【節約】レンチン♪蒸しナス&タレのレシピ【簡単】【時短】 | アッコさん家の彩りレシピ~簡単プチリッチな食卓~

テーマ:

 

 

 

 

皆様、こんばんは。

 

料理家&クリエイターの豊田亜紀子です。

 

本日は、日曜日ですので

基本的にはブログはお休みです。

 

なので、気軽なレシピだけ・・・

 

先日もナスのレシピでしたが

本日もナス。

 

昨日のブログでも書きましたが

息子の受験の件で、

私、本当に心臓と胃が痛いのですよ・・・

 

なので、脂っこいものを

胃が受け付けない状態になってるんです。

 

だから、ナス!(笑)

 

でも、今も子供たちが

このレシピのナスを食べてるんだけど

副菜としてはサッパリ食べやすいですよね。

 

『レンチンで1品!』は

やっぱり主婦にとっては魅力的なんです。

 

飾り包丁もピーラーで付ければ簡単です。

 

ちょっと飾り包丁を入れるだけで

食卓が上品なイメージになるでしょ?

 

アッコさん家の彩りレシピ

~簡単プチリッチな食卓~

 

は、こういう所だけは妥協しないんです。

 

レンチンで簡単に作ったものでも

絶対に下品に見えないように気を付けるの。

 

我が家の今晩の晩ごはんのメインは

鯛のカルパッチョに

私がレシピ開発した某お肉料理の試作品。

 

そのレシピについては後日ご紹介しますね。

 

んで、副菜がこの

レンチン♪蒸しナス&タレ

だったわけ。

 

あとは、ごはん&味噌汁&トマトサラダ。

 

ちょっとした定食メニューです。

 

まずは、『レンチン♪蒸しナス&タレ』

のレシピをご紹介しておきますね。

 

 

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

 

 

レンチン♪蒸しナス&タレ

 

 

 

<材料 小鉢4人分>

 

●ナス 3本

~タレ~

●めんつゆ(4倍凝縮) 大さじ2

●ごま油 大さじ1

 

<下準備>

 

①ナスはよく洗ってからヘタの部分と逆の先端部分を少し切り落としてから均等な距離感で3本づつピーラーで縦方向に皮をむいていきます。

 

<作り方>

 

1.下準備①のナスを7㎜幅程度の輪切りにして水に10分ほどさらしてアク抜きをします。

 

2.耐熱皿に1を平らに並べてラップをし、500Wの電子レンジで5加熱します。その後、ラップをはがさないでそのまま5分置いて蒸らしておきます。

 

3.タレを作ります。

小さめのボールにめんつゆ(4倍凝縮)とごま油を投入してよく混ぜます。

(※お好みでしょうがの擦りおろしを少々加えてもOK!(分量外))

 

4.器に2のナスを並べて3のタレを回しかけます。

(※お好みでかつおぶしや白髪ねぎを添えてもOK!(分慮外))

 

<ポイント>

 

(※1)加熱のし過ぎはナスの型崩れの原因になりますので注意して下さい。それとアク抜き作業はやらないとタレが紫色に染まってしまって見た目を損ねますので注意して下さい。

 

 

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

 

 

まあ、注意書きのように

しょうがの擦りおろしだとか、

かつおぶしや白髪ねぎとも書きましたけど

逆に何も無しで食べると

ナスの天然の甘味を味わえるので

私は何も加えない方が好きだったりします。

 

これにビールでいいや、って感じ。(笑)

 

しっかし、私の料理ブログも

こんな風に気楽にやっているわりには

いろんな場所でレシピをご紹介して頂けて

うれしい限りです。

 

この2カ月くらい、

料理関連で頭を抱えることに

巻き込まれていたので

動画制作のテンションも一気に下がっちゃったんで

今週は動画は思いっ切りお休みしました。

 

今、だんだんと

自分のテンションを上げているところ・・・

 

次回作の企画はもう決まっているのでね。

 

作るだけなんだけど

動画を作った後の自分の身の振り方まで

考えなくちゃいけなくなったので

けっこう悩んじゃってます。(笑)

 

でも、お知り合いの方を介してまた

素敵な出会いの機会を戴けたので

その日を楽しみにして

また動画も作りたいと思います。

 

それでは、今日はこの辺で・・・

 

明日からまた月曜日。

 

今週も頑張りましょうねドキドキ

 

あ・・・言い忘れましたが

今度から写真のロゴが筆記体になりました~♪

 

Akko's Pinkish Kitchen

これからもヨロシクお願いします!!

 

 

 

 




 

 

 

 

 

豊田亜紀子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス