あなたの絵を初めて見たのは

14年前

 

 

ある雑誌の切り抜きだった

あのときの衝撃

今でも鮮明に覚えてる

 

キャンバスいっぱいに描かれた

手を広げた飛行機少年

大胆な構図

圧倒的な迫力

 

堂々としていて

今にも飛び出しそうな勢い

 

 

しかし

どこか寂しそうな少年の表情

悲しさが漂う

おびえたようにも見える

 

私の胸に迫るこの感覚

一体なんだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの画集を買いに行った

その画集はすぐに見つかった

表紙はあの少年の絵だった

 

本屋で手に取ったとき少し戸惑った

こんな絵が気になるなんて

オレちょっとおかしいかな

 

 

画集を買って帰り

当時の彼女に見せたら

「なんか気持ち悪い」

それだけだ

 

 

 

あれから時は過ぎ

2018年の夏

 

静岡の美術館であなたの展覧会が開かれた

私は翌日の仕事をキャンセルし

1人で静岡に向かった

妻にも内緒で

 

 

静岡はあなたの故郷だ

とても暑かった

駅から離れた小さな美術館

平日だったこともあり

ほとんど人はいなかった

 

 

画集でしか見たことなかったあなたの絵

実物はとても大きかった

あなたが描いた本物の絵が

あの飛行機少年の絵が

私の目の前にあった

 

 

 

私はそれを見て

徹底的に打ちのめされたんだ

 

 

 

悲しさや寂しさという言葉で表現できない

感情を超えたものがそこにある

私は言葉もなく

美術館で一日中

あなたの絵から目を離すことができなかった

 

 

私が帰ろうとした時

片隅にいた見知らぬ若い女性

あなたの絵をじっと見ていた

そして口元を押さえ嗚咽しながら

ずっと涙を流していた

 

 

私も

本当は泣きたかったんだ

 

あなたの絵を見てると

それはもう悔しくて悔しくて

泣くのを必死で我慢しながら

ただ絵を見つめるしかなかった

 

 

帰りの新幹線で

いろんなことを考えた

 

なぜあなたは

あんな絵を描こうとしたのか

あなたの情熱はどこから来るのか

あの絵を描いてるとき

苦しくなかったのか

悲しくなかったのか

 

そして私が一番

あなたに言いたいこと

 

何も

死ぬことはないじゃないか

 

新幹線の中で私は泣いた

 

 

 

私のソンチョルというペンネーム

あなたの名前の一部をお借りしてる

あなたの情熱、ひたむきさ、朴訥(ぼくとつ)さ

ほんの少しでいい

私にわけてもらえたら

 

 

2019年スペインのマドリードで

あなたの展覧会が開かれた

31万人の来場者

大盛況だった

あなたはヨーロッパが夢だった

夢がかなった

 

 

あなたの絵が世界に広まり始めてる

これからもっと広まるかもしれない

喜ばしい事なんだろうけど

私はなんとなく寂しい

 

あなたの絵が世に広まれば広まるほど

あなたがいないのが

私はとても悔しい

 

 

もしあなたが生きていたら

もっとたくさんの素晴らしい絵を

私は見ることができたのに

 

 

 

石田徹也遺作集

 

 

 

14年前に買ったこの画集

私の宝物だ

これからも大切にします

 

石田徹也さん

ありがとう

 

 

 

2020年5月23日

石田徹也さんの15回忌に捧ぐ

 

申 成徹(シン ソンチョル)

---------------------------------------------------------

 

 

 

↓クリックしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ