楽しく遊びながら学ぶ「親勉」のある暮らし

楽しく遊びながら学ぶ「親勉」のある暮らし

学習障害だって乗り越えられる
楽しく遊びながら自己肯定感を高める学習法【親勉】お伝えします


テーマ:

 

こどもと暮らす住まいの提案も行っています

親勉インストラクター×一級建築士 @東京都世田谷区

なかの なおこ です。

 

  

先月末、書道イベントに家族で参加してきました。

書道家の飯田峰空(ほうくう)先生によるワークショップ。

 

自然の姿や形を元に作られた「象形文字」が漢字のはじまり~

チームラボの象形文字アートを前にしての素敵なお話は、

一気に子どもたちを何千年も前の太古の世界へ連れて行ってくれました。

 

壁面を滑り降りてくる象形文字をタッチすると、

その字の元になった生き物や自然の形が現れるという仕掛けになっています。

 

我が子たちも夢中で文字をタッチ。

 

 

その後、象形文字の中でもダイナミックな「象」という文字を書いてみることに。

小学生チームにとっては、

書道には興味はあっても小学校の授業の中でしか触れることのない世界。

5歳次女は、まったく初めて。

 

どんな作品が出来上がるのか、ドキドキワクワク。

 

そして、お題はなんとも難しそうな「象」。

でも、意外や意外。

ここが頭で、ここが鼻でと

説明されるがまま、

イメージするがままに、

堂々とそして生き生きと筆を動かしていました。

 

 

象形文字ならではの迫力とイメージが子どもの想像力を働かせ、

「きれいに」とか

「じょうずに」とか

「うまく」とか

そういった感情を超えた書道の楽しみ方を体感させて頂けたようです。

 

峰空先生、とても楽しいワークショップをありがとうございました。

あれから、小3長女、「書道を習いたい」と日に日に興味を膨らませています。

 

 

 

親勉体験会のご案内はこちらから

https://ameblo.jp/nanakokoron/entry-12257681134.html

【東京都世田谷区】親勉インストラクター なかのなおこ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス