ナニワヤ★ガミブロ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

スズキ/スイフト/ZC31S+BRIDE/ZETA4+スタンダードタイプ/S


毎度!1日140km通勤中の、NANIWAYAのガミさんです!

さて、本日はスズキ/スイフト/ZC31S+BRIDE/ZETA4 +スタンダードタイプ/S
取り付け風景をUPさせていただきま~す!


まずは純正シートです。


このお車にはサイドエアバックが付いておりました。

サイドエアバックが付いている場合、
基本的には警告灯が点灯するのを防ぐ為、
作業前にバッテリーのマイナス端子を外し、
5分程、放電させましょう!


さて、純正シートを止めているのはE10のトルクスボルトです。
前2ヶ所


後ろ2ヵ所


シートを固定しているボルトを外したら、シートを傾けて、
シートベルトキャッチ、サイドエアバックのカプラーを外します。


カプラー外したら純正シートを車外に出します。

シートを外したフロアです。



続いてサイドエアバックキャンセラー の取り付けに入ります。

国産車の場合、ほとんどが2本しか配線がありませんので、
2本にブリッジ結線いたします。


通常はエレクトロタップが付属しておりますので、
そちらを使用して頂いた方が簡単なのですが、
接触不良や、エレクトロタップ自体のサイズが大きいので
直接配線に取り付けてハンダにて固定します。

出来たら消灯の確認をします。



消灯の確認ができたら、
仕上げに絶縁テープでしっかりと固定します。

カプラーの端子部分は万が一の事を考えて、
絶縁テープでカバーしてしまいます。


取り外した純正シートからシートベルトキャッチを外します。
シートベルトキャッチは14㎜の6角ボルトで固定されています。


後は純正シートから外したシートベルトキャッチと、
組んだシート、シートレールを合体させたら完成ですが、
後方の2カ所の固定は取り回しの関係上、
付属の6角ボルトを用いて固定となります。


各所を増し締めして完成です。

ポジションダウン量は、純正シートのハイトコントロール最下端時に比べ
座面がおよそ40㎜ダウン、腿部は20㎜ダウンとなり、
スライド量に関しましては前方はおよそ50㎜減少、
後方はおよそ60㎜の増加となりました。

ご利用頂きありがとうございましたm(_ _)m


【ギャラリーはコチラ】
http://www.bride-showroom.jp/gallery/gallery_link/suzuki/zc31_20200620_1/index.html








カー商品&カー用品通販のナニワヤ!
バケットシート・フルバケット・セミバケ・シートレール・
車高調・電子パーツ・追加メーター・ハンドル・
自動車マフラー・ブレーキパッド通販のNANIWAYA!
カー商品&カー用品通販のナニワヤはこちら!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>