100、な、話し。2018 その11 | なにわフレンチびぎん、の、マスタの日記

なにわフレンチびぎん、の、マスタの日記

大阪ミナミの飲食店、〝なにわフレンチびぎん〟の、マスタの、ちょっとしたこと、綴ります。


テーマ:

8月の営業のご案内

今月は日曜日だけお休みします。

ので、

☆本日11日山の日祝日土曜日も通常通り営業致します!

☆来週お盆期間も営業致します!

みなさまのご来店お待ちしておりますね。

 

CM

8月20日から9月23日までのロングラン開催!

夏の終わりの蝦夷鹿と脂の乗った淡路の鱧のコース

 

CM

“真夏のプチ晩ご飯” やってます!

お気軽に普段使いにどうぞ!

 

8月11日土曜日

 

晴れ、

山の日、

山に行かんとな、本日山の日祝日は、

びぎんやってます!

お席も空いてございます!

な、

本日はとうとうお盆休みも本格的に始まったみたいで、

びぎんの近所の飲み屋さんは休み突入モードで、

びぎんは明日日曜日が休みだけで、来週お盆ウィークも元気に営業で、

今朝は、買い物帰りに麺松屋パート2の前を通ったら、なんと、麺松屋パート1のおばちゃんが居たりして、(笑

リニューアル工事期間限定の出張働きかな、

で、

結局、ボクが選んだのは天政で、肉そばネギ多いめね、430円で、

 

 

比べてみればやっぱ天政。

納得のお味やね、

 

CM

売り切れてました、あやなんちのホワイトショコラ。

再入荷致しました!

 

 

とんでもない甘さは、正しく、ホワイトショコラで、

 

 

年間で食べてもらえる期間は1か月ない訳で、

みなさんに食べ頂きたいびぎんの食材のひとつです。

 

 

そんな訳で、昨日の賄いも結局麺で、

昨日は、ローストチキンを乗せた、

ローストチキン冷しおろしそばで、

 

 

赤いのは一味で、ぶっかけタイプで鶏の香ばしさが生きた、なかなかナイスはそばになりました。

そんなナイスなそばを食べた昨日の営業は、スタッフのちはるちゃんが帰った後、後半戦がバタバタで、

いや~ ぎょうさん、作られせてもらったわ~

で、

日付が変わる頃、よ~~し、ここで一発気張って深夜ワラーチランに出掛けるど~

だったんですが、

さすがに、昨日はそんな元気が残ってなくって、

久しぶりに近所のホテルのサウナに行って、のんびりゆーくり入浴で、

サウナ上がりに、コンビニで、

 

 

そんで、うろうろ徘徊して、見付けた焼き鳥屋さんへ、

入り口はふつーだったが、中が・・・

 

久し振りに、やばいかも、って、感じたお店で、

お突き出しは、史上最低クラスで、

 

 

ちゃんと、ビールも飲んだし、焼き鳥も食べたよ、

ただ写す価値がないとは、言わへんが、写す気持ちにならなかっただけで、

何も悪くない店で、ボクとの相性が悪いだけで、

お客さんはどんどん入って来はるし、

ほんと、悪いお店ではなくって、

ただ、どんまいなだけ、

で、

直ぐに退店。

 

こんなことなら大人しくトリキに行けば良かったわ、

で、

徘徊は続き、

ふと見付けた、

まえ~~に、来たことがある、24時間眠らない立ち食いうどん屋で、

深夜帯はお客さんのほとんどがタクシーの運転手さんで、

ボクが見ただけやど、天ぷらうどんがよく出ていて、支払いは万札で、両替目当てな感じで、

お店のおっちゃんは、ほぼおじいちゃんで、

日本のおじいちゃんおばあちゃんは元気だな、

で、

ボクは、珍しく、スタミナそばで、

 

 

天ぷらは熱々のお出汁に寄って膨れ上がり、丼鉢の表面を全て支配して、

 

おじいちゃんが出汁に使った昆布を切ってはって、

そに昆布は佃煮になるんだろうな、

で、

やるな、ここ、

って、ことで、その佃煮が食べてみたくて、

おにぎり追加。

 

 

佃煮、すごく美味しかったよ、

で、

いやはや、オレってとこまで麺好きなんだろう、で、今朝の朝麺に続いた訳で、

本日、祝日ではありますが、びぎん、営業しております!

 

ではでは間が空いてしまいましたが、

高野山・龍神温泉ウルトラマラソン2018な、続きを綴ります、

 

レースは後半戦突入で、カレーライスが食べられなかった後の話です。

 

68.9キロでのカレーライス売り切れマスタ・・・事件で被害にあったことを引きずってる余裕はなく、気持ち切り替え、JTB主催の大会では、こういう事態も考えられると思い、万が一の為に用意してあった、おにぎりと菓子パンとカルピスウォーターを摂取したボクは、17.4キロ先の次の関門に向かった訳で、

 

雨は小雨、山頂付近は霧が濃く、気温は暑くなく、寒くなく、ちょうどよかったけど、イカンセン湿度が高く、かなり高く、きっと100%な湿度で、

護摩壇山な頂上からゴールの高野山までは下り中心で、下り中心なだけで登りもあって、

ボクはカッパを羽織って走り出したが、直ぐに小雨は止んでカッパを脱いで、ベルトにはさんで、を、2回繰り返し、ボクのお尻からは長いカッパの尻尾が出ていて、

余談だが、このウルトラレース、ボクはスタートからゴールまでずーーっと、カッパと共に走ってたんだよね、カッパを持ってなかったら、着替える時間を含めて、3分は短縮出来たと思う、

 

で、次の関門までの、下りは飛ばせたね、

70キロ走った後だったが、飛ばせた、飛ばせた、

キロ5分を切る、スピードで、すんごい気持ちがよかった~

 

下りを飛ばしたけど、不思議と、しんどいことはなかった、

あっぱれボク。

どんどん抜いたし、ほんと、気持ち良かった~

 

 

下りで飛ばせたことも嬉しかったが、

下りは計算通りに走れたことが嬉しかった。

 

しかし、前半の遅れは取り戻すことは出来ずに予定を大きく上回って目的に関門エイドステーションに着いた、

 

足の調子が悪くなっていた、たぶん、ストライドを広げて下りを飛ばしたからである。

 

負け惜しみではなく、言い分けでもなく、

ボクのブログは記録でもあるので書かせたもらうと、

痛かった。

痛い箇所は同じで、体重を左足に乗せると痛く、自然と左の着地時間が短くなって、だんだん右足の負担が掛かり、右も痛くなったら、終わりだったが、お陰様で、右は痛くならなかった、

 

80キロを超えたくらいから、軽く空腹感を感じた、エイドで補給しようにも、コースを進むにつれてエイドはだんだんと、アレレ・・・ まだ走ってはるのに、もう店じまい??な感じになって行き、スポドリは消え、昨年あった梅ドリンクも消え、あるのは水と塩と、どこかの会社の協賛の割れ割れなチョコレートで、それ以降のエイドステーションも、同じで、水塩チョコレートの繰り返しで、

贅沢言ってる訳ではないが、大会参加料を考えたら、もう少し、なんか食べるもんが欲しかったかな~、で、あった、

 

後半の後半、他のランナーさんと話をしながら走った、得意の、“ナイスランですね~作戦” で、あった、話していると情報も集まるし、楽しいし、気が紛れたりして、楽になったりする。

そんで、いろいろと話をしてたら、エイドの話になったりして、水とチョコレート以外に欲しいですよね~ばなしになり、エイドステーションが見えて来たら、またチョコレートですよね、って、苦笑しながらエイドステーションに着いたら、やっぱ、チョコレートだ・・・・ で、ある意味期待を裏切らないエイドステーション、で、実に、高野山・龍神温泉・チョコレートウルトラマラソンな感じであった、

 

エイドステーションの方々にはほんと感謝である。お天気の悪いなかボク達を待ってくれてはる。応援のお言葉も掛けてくれはる。ありがたい。あるエイドの方なんか、チョコレートばっかりでしょ・・・、と、申し訳なさそうにゆうてはったりした、反対にボクが気を使ったりしてチョコレートを沢山食べたりした、

 

いっそのこと、出走代を安くして、水と塩とチョコレートしかないですからね!食べたかったら、持参して走ってね!と、謳ってくれてるほーが良かったかも、ね、

 

その頃からか、

リタイヤ者を乗せたまんちくりんバスがボクの横を通り過ぎて行った、

なんど、見ても、でーーーーったい乗りたくないバスである。

 

おかげさまでボクは、過去一度もリタイヤなバスに乗ったことがない、

ラッキーなことに乗らなくて済んでる訳ではない、

乗らないよーに、バスが追っかけて来たら、走って逃げる。

仮に、ボクの横にバスが止まって、乗りなよ、クーラーも効いてて、楽ちんだよ、って、誘われても、きっぱりと断る。

バスに乗る為に練習して来た訳ではない。

 

 

何百人もの方が走っていたが、ここまで来れば、まばらである。

 

実に孤独で、

 

これが自分との闘いで、

 

ひたすら走る。

 

 

前回に比べて、正直、余裕があった、

写真も撮る余裕があった、

足は痛かったが、

前回ほどしんどくはなかった、

速い人に比べたらのろまだったが、余裕はあった、

 

あと、5キロ、

 

あと、5キロやわ、って、LINEした、

ら、

がんばれ!

て、

返事が返って来た、

 

しんどいわ、って、LINEしたら、

気のせいや!

って、

返事が返って来た、(笑

 

 

明け方から、すでに95キロ走ってんもんな、

自分でもびっくりするわ、

 

最後の関門は、96.5キロ地点、

通過した時、ジーンと下半身が痺れるよーな感じになった、

結局、余裕って、ゆう時ながら、ヘロヘロだったんよね、

 

あと、3キロ、

ゼエハアはなかったが、

歩るいてもうた、

少し歩いてた、

が、直ぐに走り出した、

が、

また歩いてもうて、

また走り出した、な、繰り返し、

 

前回同様、ここでコケて動けんよーになったら、

記録は97キロ

 

完走しんと、ゼロと同じ。

ではないのは分かるけど、

ボクにとってリタイヤはゼロ。

完走はしたい。

歩いてでも、完走したい。

走るスポーツなんけど、

姑息な考えかもやけど、

歩いてでも、

でったい完走はしたい。

制限時間内に、完走したい。

まあ、ボクのウルトラマランへの考え方ね、

 

あと2キロでまた歩き出した、

言い分けなしの、根性なしで歩いた、

走ろうと思えたら走られたかもしれんけど、

それは今思えることで、

実際にはその時、歩くことを自分の意思で選択した訳で、

 

足が痛かったのは事実で、

でも、

後半の後半の後半に痛かっても、へっちゃらだった、

前半ならヤバかった、と、思うが、

これくらの痛みなら2キロくらいどんなことしても進める。

 

それから走った、

 

あと、1キロ、

 

あと、400メートル、

 

高野山大学が見えた、

 

嘘みたいに速く走られた。

 

明るい間にゴール出来たが、

目標より遥かに遅いタイムで、

前回よりもコースが優しくなってた分、少しはタイムが上がるかな、だったが、

なんのなんの、前回より20分も遅かったりした、

 

 

制限時間ギリギリ、

では、なかったが、

ほぼギリギリで、

前回完走してからあんなに練習したのに、この有様で、

 

でも、

嬉しかった。

やっぱ、完走は、嬉しい。

すごく嬉しかった。

 

前回みたいに泣かんかったけど、

泣いた時と同じくらい嬉しかった、

 

日本屈指の山のウルトラレース。

虫歯さけ気にならなければ、チョコレートは食べ放題。

いろんなことを覚悟をして挑むなら自信のつくレース。

沿道の応援者は居ないけし、途中寂しくなるし、完走しても、自慢出来ないかもやけど、

 

ボクはこの大会、第3回目があるのなら、走ろうと思っている、

 

ゴールしたら、足の痛みは消えていた、

こんなもんである、(笑

 

つづく、

 


レストラン・飲食店ランキング

 

なにわフレンチびぎん、への、ご予約お問い合わせ、は、 0662111240 まで、または、naniwa.french.begin@gmail.com
ご予約メールは、お名前と電話番号をご記入くださいませ♪

たまーに、行う、イベント等のご案内、
当店、びぎんより、お客様に、メールにて差し上げております。ご希望の方は、下記アドレスまで、お名前、お電話番号を、ご記入の上、〝案内、おくって〟と、の、お題にて、メールを頂ければ、幸甚でございます。       

naniwa.french.begin@gmail

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス