2059-7181 笹丸

 

春風亭橋蔵さんは、落語芸術協会でも注目の若手落語家です。

昨年、初めて南紀田辺会に参加されました。

落語の好きな方、是非、お越しください。

 

HPのご案内は

https://www.geikyo.com/schedule/rakugo_detail.php?id=25192&year=2018&month=8&day=25&year1=0&month1=0&day1=0

をご覧ください。

 


テーマ:

高校生が写真の腕を競い合う「第25回全国高校写真選手権大会(写真甲子園2018)」が7月31日~8月3日、北海道東川町を主会場に開かれ、和歌山県立神島高校が2年連続2度目の優勝を果たしました。

 応募のあった全国513校のうち、各地のブロック予選を通過した19校(57人)が本戦に出場。

 

テーマはカラー写真で「色」

モノクロ写真で「光」

カラー・モノクロ写真の指定なしの「自由(フリー)」。

夕方に撮影するといった時間指定もあった。

 神島は4年連続4回目の出場で、今年のメンバーはいずれも3年生の松下莉子さん(17)、平阪瑠菜さん(17)、岡田あかりさん(17)。

松下さんと平阪さんは昨年の優勝メンバーでもある。

 3人は大会期間中に出会った人たちがふとした瞬間に見せた笑顔など、温かい表情を捉えた。今大会の目標は2連覇で、結果が発表された瞬間は互いに喜びをかみしめた。作品も満足のいくものを提出できたという。

 

写真、記事共に紀伊民報(AGARAより転載)

 


テーマ:

先日、高校野球を携帯で見られます・・・とお知らせしましたが

携帯で動画を見る時は必ずWi-Fiが繋がっているところで視聴してください。

ご存知の方も多いと思いますが、Wi-Fi環境下でないと場合によって高額な通信料がかかりますのでご注意ください。

 

バーチャル高校野球

https://vk.sportsbull.jp/koshien


テーマ:

いよいよ甲子園シーズン到来ですが、スマホで和歌山県予選のTV中継が見れます。

故郷を離れていても地方予選から見られるのは嬉しいですね。

テレビ和歌山の吉川様より情報提供していただきましたのでお知らせします。

バーチャル高校野球

https://vk.sportsbull.jp/koshien/

 

ちなみに田辺高校は7月15日登場です。

 

熱い夏が始まりますね。

 


テーマ:

東京藝術大学の学生と卒業生からなる弦楽四重奏による演奏家集団Less is more」

楽曲を提供している作曲家•多田泰教さんとピアノサポートで参加する谷本喜基さんが田辺高校出身です。

その「Less is more」のオフィシャルウェブサイトができましたのでお知らせします。

メンバーのlプロフィールやLIVE予定、代表曲

・SEASIDE MUSETTE (TANABE BAY SUNSET)

・精霊のダンス(ANIMISTIC DANCE)

・KUMANO

のMOVIESもみる事ができます。

是非アクセスしてみてください。

http://lessismore4.com/

 


テーマ:

田辺ゾリステン第72回例会が紀南文化会館小ホールにて開催されます。

2018年8月25日 

18:30 開場 19:00 開演

たくさんの皆さまにお聴きいただけますようご案内いたします。



お問い合わせ、チケットのご要望は
田辺ゾリステン事務局

0738-24-7637までお願いします。


テーマ:

全国高校写真選手権大会「写真甲子園」(実行委員会主催)の近畿ブロック審査会が大阪市であり、和歌山県田辺市文里2丁目の神島高校が4年連続で本戦出場を決めた。

同校は昨年初めて本選で優勝。

生徒は「2連覇を目指して頑張りたい」と意気込んでいる。

 応募のあった513校のうち、初戦審査会を通過した80校が全国11ブロックの審査会に進出。

各校の生徒3人が8枚の組み写真をスクリーンに映し、作品への思いを発表した。

 近畿ブロックには10校が出場、2校が本戦に選ばれた。

神島のメンバーはいずれも3年生の松下莉子さん(17)、平阪瑠菜さん(17)、岡田あかりさん(17)。

松下さんと平阪さんは昨年も写真甲子園に出場している。

田辺市中辺路町温川で暮らす住民を撮影した作品「山里日記」について発表し、審査員の写真家からの質問にも答えた。

 本戦は7月31日に北海道東川町で開幕。8月1〜3日の3日間、3人一組で日替わりのテーマに沿った組み写真を提出する。今年は大会25回目を記念し、例年よりも1校多い19校が出場することになった。

 

【写真甲子園の本戦に出場する(左から)平阪瑠菜さん、松下莉子さん、岡田あかりさん】

写真、記事共に紀伊民報(AGARAより転載)


テーマ:

元高校球児が再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」の和歌山県予選が開幕した。

田辺市とその周辺で唯一出場の田辺高校OBチームが予選リーグで2勝し、準決勝へ進んだ。

準決勝と決勝は7月8日、和歌山市の紀三井寺球場である。

マスターズ甲子園和歌山支部が主催した第1回の記念大会。

上富田町朝来の上富田スポーツセンターで開幕し、田辺や新宮など11のOBチームが4ブロックに分かれて予選リーグ戦をした。

硬式球を使った9イニング制。

5回までは34歳以下の選手(35歳以上も出場可)、6回以降は35歳以上の選手で戦う。

 田辺OBチームは、初戦で箕島のOBチームに17―10で勝った。

3回に大量12点を挙げ、場外ホームランも放つなどして打撃戦を制した。

2戦目は御坊商工(紀央館)OBチームに8―2で勝った。

 田辺OBチームは、18~57歳の45人を登録。

1995年夏の和歌山大会で優勝した時の監督・愛須貴志さん(57)=串本古座高校校長=が監督を務める。

 95年の甲子園出場メンバーでもある野田諭主将(39)は「世代間の交流になっている。準決勝で勝てたらいいが、OB会のつながりをいい状態で継続していくことが一番大切だと考えている」と話している。

 準決勝に進んだのは田辺のほか、耐久、日高中津、市和歌山のOBチーム。

田辺OBは耐久OBと対戦する。

優勝チームが甲子園球場での本戦に出場し、11月11日に徳島県代表と対戦する。

 

紀伊民報(AGARAより転載)


テーマ:

Less is moreの新しいコンサートが決まりましたのでお知らせします。

素晴らしい演奏を生で聴いてみませんか?

東京藝術大学の学生により2016年に結成されたLess is more  
和歌山の世界遺産、熊野からインスピレーションを受け、現代音楽と日本の美しさをコラボレーションさせた今までに無い新しい音楽を奏でます。
過去、東京にて10回以上のライブを精力的に行い2018年11月2日にニューヨーク公演も決定しています。

是非楽しんでいただけますようご案内いたします。

 

「Living young Artist~貫禄のない音楽会~」 

7月19日(木)

渋谷 リビングルームカフェ
19:30開始


チケットはeplusで申込・購入が出来ます。

チケットはこちらから
 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス