やり取り | 先天性難聴者の喜怒哀楽とドリームライン

先天性難聴者の喜怒哀楽とドリームライン

難聴は見えない障がいの為、外観からではなかなか気づきにくいのが現状です。


テーマ:
先日、職場で重度難聴者にお会いする機会があり、
手話で多少のやり取りをしました。

職場で手話を使う機会はほとんどないだろうと思っていたので、
お役に立てる時が来たのかなぁと感じた所です。

nanchosyaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス