入門指導!!前篇

テーマ:

先日、お世話になっている弁護士先生の事務所の若い先生(30歳位の女性)に入門指導を行う。

その事務所の代表の先生(私より少し年上)も、4年程前にルールから覚えて頂き、私とは年に数回のレッスンながら、他でも熱心に勉強され、今年初めに初段の認定をさせて頂いた。

 

私の入門指導の方法は、いつも同じ。

先ず、ルールの説明。

①黒から先に交代に交差点に打って行く。

②真っ直ぐの地点を全部囲めば相手の石を取れる。

③逃げ場所の無い所には打てない。しかし、相手の石を取れる時だけは、打って取る事が出来る。

 

ルール説明は、これでお終い。

次に、9路盤で私が黒を持ち、「マネ碁」をしてもらい、「アタリ」や「断点」などの説明をしながら終局まで打ち進め、「空間を囲むゲーム」という感覚を掴んでもらう。

 

次に9路盤で5子置いてもらい、実戦指導・・・

 

ここまでは何時もと同じ手順ながら、この日の生徒さんは初めての反応(・.・;)

「なるほど。連絡するのが大事なんですね!ここが断点だから守りますね!!」

 

隅の黒石一つが孤立したので「眼」の説明を簡単に。

「先ずスペースを広げて次に・・・」

「なるほど!!二つに区切ると取られない、という事でしょうか??」

「ほぉーー凄い!!!これだけの説明で、そこまで理解されましたか!!(*^_^*)」

 

5子、4子とも完敗し、

「先生みたいに理解の早い方は初めてです(^_^.)」

 

そこに顔を出された事務所の秘書さんが、ニッコリ笑って

「この先生、凄い方なんですよ(*^_^*)」

 

以下は後編に_(._.)_