2005-06-03

エフェクト処理☆セナと風を感じて♪

テーマ:エフェクト処理

殿っ!「セナと風を感じて♪」の音作りのメモですっ!色々な術を使っておるようですっ!


~音作りの術@銀奴~

まず、ギターの出力ですけど、GAIN:7、BASS:0、TREBLE:0に設定してUSBオーディオアダプタ直結エフェクトなしでPCに接続し、SoundEngine で録音します。cguitar さんからいただいたアドバイスで「録音をはじめたら少々のミスはかまわずに弾きつづける」って感じで、録音を続けます。今回は約30分ほど弾き続けて最後のテイクを使いました。


で、録音直後の音はこんな感じ(イントロのみ、MP3 96KBPS 115KB 9秒)
モノラルなので音がぺたっとした感じですね~f(^^;;; 私は何が何でもステレオじゃないとヤなのでぇ~SoundEngineに装備されている「PhsseWidth」というエフェクトでステレオにしてやります☆


●分身の術ぅ~♪
★空間→チャンネルディレイ&定位→ライブラリー→PhaseWidth
デフォルトの設定は定位が-1.8で若干左よりなので、私は定位は0.00に戻してセンターにしています。次にボリュームは小さくしたくは無いので、デフォルトが-2.1ですけど、これも0.00に設定します。チャンネルディレイはそのままです。(チャンネルディレイが-3.9msって!たしかパット・メセニーもこんなセッティングしてたような、違うようなf(^^;;;☆♪)

phasewidth

PhaseWidthをかけるとこんな感じ(イントロのみ、MP3 96KBPS 115KB 9秒)
左右に音が広がって空間的な広がりが出ましたね~♪でも、まだちょっと音に個性というか色気が無いっ!そこでコーラスをかけてやるのですぅ~☆


●まぼろしの術ぅ~♪
★空間→コーラス→ライブラリ→Chorus3
デフォルトの設定でそのままコーラスをかけると、いかにもっ!って感じになるので、エフェクトレベルをデフォルト-1.3→-8.1位に下げてやります。ほんとちょびっとコーラスがかかってるって感じですね~♪PhaseWidthのときと同じようにボリュームは小さくしたくは無いので、デフォルトが-1.8ですけど、これも0.23に設定します。(ゼロよりちょい小さめでおっけーです)

chorus3

Chorus3をかけるとこんな感じ(イントロのみ、MP3 96KBPS 115KB 9秒)
音に厚みが出てエレアコらしい怪しい音になってきましたね~♪でも、まだ音に余韻が欲しい気がしますね~♪もちょとエロい音にしてみますね~ほんのちょとですよ~☆


●やまびこの術ぅ~♪
★空間→リバーヴ→シンプルリバーヴ3→ライブラリ→ShortDelay
これは、パラメータはいじらずにそのまんまかけています。元々エフェクトレベルが-20.1という弱いエフェクトみたいなので、お好みにより強弱を設定してもいいかもしれませんね~♪

shortdelay

ShortDelayをかけるとこんな感じ(イントロのみ、MP3 96KBPS 115KB 9秒)
程よい感じの残響がつきましたね~♪ストレートな音がお好みの方は省略されてもいいかもしれませんけどね~♪音色はこんな感じでいいとして、もちょとだけパワフルに攻めてみましょうf(^^;;;☆♪オートマキシマイズを使って全体の音量を上げてやります☆


●寄せて上げての術ぅ~♪
★音量→オートマキシマイズ→ライブラリー→-15db(ソフト)
J-POP系の場合、もっと音量は大きくて-10dbとか超ハードな上げ方をしてる場合もあるみたいですけど、私の場合アコギ一本なので上げすぎると不自然になるので、いろいろ試した結果-15dbで調整することが多いです。

automax

今回はイコライジングとかは一切無しで、空間系エフェクトのみでしたけど、曲によっては以前のようにエキサイターやブースターを使うこともあります。幸いタカミネくんの音ってそれほど悪いわけではないので、イコライザーはあまりいじらない方が良い場合が多いですね~♪


~銀奴の虎の巻でしたぁ~(^^)☆♪

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005-04-29

アナログな味付け☆♪

テーマ:エフェクト処理

プロのミュージシャンt_monkさんのブログで公開された、一般的なデジタルディレイとアナログエフェクターのテープエコーの比較実験、とても勉強になりました(^^)☆♪

言葉で表現するのは難しいんですけど、実際にMP3で音が聴けますので聴き比べしてみるのが一番かと思います☆♪


私なりに気付いたことなどをまとめてみると、

1.一般的なデジタルディレイには倍音の揺らぎが無い。
2.一般的なデジタルディレイは高域の伸びが良い。


これはデジタルの長所でもあり、短所でもあるんですね~音楽って適度な揺らぎがあるほうが心地よく感じるので、テープエコーの回転ムラによる、ほんのわずかの音の揺らぎが程よい心地よさを感じさせるんですね☆♪また、クリアに伸びる高音も逆に適度に押えてやる方が耳なじみの良い音になることもアナログの良さなんじゃないかと思います☆♪


私の場合、録音に使うのはSoundEngineだけしかなく、完全にデジタルな音としてしか作品を残せないので、t_monkさんの実験から学んだことを生かすには・・・☆♪


1.適度な揺らぎ(パラメータを変えた複数のコーラスを極めて軽くかける)
2.高域を適度に柔らかくする(パライコ、あるいはダイナミックラグで適度に音を柔かく)


私の過去の作品も録音し直す機会があれば、今回学んだことを実践してみようと思います。新しく録音する作品にはもちろん試してみるつもりです☆♪

記事として掲載した中で恐縮ですが、t_monkさんに心よりお礼申し上げますっ!ありがとうございました(^^)☆♪


t_monkさんのブログ Blog For Musician http://blog.livedoor.jp/t_monk/

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-01-12

ブースター☆♪

テーマ:エフェクト処理
サウンドエンジンのエフェクト処理で、私も最近使うようになったExciterですけど、音質→ブースターのライブラリの中にあります。このライブラリは割と使い道が多いので、ちょこっとだけ紹介します(^^)☆♪

*( )内数字はブーストする周波数

16k Up:超高域を強め、空気感を付加(16.00khz)
Add Air:超高域を強め、空気感を付加(19.99khz)
default:デフォルト(11.03khz)
Exciter:音の輪郭をくっきりさせます(6.00khz)
Low Boost:超低域をブーストします、サブウーファーの帯域(63.1hz)
Low Up:低域をブーストします、バスドラム、ベースを太く(115.8hz)
Mid Up:中域をブーストします(996.9hz)
Syari:高域をブーストします(2.89khz)

各ピッチにおける周波数一覧表とか参考にしながら、各パラメータをあれこれと変えながら好みの音に近づけるようにエフェクトをかけています(^^)☆♪
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-01-06

SWEET MEMORIESの音作りメモ☆♪

テーマ:エフェクト処理
私のタカミネくんの録音直後の音は、良く言えばやわらかい音なんですが、ちょっと篭った感じがするので、サウンドエンジンのエフェクト処理でいろいろ音を補正しています。SWEET MEMORIESを録音したときのメモをもとに、エフェクト処理のプロセスを再現してみます☆♪まぁ世界一しょぼい宅録メモなんで、何の参考にもならないとは思いますが(爆)f(^^;;;☆♪

■プロセス1:エキサイター
ちょっと眠たそうな音なので、エキサイターでしゃきっとさせます(^^)☆♪ 

手順:音質→ライブラリーからエキサイターを選ぶ、パラメーターはそのままで、OKボタンを押して曲全体をしゃきっとさせました。

■プロセス2:Chorus3
音にキラキラ感が欲しかったのでChorus3をかけました(^^)☆♪ 

手順:空間→ライブラリーからChorus3を選択、エフェクトレベル-8.1へダウン、他のパラメーターはそのままで、OKボタンを押して曲全体をキラキラ音にしました。

■プロセス3:Phase Width
モノラルのままでは空間的な広がりが無いので、Phase Widthで位相的な広がりを持たせました(^^)☆♪ 

手順:Ch Delay & Pan→ライブラリーからPhase Widthを選択、定位を0.00(センター)、ボリュームを0.00に設定、他はそのままでOKボタンを押して曲全体を広がりのあるステレオサウンドにしました。

■プロセス4:Mid Up
この時点で中音域が足りないと感じたので、Mid Upで中音域をブーストしました(^^)☆♪ 

手順:音質→イコライザー→1ポイントイコライザー→ライブラリーからMid Upを選択、パラメーターはそのままで、OKボタンを押して曲全体の中音域をブーストしました。

■プロセス5:サラウンド
もう少しステレオ感を足したいと思い、サラウンド20%UPをかけました(^^)☆♪ 

手順:空間→サラウンド→ライブラリから20%upを選択、他のパラメーターはそのままでOKボタンを押して曲全体のステレオ感を広げました。

■プロセス6:Phaser
音に揺らぎ感を足したかったのでPhaserをかけました(^^)☆♪ 

手順:空間→Chorus→ライブラリからPhaserを選択、エフェクトレベルを-8.2へダウン、他のパラメータはそのままでOKボタンを押して曲全体の揺らぎ感を持たせました。

■プロセス7:オートマキシマイズ
録音時の歪みを押さえるため、音量は控えめに録音したので、歪まない程度に上げてやりました(^^)☆♪ 

手順:音量→オートマキシマイズ→ライブラリから-15dB(ソフト)を選択、OKボタンを押して曲全体の音量を上げました。

■プロセス8:Chorus3
エンディングの最後の部分だけキラキラ感がもう少し欲しかったので、プロセス2のChorus3を最後の部分だけにもう一度かけました。パラメータの設定はプロセス2と全く同じです。

■プロセス9:Lag Mid
本当はこのままの音でお聞かせしたいんですけど、耳なじみが程よい状態にまで音を丸めたほうが疲れない音だと思うので、Lag Midを使いました(^^)☆♪ 

手順:音質→マスタリングプロセス→ライブラリからLag Midを選択、パラメータはそのままでOKボタンを押して曲全体を少し柔らかい音にしました。

■プロセス10:一晩寝てから(^^)☆♪
1時間ぐらいエフェクト処理を、あーだこーだやってると耳が疲れて正しい判断ができなくなるので、一晩冬眠しました(爆)☆♪再生して特に問題ないと思ったので、96kbpsでMP3出力してプレ王にアップしました(^^)☆♪

まぁ世界一しょぼい宅録ギタリストでも、涙ぐましい努力はしてるということでぇ~(爆)☆♪<なんかpentaponta学長っぽいじょf(^^;;;☆♪
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-01-04

Chorus3☆♪

テーマ:エフェクト処理
サウンドエンジンでのエフェクト処理で良く使うエフェクトですっ(^^)☆♪
実はこのエフェクトは、Chorus1~3、Flanger1~3、Phaser1~3がライブラリーに標準で装備されているんですが、末尾の数字が小さいものほどエフェクトが強くかかるみたいです。私の場合は一番弱くかかるChorus3を良く使うんですが、デフォルトのエフェクトレベルが-1.3なので、これでも強すぎる印象があるので、いろいろ試してみて、エフェクトレベルは-8.1ぐらいで使うことが多いです。

SWEET MEMORIESでは、エンディングの最後だけこの設定でもう一度だけChorus3をかけてキラキラ感を強調してみました(^^)☆♪ビジュアルメーターで見ても、センターから上下左右に複雑な波形を描くような音になるので、これがキラキラ音の正体ですっ(^^)☆♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004-12-25

無理やりステレオにするf(^^;;;☆♪

テーマ:エフェクト処理
私がアップしているすべての曲で使っているエフェクトですっ(^^)☆♪タカミネくんの出力は普通のギターと同じモノラルなので、そのままの音じゃあまりにつまらないので、ステレオ出力にするために使うエフェクトが「Phase Width」というものです。

サウンドエンジンのメニューから、空間→チャンネルディレイ&定位を選び、ライブラリーの中から「Phase Width」を選択します。私の場合Phase Widthの設定は、チャンネルディレイはそのまま、定位を0.0(センター)、ボリュームを0.0(元の音量は変えない)でエフェクトをかけています。ビジュアルメーターで見ると、赤い線が音量と定位を表しているんですが、これが上下左右複雑に変化しているのがわかります。モノラルだとセンターの定位で上下するだけなので、Phase Widthを使うだけで空間的な音の感じ方がまるで違ってきて、とたんに音の表情が豊かになります(^^)☆♪
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。