新・大阪産業大学柔道部ブログ
  • 23Nov
    • 大阪学生体重別大会組み合わせ

      12月3日(日)に大阪学生体重別大会が開催されます。昨日、抽選が行われました。どこまでできるか挑戦です。組み合わせは以下の通りです。おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      6
      テーマ:
  • 20Nov
    • 2017湊谷杯2日目

      昨日、湊谷杯(男子個人)が開催されました。この大会は、4名による変則的なリーグ戦を行い、2名が決勝トーナメントに進出できるというシステムです。最低でも2試合することができるので、有り難い限りの大会です。今回は出場したい学生14名が5階級に出場し、9名が予選を突破しました。決勝トーナメントを勝ち上がり、5名の学生が準々決勝まで勝ち上がりました。しかしながら、準決勝に進出できた学生はいませんでした。昨年は2階級で優勝と準優勝。またベスト8とが8名いました。一昨年は優勝2名、3位2名だったので、残念な結果となりました。この大会は、学生も審判に入ったり、先進的なことが行われています。大会運営に関わった皆様、ありがとうございました。来年も出場させていただきたいと思います。おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      3
      テーマ:
  • 19Nov
    • 大阪府下大学対抗柔道大会

      本日の、大阪講道館にて大阪府下大学対抗柔道大会が開催されました。ウォーミングアップは、全身の骨格筋が試合で十分に使えるために行われるものです。よって、しっかりと汗をかき、物凄く息をあげなければなりません。常に学生に伝えていることですが、今日のアップにそれらは見られなかったので、厳しく叱りました。さて、開会式では摂南大学の横山先生が世界形選手権で6連覇したことへの記念品贈呈が行われました。横山先生おめでとうございます!試合の方は予選リーグ1回目を関大とし、2-1で辛勝しました。試合の流れによっては負けもあっただけに、よく勝ったと思います。続いて予選リーグ2回目は、大経大に5-1で勝ちました。先鋒戦で一本負けを喫しましたが、そこから快勝してくれました。最後は1位2位決定戦で、近大との勝負でした。受けが強い(だろう)学生で臨みましたが、0-6で完敗でした。引き分けれるところで負けたり、勝てるところで引き分けたり、試合の流れが完全に近大となってしまいました。結果、準優勝となりました。正レギュラーを2枚欠きましたが、それはどこのチームも同じ状況だと考えると、まだまだまだまだ努力していかなければなりません!今回のチームメンバーを脅かす存在が現れなければ、レベルアップは難しいです!来年の新入生に頼ることにならないよう、今回のメンバーもレギュラーを目指す学生も切磋琢磨してもらいたいと願います!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      1
      テーマ:
    • 湊谷杯初日

      昨日開催された湊谷杯(女子)では、残念ながら予選リーグを突破することができませんでした。ウエイトコントロール、組み手、投げる技術の向上を図らなければなりません。反復練習あるのみです!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      2
      テーマ:
  • 17Nov
    • 明日から湊谷杯

      明日は女子、明後日は男子が石川県で開催される湊谷杯に参加します。個人戦ですが、とても有意義な大会です。今日の朝練では女子が最後のアップをしました。アップが終わってから石川県へ旅立ちました。明日は男子が旅立ちます。結果は、随時アップいたします。おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      1
      テーマ:
  • 11Nov
    • MAX測定(新チーム)

      今日は新チームになって初めてのMAX測定を実施しました。理学療法士でもあるトレーナーの方に来ていただき、様々な測定をしました。今日を基準として、次回までにどれだけ数値が上がっているか楽しみです。この結果も選手選考の参考資料になるため、それを分かっている学生はしっかりとやってくれるでしょう。強くなりたいと真剣に考えている学生は、そんなこと関係なしに追い込み続けるでしょうが。赤シャツの学生は、トレーニングの成果でレギュラーになった学生です。なので、新チームではトレーニング部長になりました。全ての学生が、彼のように頑張ってもらいたいと思います!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      5
      テーマ:
  • 05Nov
    • ひのまるキッズ北信越大会

      昨日はひのまるキッズ北信越大会の前日練習会でした。オリンピック銀メダリストの杉本美香(さん)が崩しを重視した払腰の講習をし、その受けをしました。この払腰、物凄かったです!さて、本日が本番でした。今井優子さんが感動の話をしてくれました。私は、試合で負けてもの泣かないこと、保護者や指導者には負けても怒らないことをお願いしました。さて、どうだったでしょうか?知っている子も出ていたので、面白く試合を見ることができました。(イベント講師のためほとんど見ることはできませんでしたが)高学年へのセミナーでは、杉本美香さんがオリンピックの試合前にも行っていたサーキットトレーニングを指導していました。試合前でしたが、結構しんどそうでした。私は体さばきを利用した足技の反復練習のやり方を指導しました。高校生が一生懸命サポートをしてくれました。青井先生の指揮の元、前方回転受身の実際を小学生に説明するため、右の体落を。もちろん得意技ではありません。表彰式では、金メダルをかける役でしたが、小学校の後輩、教え子の教え子、同郷の愛知県人等、縁のある子たちに金メダルをかけることができました。その度に、その子に合った話をしました。柔道が繋ぐ縁、やはりいいです!帰宅道中でこのブログを書いていますが、自宅に着くのは22時を過ぎそうです。いつも思いますが、どこでもドアが欲しいです!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      3
      テーマ:
  • 03Nov
    • 出稽古(柏原、大商大、大産大附属)

      今日の前半組の稽古に東大阪柏原高校と大商大高校が出稽古に、後半組の稽古に大産大附属高校が出稽古に来てくれました。来週末に、大阪府の全国高校選手権大会の予選があるため、みなさん必死です。必死の中、本学を出稽古先に選んでいただき感謝です!前半のウォーミングアップは、道場が人で溢れていました。前半組、大学生と必死になって稽古をする高校生たち。後半組は附属高校である、大阪産業大学附属高校の高校生たちが頑張っていました。女子は、元インターハイ3位の選手が稽古に来てくれました。稽古終了後、本学の女子部員にいろんな技術指導をしてくれました。感謝です!女子も男子も高校生も頑張っていました。出稽古に来ていただいた高校が、予選でよい成績をあげることを祈念いたします。明日は、淡路島から強化を始めた柳学園高校が出稽古に来てくれます。あいにく監督はひのまるキッズ北信越大会で富山へ出張のためお会い出来ませんが、学生とともによい稽古をしてもらえればと思います。おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      2
      テーマ:
  • 01Nov
    • 新チームミーティング

      午前の稽古を終えてから、新チームによる初ミーティングを実施しました。学生の学生による学生のためのミーティングなので、意見を求められたときのみ発言することを心掛けました。いつもより、良い雰囲気でのミーティングになりました。新キャプテンの元まとまって、規律ある強いチームになってもらいたいと思います。おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      6
      テーマ:
  • 28Oct
    • 悔しい結果

      本日から2日間、ベイコム総合体育館にて全日本学生体重別団体優勝大会が開催されます。会場がもうちょっと開くなるといいなと思います。ウォーミングアップを終えて、札幌大学と対戦しました。3年生以下で臨んだ試合結果は1-3でした。私も審判Aライセンスを持ってますが…。投げる、抑え込むことができれば解決するとはいえ…。明日からは新チームになります。新チームをたたき上げて強くしていきたいと思います。明日は台風がやってきますが、大会も後片付けも帰宅も無事滞りなく完結できますように!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      7
      テーマ:
  • 27Oct
    • 壮行会 for 全日本学生

      明日から全日本学生体重別団体優勝大会がベイコム総合体育館で開催されます。今日は7時半から選手のためのアップを行いました。サーキットトレーニングのあとは、打ち込み。道場が狭いです。4回生は引退前最後の打ち込み。打ち込みのあとは、投げ込み。4回生も下級生にあたりに行きます。明日、頑張ってくれるであろう選手たち。アップ後は、部歌による壮行会。まずは初戦突破を目指し頑張ります!応援のほどよろしくお願いいたします!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      3
      テーマ:
  • 25Oct
    • インカレと台風

      今週、10月28日、29日と尼崎で全日本学生体重別団体優勝大会(以外、インカレ)が開催されますが、また台風が来るようです。先週末の台風は全国各地で被害をもたらし、様々な交通機関をマヒさせました。そして、昨日の予報↑よりも今朝の予報↓の方が日本列島に近づいているような…。なんか、インカレの最終日にドンピシャで尼崎に近づいているような…。試合は体育館の中なので大丈夫でしょうが、試合後、皆さん帰宅できるか心配です。また、私含め先生方や学生たちは試合後に撤去の仕事があります。本当に帰宅困難者が出ませんように!これ以上、北上いたしませぬように!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      6
      テーマ:
  • 23Oct
    • 自他共栄で切磋琢磨

      台風一過の一日でしたが、昨日の台風の影響で、交通機関が麻痺した一日でもありました。そのため、朝練はお休みにしました。(せざる終えませんでした)それでも本学は1時間目から授業が開始されました。(今日の通学は相当時間がかかってしんどかったと思います)そんな中、某大学の監督から電話がありました。全日休講となり、学内でクラブをすることもできないということで、稽古先を探していたのでした。もちろん、二つ返事で了承しました。【自他共栄】の精神があれば当たり前のことですよね。柔道をやっている者同士、困ったことがあればお互いに助け合うことは当然です。急ぎ学生に連絡を取り、稽古時間変更や、前半組後半組(本学は部員67名に対して、道場が狭いので2組に分けて稽古をしています)、選手の入れ替えをし、無事迎え受けることができました。寝技から開始しましたが、本学柔道部員の寝技のレベルが低く抑え込まれることが多かったので、新チームになったら寝技の強化をやろうと考えました。こういう考えが産まれるのは、合同稽古の賜物です!立技の乱取りは、お互いにいい緊張感を持って、激しい稽古ができました。試合前のため、怪我だけはさせないようゲキを飛ばしながらの稽古でした。お陰様で、お互い怪我もなく、無事稽古を終えることができました。これからも嘉納治五郎師範の教え、【精力善用・自他共栄】の精神を大切にして、指導や稽古にあたりたいと思います!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      3
      テーマ:
    • 道場考

      2016年に大阪産業大学柔道部FBページでアップしたものの再掲載です。再掲載した【道場考】の前にひとこと。週一回の大阪講道館での少年指導だけでなく、最近は少柔協のお仕事で全国各地へ柔道の裾野拡大のお手伝いや、各地区ブロック合宿に参加し競技力向上のお手伝いで小中学生と関わることが多くなっています。少年指導の大切さ、難しさを実感しているところです。さて、長文ですので、おヒマなときにどうぞ。【柔道で世の中を幸せに!】【道場考】長文です。私は小学1年生の11月末(11月23日)から柔道を始めた。始めたキッカケは、私の記憶が正しければ算盤をやりたくなかったからである。それに、私が通園していた保育園は、教育の一環で柔道が取り入れられており、柔道は楽しいものだと感じていたからである。さて、私が通っていた町道場は受身を大切にする道場であった。八木先生というお医者様が作られた道場は、倉庫を改良された道場で多くの指導者がおられた。柔道を始めたばかりの私は、早く乱取りをしたいという気持ちが強く(乱取りとか打ち込みという言葉自体知らないにもかかわらず)、みんなが並んでいるところへ行こうとするとよく止められたものだ。とにかく乱取りに参加できたのは年を明けてからのことであった。この道場の思い出、先生から言われたこと等を挙げてみる。「どっち組みだ?」と言われ、みんなが右組みだったのを見て、みんなと同じ組み方が嫌だと思い(変わっている小学生だった)、左ですと答えると、左の技を教えてもらった。ひょっとしたら、右利きか左利きかを聞いておられたのかもしれないが、このときに左の技を教えていただいたお陰で今日の私があると思う。「受身をしたら強くなるぞ」先生の言うことを信じてよく受身をしていた。受身をすると先生に上手な受身だと褒めてもらえた。正しい姿勢で柔道をやりなさいということだったのかもしれない。「手を離さないで、組んで柔道をやりなさい」だから、自分から相手の組み手を切ることはしなかった。それに、組み方、切り方などは一切教えてもらったことがない。「変な打ち込みだなあ」と言われたことがあるが、私の背負投の打ち込みを修正する先生はいなかった。これが本当によかった。「ふざけてやってるなら正座しときなさい」と言われ、1時間近く板間に正座をしたことがある。このときは自分が悪かったと反省した。「靴の踵を踏まない」日本武道館で開催される練成大会への移動中に言われた。このときから当たり前だが靴の踵を踏んだことはない。今思い起こしても、叱られたことがあるのは柔道以外のところであって、柔道で叱られたことはない。試合の勝ち負けや上手い下手で怒られた記憶など一切ないのである。勝負にこだわった稽古をするような道場ではなかったが、それでも私が6年生のときには団体戦で愛知県大会の準優勝か3位に入賞している。私の一つ上の学年で講道学舎に行った先輩もいる。私自身も5年生のときに3位、6年生のときに準優勝している。しかし、本当は負けていたと思う。それは当時の試合では引き分けた場合、クジで勝者を決めていたからである。私が小学生のときは、優位な試合でクジで負けたり、負けている試合でクジで勝ったりと、そういうことが割とあったからだ。6年生のとき、途中で同門対決となり引き分けだったためクジとなった。負けた内容の試合であったがクジで勝ったのだった。話は進んで中学3年生のとき、私の所属していた中学校は団体戦で県大会で優勝した。東海大会でも優勝した。チームメイトの2名は中学校に入ってから柔道を、1名は小学校高学年から柔道を始めた。そんなチームが県大会、東海大会で優勝したのである。道場から一緒の親友(ライバル)は、全中の個人戦で3位になった。もちろん、中学校の顧問が熱心(ただし体罰などない)であったことがその要因であると思うが、町道場で自主自立の考えを学んだことも要因だったと思う。話は団体戦のことに戻るが、今は道場あがりの子たちが団体戦で活躍しているケースが多いので、私が通っていた中学のようなケースは珍しいのだろう。珍しいことだからこそ、現在、中学から柔道を始める子が少なくなって、柔道人口が減少している一要因となっているのではないだろうか。話が逸れてきたので元に。今はどの道場(とまで言うと大袈裟になると思うが)でも試合のやり方を指導している感がある。あくまで私の印象である。先日、小学生の大会で掛け逃げのような技を連発する柔道を見た。この子は柔道が楽しいだろうか。今後、楽しいと思ってくれるだろうかなど考えながら試合を見ていた。よく伸びしろという言葉が使われるが、こういう柔道をさせていては、教えていては、この子の将来を潰すことになるのではないだろうか。少し過激なことを書いたような気もするが、心からそう思う。小学生は柔道を楽しむべきである。(should ではなくmust)と考える。みんなと一緒に柔道をする楽しさもあるだろうし、試合に勝つために努力をしていく中で気付く楽しさもあるだろう。もちろん、勝つ楽しさもあるだろう。ただ、誰でも言っていることだが、指導者も子供たちも勝利至上主義になってはならないと強く主張したい。どこの道場でも強くなりたいと思っている子は強くなりたいと思っているし、逆に厳しくやっている道場でも強くなりたいと思っていない子は別に強くなりたいとは思っていないはずである。何が言いたいかと言うと、小学生のときは勝ち負けだけにこだわらなくてもいいんじゃない?ということである。負けて悔しさを知ることも大切だし、勝って楽しさを知ることも大切だが、柔道を大好きになることの方がはるかに大切なことだと考えるからである。私は柔道が好きになったのでもっと強くなりたいと思って柔道をしていた。週3回1時間だけの稽古では物足りなくなり、小学5年生から一般の部でプラス1時間稽古をするようになった。小学4年生から一般の部に参加したかったが、まだ早いと止められたことを覚えている。先生方は私がまだ身体ができあがっていないことを考えてくださったり、強くすることだけを考えるような指導者ではなかったからだろう。今思うと本当にありがたい限りである。私が大きな怪我もなく29歳まで現役を続けることができたのも、今も稽古ができることも、受身をしっかりと指導していただいた道場の先生方のお陰である。ただただ感謝しかない。終始まとまりのない話となったが、とにかく指導者は柔道屋にならず、柔道屋を作らず、柔道家になり、柔道家を育てようということである。若輩者で「道場論」など語れないので、「道場考」として自分の考えを述べてみた。文責 内村直也(経歴 内村 柔道 Wiki)

      3
      テーマ:
  • 22Oct
    • 日曜ですがクラブ

      普段は日曜日にはクラブは休みにしていますが、次の土曜日に行われる全日本学生や、他の行事があったりで、この日しか学内予選を実施することができないため、日曜日の学生予選となりました。なんの予選かというと、12月3日(日)に開催される大阪学生体重別大会のための予選です。10月28日の全日本学生体重別団体優勝大会の選手は予選なしで出場決定しているため、それ以外の学生たちで予選をしました。予選が終わったあとは、学生たちへ講話を。今日話した内容が響いてくれたらいいなと思います。おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      2
      テーマ:
  • 21Oct
    • 来校(関大北陽

      今日はAO入試があったため、午後からの稽古でした。前半は全日本学生体重別団体優勝大会のレギュラーを中心とした稽古。後半の稽古には、関大北陽高校が出稽古に来てくれました。本学学生たちは、明日の学内予選がありましたが、一生懸命、高校生に稽古をつけていました。来月には、全国高校選手権の大阪府予選があります。是非とも頑張ってもらいたいと思います!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      2
      テーマ:
  • 20Oct
    • 大阪府下大学対抗試合組み合わせ

      11月19日に大阪講道館にて、大阪府下大学対抗試合が開催されます。新チームになってから初めての団体様となります。組み合わせは以下の通りです。1部優勝目指し、頑張ります!

      3
      テーマ:
  • 19Oct
    • 背負投57

      6月30日にeJudoから私の背負投のDVDが発売になりました。発売当初、Amazonのスポーツ・フィットネス部門で、ありがたいことに1位になりました。その後、100位圏外になっていましたが、最近またじわじわと準備があがってきています。昨日も11位まであがりました。本当にありがたいことです!YouTubeで背負投の入り方57の宣伝映像が見られます。AmazonでDVD背負投の入り方57を購入できます。これを見て、背負投をする選手が増えてほしいなと思います!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      3
      テーマ:
  • 17Oct
    • 雨模様

      雨の日の朝練は道場にて実施しています。普段は軽量級2班、中量級、重量級に分かれて朝練を実施していますが、狭い道場の中で全員でトレーニングです。毎回、トレーニング部長のトモヒトの実施で動きます。今日も楽しくできました。もちろん、トレーニング部長は追い込んでくれます!今週はずっと雨模様みたいなので、道場での朝練が主体になると思います。おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      4
      テーマ:
  • 16Oct
    • 少柔協・鹿児島県少年柔道教室

      全柔連から鹿児島県少年柔道教室の写真が送られてきたので、再アップします。たくさんの子供たちが参加してくれました。女性講師は森山(八戸)先生。ウォーミングアップは、朝飛先生がやっていたことをパクリ。「バ〜ンっ!」で後ろ受身。かなり盛り上がりました。柔道衣を着ていない子も参加!とてもかわいいです!一緒になって回転運動。この経験をもとに、柔道を始めてもらいたいと思います!これこそが少柔協の柔道教室の目的です!小学校4年生以上を対象にした講習会。受けは、先週熊本・阿蘇で行われた九州中学生ブロック合宿に参加していた中学生がしてくれました。とてもいい子です!子供たちと乱取りも。みんなの前で背負投を披露。「うぉ〜っ!」って言ってもらえました。お母さん方にも投げられました。このお母さんには一本背負を即席で教え、見事決まりました。このお母さんには大腰を。このお母さんには大外刈を。お母さん方もしっかりと礼ができました。質問コーナーでは、子供たちからかわいい質問、真剣な質問がありました。薩摩柔道ルネッサンス宣言。全国の少年少女だけでなく、全国の指導者も心掛けなければならない言葉ですね!おしまい。【柔道で世の中を幸せに!】

      5
      テーマ:

プロフィール

大阪産業大学柔道部監督

自己紹介:
現役時代は、I like judo.でした。 しばらく柔道界から離れました。 再び柔道界に戻り、指導...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス