わんこそば そば処 東屋 高島屋にて | なにわフレンチびぎん、の、マスタの日記

なにわフレンチびぎん、の、マスタの日記

大阪ミナミの飲食店、〝なにわフレンチびぎん〟の、マスタの、ちょっとしたこと、綴ります。


テーマ:


 

   応援クリックお願い致します!

          ↓

レストラン飲食店、人気ブログランキングへ

 


 

5月25日火曜日

 

 

時間がないん、

 

すこぶる時間がない、

 

 

 

あわてて、更新、

 

 

 

 



 

そう、

昨日の続き、

 

 


朝までやっちゃった、

 

 

その日のこと・・・・・

 

Img_2603

 

 


ひょうろくから、無事、びぎんに戻って、

 

 


7時頃、に、就寝した。

 

 


就寝した、って、言うか、


 

 

バタン、って、倒れたって、言うか・・・・ 

 

 

次に目が覚めたのは、

 

 

11時過ぎ、

 

 

いつもの、派手な柄の寝袋も着て寝えへんかった、みたい、

 

 

パーフェクトな二日酔い、


 

って、

 

 

言うか、

 

 

まだ、こりゃ、酔っ払ってる、

 

 

頭は痛く、胃が、ムカムカして、

 

 


最高の、目覚め、

 


 

 

このまま、寝てようかとも、思ったけど、

 

やらなアカンこともある、

 

鉛の様に重たい心と体を動かして、

 

とりあえず、パソコンに向かって、ブログを書き出した、

 

画面には、ケンちゃんとこで、飲んだ、ヱビスビールが呑気に映り、二日酔いのボクにとっての、罰ゲームのようで・・・


 

 

 

その上、仕込みも、少しあって、なんとか、鶏ハムだけ、マリネした、味見のある仕込みは無理・・・

 


 

注文も、サッと片付けて、

 

 


どうしても行かな、アカンとこもあった。

 


 

 

なんで、


 

今日に、してしまったのか、

 


 

明日、月曜日でもいいんやけど、明日は、朝から用事もあり、月曜日は、仕込みも多いので、行かれへんから、

 


 

今日のランチに行こう、って、決めていた。

 

 

 

 


ここ。


 

 

 

高島屋の催事会場。


 

 

岩手県の物産展。

 

 


 

〝わんこそば そば処 東屋〟

 

Img_2637

 

 

会場に着いても、当然まだ、二日酔いで、

 

ほんまに大丈夫なん?って、自分に聞いてみた、

 

Img_2640

 

その上、会場は、沢山の人で、食券を買うのにも、並んで、

 

わんこそば、コーナーは、待ちが出来てた、

 

Img_2610

 

 

 

僕も並び始め、

 

軽やかに、そば、を、碗の中に入れていきはる、オネエサンの姿にうっとりしてたら、

 

Img_2642

 

 

あっ、

ボクの前に並んでた、大男、

 

知ってる人やん・・・・

 

相変わらず、近くで見ると、濃い顔で(笑

 

この、そば好きの、大男にまさか、ここで、会うとは、思わへんかったわ、(笑

 

 

 

 


待つこと、10分、

 

席に案内された、

 

 


もう一回、自分に聞いてみた、 


 

 

お前、ほんまに、お腹減ってんか?

 

って、

 

ぅ、うん、、、

 

って、

 

男には、通らなアカン道もあるねん、って、

 

 

ひとり芝居してたら、

 

Img_2620

 

 


どんぐり眼の、可愛いいオネエサンが、わんこそばの食べ方を説明してくれはって、

 

 


いよいよ、やね、って、思った。


 

 

マスタ、どこも悪くないのに、

 

 


既に、冷や汗かいてたよ、

 

 

 


 

用意されたのは、

 

お箸に、紙ナプキンに、

 

一杯のお水。

 

Img_2621

 

 

 

薬味は、3種。

 

鶏肉の炊いたの、

 

大根オロシに、ナメタケ、

 

と、 

 

海苔。

 

Img_2625

 

 


そして、

この黒い碗が、

 

おそばを入れるところ、

 

 

蓋を取れば、

 

薬味がちょろっとで、

 

Img_2628

 

 


ネギは、多い目でも、ええかな、って、思った。

 

 

 


 

で、 

 

蓋を取ったら、

 

はじまるの・・・ 


 

Img_2630

 

 


どんぐり眼のオネエサンは、軽やかに、マスタに、付きっ切りで、おそばを入れてくれはるの、

 

 

 

これが、

 

記念すべき、一杯目。

 

Img_2632

 

 

 

以外と、少なくて、安心した。

 

これやったら、案外食べられるかも、

 

一杯目、口にした。

 

 


うん、

 

美味しいよ。

 


 

ボク、わんこそば、って、ざるそば、みたいに冷いって、思ってたんよ、でも、このわんこそばは、温かく、麺はちょっと、柔らかいめで、

お出汁は薄めで、

 

 

 


おねえさんが、軽やかに、合いの手を入れながら、小さい声で、掛け声しながら、おそばを、碗の中に、入れてくれはるの、

「さぁ、どんどん、」とか、「もひとつ、」とか、

 

 

 

時折、「お客様、何杯いかれましたよ~」とか、褒めてくれはるの、

 

 

 


マスタは、もう、最初から、冷や汗で、

 


 

まじで、30杯で、止めて、あきらめようって、思ったよ、

喰えんねん、、、

 

 


 

食べるスピードもテレビで見たより、すごく、ゆっくりで、薬味を楽しみながら食べてたら、

 


 

どんぐり眼のオネエサンが、お客さん、馴れてらっしゃいますね、何回目ですか?わんこそば、食べはるの?って、聞いてきたから、

 

 

 


いやいや、ただ、二日酔いで、体調が、悪いだけなんです・・・

 

 

とは、言えず、

 

はい、

初めてなんですけど、美味しくて、味わって食べてるんですよ、って、言った。

 

 

 


途中、何回か、座ったまま、背伸びしてみたり、ベルトを緩めてみたり、

 

お水も少し飲んだ、

 

ゆーくり、食べていった、

 

 

知り合いの大男が、お先~、って、帰って行きはった、 

 

どえらい量のわんこそば、食って、満足そうな、笑顔やったわ(笑 

 

さすがや・・・・

 

 

 

 

 


もう、

 

マスタ、

 

ギブ、って、思った瞬間に、

 

 

 


60杯で~す、って、オネエサンが、褒めてくれはった。

 

 

 

褒められても・・・・ って、感じで、

 

 

褒めてもらった分、もう少しがんばろうと、

 

 

意識モウロウと、食べ続け、

 

 


「お客様、90杯~、」って、言われた時は、マスタ、たぶん、青かったね、

 


 

 

 

91、、92、、93、、、、94、、、、、って、頑張って、

 


 

 

100で、力尽きよう、って、決めた。

 


 

 

あと、6杯・・・・・


 

 

 

の時に、

 


 

突然、

 

 


どんぐり眼のオネエサンから、僕の担当が、他のオネエサンに変わったんよ。


 

 

 

95、、、、、、、

 


 

 

念の為に新しくボクの担当になった、オネエサンに、聞いた、


 

あの~、僕、今、何杯ですか?って、聞いた、

 

 

 

えーと、

 

 

89杯です、って、

 

 

 

 

 

 

 

 


ええええーーーーーー!!!!!!!!

 

 

減ってるやん・・・・

 

 

 

 

どないせいっちゅうねん・・・・・・

 

 


もう、

 

マスタ、頭の中も顔色も、真っ白になったね、

 

 

だれも、悪くない。

 

 

 

 


自分を励ますのは、自分しか、いない。

 

 


ファイト、


 

 

 


 

 

 

90、91、、、、92、93,、、、、

 

 

 


 

94、95、96、、、、、、97、

 

 

 

 

 

98、、、、、、

 

 

 

 

 

 


 

 

99、100・・・・・・

 

 

 

Img_2633

 

 

 

 

完全燃焼。

 

いや、

 

不完全燃焼、

 


 

 

 

 

 

コメントをくれはった、あみさんの102皿に届かず・・・・

 

 

 

 

マスタ、情けない・・・・・

 

 

 

 

もう、一回、一から、出直すね、

 

 

Img_2636

 

 


マスタ、ファイト・・・・・

 

 

って、

 

 

つぶやきながら、

 

 

帰った、よ、

 

 

 

 

お忙しい中、いつも、お読み頂きありがとうございます!

応援クリック、お願い致します。

  ↓

人気ブログランキングへ


 

 

いつも、応援して頂きありがとうございます!

旧ブログは、こちらから、ご覧いただけます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス