朝鮮小・中・高まで通ったオレ

高校生の時に初めてアルバイトをやった
バイト情報誌「ブルーワーク」
今は廃刊になったが

当時ほとんどの朝高生が持ち歩いてた

同級生のヨンスがオレに言った
「ブルワでバイト見つけたんだ」
雑誌の折り目部分を開いてオレに見せた


パン工場でお手軽バイト!
誰でもできます!
女子学生、主婦、初心者大歓迎!
深夜時給1500円+交通費



手軽なバイト

時給1500円は破格だ
しかも交通費は別途支給
深夜だが1晩くらい寝なくても平気だ

これは行くしかない
ヨンスがアポを取り2人でバイトに行く事にした

翌日の夜19時に駅前に集合した
そこには同じバイト志望の集団がいた
ただ少し違和感を感じた


女子学生や主婦は一人もいない
屈強そうなオトコたちばかりだった


お手軽バイトなんだよな


そんなことを考えてるうちに
工場行きの専用小型バスが到着
それに乗り1時間くらい移動した

ついた場所は山奥の工場だった
パン工場を見るのは初めてだ

煙突からすごい勢いで蒸気が出てる


バスから降りると、工場から責任者らしき人物が現れた

みんなおつかれー
今日もアレ作るぞー


アレとは何なのか特に説明はなかった
オレとヨンス以外は常連さんらしい
みんな納得した表情だ


じゃあこっちの班は「まるごとバナナ」
そっちの班は「まるごとりんご」お願いねー


まるごとバナナとは


2班に分けられた

オレとヨンスは別の班だった
 

 

状況がわからずにいると
窓のない部屋にオレ一人連れてかれた
そこにはメチャクチャでかい釜
お湯がグラグラ沸騰している

蒸し風呂のような部屋

何だコレ

暫く待ってると、責任者がダンボールを運んできた
中にはバナナが大量に入ってる


「バナナを釜に入れて茹でて
色が変色したらお湯から出して 
消毒だよ」


まるごとバナナというのは

バナナが入ったロールケーキのことだった

まるごとりんごはパイだ


どちらも当時の人気商品だった



100度に沸騰した釜にバナナを入れる
2分くらい茹で、ザルに挙げる


簡単なようでとんでもなくツラかった

お湯に近づくだけで死ぬほど熱い
茹でたバナナも当然死ぬほど熱い
ヘタすると釜に落ちる 

蒸し風呂のような部屋

死ぬ


バナナをゆでる
ヤケドする
バナナを上げる

ヤケドする

→以下繰り返し

 

手と顔をヤケドしまくった

女子学生や主婦には絶対ムリ


3時間やってバナナ部屋から逃げた
外に出るとバイトの人たちは忙しそうだった

バナナとりんごをトラックから積み下ろし
かなりシンドそう



隣の部屋をのぞくとヨンスがいた
りんごを釜で茹でていた

ここは・・
りんご部屋だ

 



釜にりんご入れ、ザルで熱々のりんごを上げる
ヨンスはオレと同じ作業をりんごでやってた

ヨンス・・・

くじける様子はない

オレはバナナ部屋に戻り、朝までバナナを茹でた
すごくツラかったけど何とか頑張った

初めてバイト代をもらった時はうれしかった
仕事ってツラいんだな
でもすごく充実してた
ヨンス ありがとう



あれからまるごとバナナは一切食べてない

 

 

-----------------------------

↓お気に召しましたら

クリックしてもらえると

嬉しいです😂😂

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ