2013年04月27日(土)

『役たたず、』

テーマ:エッセイ・随筆とか
GW突入。
今年は勤務先オフィースが移転することもあって、飛び石の平日も休業。10連休。何しよう・・・。

『役たたず、』  石田千/著、 光文社新書(2013)

連休の初日は、朝寝坊して、起きてマンガを読んで、ミステリを読んで・・・、いつもと変わらない休日。


今週の初めに読み終った本書。

“役立たず”作家の視点からの風景が綴られたエッセイ。


久しぶりに、次のも読み続けたい! 過去作も読みたい!と思える作家に出会った。 石田千。


取りあげる題材が、モノの観方が、世間に対する感覚が、凄く合う。

文章のテイストが、行間の雰囲気が、言いまわしが、実に心地良い。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月21日(日)

たまには純文学??

テーマ:読みたい・・・(未読本倉庫)

中学生の娘がブック・オフで買ってきた文庫本。


酔って候<新装版> (文春文庫)/文藝春秋
  通勤電車の中でサラリーマンのオッサンが読んでる本だ。。。

阿部一族・舞姫 (新潮文庫)/新潮社
  森鴎外・・・? こんなの読むのか??

斜陽 (新潮文庫)/新潮社
  そして太宰・・・。そういや、この前も、『人間失格』を読んでた・・・なんでだ?


↑私はどれも読んだことがない。特に、国語の教科書に出てくるような作家のなんて・・・。



今、娘に借りた『黒子のバスケ』を読んでる・・・。・・・奇跡の世代・・・、面白い(*゚.゚)ゞ。

黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)/集英社


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月21日(日)

『作画汗まみれ』

テーマ:エッセイ・随筆とか

『作画汗まみれ 改訂最新版』  大塚康生/著、 文春ジブリ文庫(2013)


「文春ジブリ文庫」だと。


日本のアニメーションの創成期から活躍したアニメーター氏の回顧録と少しの提言。


アニメーションを創る人達の、創作者あるいは職人として個人が持つ苦労と楽しみ、組織人として在るべき立場、それらの併在がもたらす矛盾、矛盾を受け入れつつ好きなことを仕事にし続ける姿、そんなことが良く描かれている。


どの分野でも、パイオニア的存在の一家言には説得力がある。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月14日(日)

『知の逆転』

テーマ:自然科学とか

『知の逆転』 吉成真由美/インタビュー・編、 NHK出版新書(2012)


勤務先の同僚から借りて読んだもの。ありがとうございます。


インタビュー集。その相手が凄い。


ジャレド・ダイアモンド

ノーム・チョムスキー

オリバー・サックス

マービン・ミンスキー

トム・レイトン

ジェームズ・ワトソン  ・・・っつう、世界的知の巨人たち6人。



J・ダイアモンドは、その著書 を幾つか読んだことがある。最近も最新作が翻訳出版された。

進化生物学などを基礎とした文明論の権威だけあって、非常にバランスの取れた考えに基づいた受け答えをしているように感じた。


N・チョムスキーは、アメリカ人でありながら、アメリカの帝国主義に対する批判を声高に行う過激なオジサン。こういう学者を輩出するアメリカの懐の大きさ・・・。


オリバー・サックスは脳神経科医。この人の著作 も1作品だけだが読んだことある。

若い人に勧める推薦図書を丁寧に挙げてくれるところが好印象。


M・ミンスキーって方の記事には惹かれるところがなかった。。。


本書中で、一番興味を持ったのが、トム・レイトンって方。

MITの応用数学の教授で、ネットワーク・アルゴリズムだとかサイバー・セキュリティーだとかの分野で世界的にも相当のシェアを持つ“誰も知らないインターネット上最大の会社”=アカマイ・テクノロジーズ社を創設した人物。会社設立までの過程がユニークで、その話し方も謙虚。


J・ワトソンは、DNA二重らせん構造の発見者の一人。この人の著作も昔に読んだ覚えがあるが、やけに威張った人って印象しか残っていなかった。このインタビュー記事を読んでもあまり印象は変わらないな。


インタビュアーの吉成さんて方は凄い才媛。今後の活躍に期待。

サイエンス・ライターとして、多くのオモシロ科学本に関わってほしい。


ところで、読み終っても本書タイトルの意味が解らん?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月13日(土)

【海外ミステリー作家別目次】を更新

テーマ:メモランダム

久しぶりに 【海外ミステリー 作家別 目次】  を更新しました。


ずいぶん溜まってたから編集するのが大変だった・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年04月12日(金)

『夜に生きる』

テーマ:ミステリーとか

昨日は仙台出張。「はやぶさ」なら大宮から1時間半も掛からずに仙台まで行ってしまう。だから当然日帰り。

で、その仙台では、空き時間を使って、文春文庫の新ブランド「ジブリ文庫」の1作『作画汗まみれ』を購入。

出張のたびにその地の本屋に入らずにはいられない。へんな癖だ。

そういえば、広瀬通りに面した本屋を見付けたんだった。チェーン店ではなさそうだった。いつか入ってみなければ。。。



さて、仙台出張の新幹線の中で読んでたのが、このルヘインの新作。今週の初めから読みだして、新幹線車中で一気に読み進めて、本日読了。

LIVE BY NIGHT (2012)
『夜に生きる』 デニス・ルヘイン/著、 加賀山卓朗/訳、 ハヤカワ・ポケット・ミステリ(2013)


昔からアメリカン・ミステリ小説の一つのカテゴリにギャング・ストーリーがあって、本作もそんな中の一つ。

禁酒法時代のボストンで育った若き無法者が、敵対組織のボスの情婦に惚れて・・・・、抗争や裏切りに巻き込まれて・・・・、刑務所での囚人時代を経て・・・・、出所後は次第に才覚が認められ・・・・、やがてボスに成り上がり・・・・、その後・・・・、という物語。

能書きなど述べる必要の無いくらいのオーソドックスさ。


まあ、ギャング・ストーリーはどれもだいたい似たような話になるが、それでも一流の作家が書くと面白くなる。

使い古されたプロットでも、魅力的な人物と人間関係が描かれていれば充分新たな気持ちで読める。

ストーリーがシンプルなだけに、余計、人物描写で読ませる作品になるのだろう。


ギャング・ストーリーの新たな傑作。

お薦めです。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年04月06日(土)

『ビブリア古書堂の事件手帖4 栞子さんと二つの顔』

テーマ:ミステリーとか

『ビブリア古書堂の事件手帖4  栞子さんと二つの顔』  三上延/著、 メディアワークス文庫(2013)


人気シリーズの4作目。このシリーズは勤務先の同僚に借りて読んでる。毎度ありがとうございます。


これまでとは違い長編だったこと、江戸川乱歩を扱っていること、本シリーズで最も謎多き人物=篠川智恵子の登場、ってことで、個人的にはシリーズ中で一番面白かった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月02日(火)

『理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性』

テーマ:なんでも読んでみよう


『理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性』 高橋昌一郎/著、 講談社現代新書(2008)



過日読んだ本 との関連で本書を読んだのだが、こちらの方が簡潔。

日本語プロパーの著者が書いたものだから当然読み易い。


序 章: 理性の限界とは何か

第1章: 選択の限界

第2章: 科学の限界

第3章: 知識の限界


アロウの不可能性定理が、囚人のジレンマ、ナッシュ均衡などと関連付けられている箇所はイメージ的に判りやすかった。


2作続けて“不可能、不確定、不完全”に関係する新書を読んでみた。

で、結局、ヒトが持てる知性・知識には限界があるんだったことが何となく判ったりするが、個人的にはそのような「限界」には到底近づくことも出来ない訳だから、日常には全く影響ない。

だが、そのようなことを知ると(知ったつもりになると)、なぜか、大局観と細部に拘る眼、諦念と矜持、それらを併せ持つことが大事なんだなァなんて思っちゃう訳だ。。。


お薦めです。



この著者の他のも読んでみようかな???

知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性 (講談社現代新書)/講談社

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)/講談社

ゲーデルの哲学 (講談社現代新書)/講談社

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。