勉強が苦手なあなたを応援!宅建試験最短合格講座



 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

心からのお願い

こんにちは、松村です。

合格発表が終わった直後から
合格できなかった方たちから

「もう、勉強やめたい。」とか

「宅建はあきらめます。」とか

いった内容のメールを何通か
頂戴しています。

気持ちは痛いほど、わかります。

あの辛い勉強を、来年、もう一度
やらないといけないなんて
考えただけでもゾッとしますよね。

でもね、私はそれでもやはり
宅建資格をとることを絶対に
あきらめて欲しくないって
心の底から思っています。

宅建試験に合格することが
どれほど、その後の人生を豊かに
してくれるかを知っているから
です。

ある、合格者は
「やればできるんだ」という
自信が手に入ったと言って
いました。

彼は高校を中退していて
自分は負け組っていう
コンプレックスがあった
らしいです。

でも、大卒の人でも簡単には
合格できない宅建試験に合格
することによって

そういったコンプレックスが
随分、やわらいだそうです。

また、ある合格者は
50代になってリストラされた
ものの、宅建があったおかげで
すぐに転職することができた
と言っていました。

もともと事務畑でキャリアを
積んできた方で、営業経験も
全くなかったそうですが

ご本人いわく、宅建を持って
いるという理由だけで
すんなりと再就職することが
できたそうです。

また、さらに別の合格者は
宅建資格を活かして不動産屋さん
として独立。

独立当初こそ、苦労されましたが
独立4年目の今年の年収は
サラリーマン時代の6倍程度にも
達する見込みだと言います。

すごいですよね。


なんか、とりとめのない話に
なってしまって申し訳
ありません。

でもね、どうしても知って
頂きたいんです。

宅建資格と言うものがどれほど
あなたの人生を豊かにする
ことができる可能性を秘めた
価値ある資格であるかを。

もちろん、勉強を続けるかどうかを
最終的に判断するのは、ご本人で
あることはよくわかっています。

私が無理にお願いできるような
ことではないですからね。

でもね、また、でもに戻りますけど
それでも言わずにはいられないん
です。

「絶対に合格するまであきらめて
はいけない」って。

しつこいようで恐縮ですが
私、松村の心からのお願いです。

 

 

無料レポート

「たった33ページこれだけ

宅建試験短期合格マニュアル」

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>