ラジオ番組MCになってみての気づきについて | 姫路の愛ある女社労士 きらきら日誌

姫路の愛ある女社労士 きらきら日誌

兵庫県姫路市役所西側、山陽手柄駅徒歩1分のところでななお社会保険労務士事務所を経営している女性社労士です♪お客様と心つながる社労士であることをモットーに常にお客様の立場にたって心地よいサポート心がけています


テーマ:
皆さま、こんにちは〜
姫路の愛ある女社労士です。

さてさて、夏休みに入り、
博多行きの新幹線にて、
これを書いてます。

あは、今日2度目の投稿、ですね。
暇があれば、
ブログ更新て、できますね笑笑

さてさて、今週水曜日に放送された、
FMGenki  79.3MHzのラジオ番組
ななおとかおりとえがちゃんの
姫路でしゃべくり003


動画でYouTubeに上がってますので
良かったらご覧ください♩

チャンネル登録もしてもらえると
嬉しいです。






さてさて、今の段階で3回ほど
収録を終えてますが、
(あ、この写真は次回のゲストさんの収録分です)
連続してやってみて、
ラジオ番組というものに対して、
気づきや反省、
自分の中で今、めちゃくちゃ溢れています。


人間はふたつに分けられる

それを経験した人か
未経験の人か

知ると知らない

0と1


よく言われることですけど、
0と1の差、
本当に違うんだなと実感しています。

子どもの頃から身近にあるラジオという媒体、
出演が決まって、
ノリというか結構気楽に考えてました。


でも今。
実際に番組をさせていただいて、
作り手さんの力、
掛け合いの大切さ、
リズム、
タイミング、
空気、
時間に対する意識、
細かい配慮、
緊張感溢れる時間、

その全てが勉強になっています。

同時に自分の力不足も
痛感しています。


経営者対談番組なので、
ゴールとして
ゲストの魅力を100パーセント引き出す、
が満点だとしたら
今はゲストに任せて話をつないでもらってる、
10点、
て感じです。



これを100点に、
徐々にではなく、
すぐに持って行かねば❣️と
思っちゃいますよね

だって聴いてくださる方々に
新人なんでと
10点を提供するわけには行きませんからね💦

昨日、自分で動画を見て
自分のことを初めて、
客観的に細かく細かく、セリフひとつ、
仕草ひとつ、服装から見てみました。
気づきがすごいありました。


学びって
本当にどんなところからでも、ですね。
まさか
ラジオからこんな学びをいただけるとは
考えても見なかったです。

ワクワクドキドキ楽しいけど、
キリキリうーん、悔しい。
思う姿と現実の姿、
その乖離に悶々としましたね。

見つけられる課題は、
必ず解決できるものである

学びの師の言葉です。

これを乗り越えていったとき、
また違う景色が見えるのかなぁと
今はワクワクしています❣️
だって道があるから走れるんですもんね✨

よし、次回の収録までに自分なりに
努力してみようと思います❣️





姫路の愛ある女社労士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス