なんだって乗り越えられる 幸せになるためのレシピ

なんだって乗り越えられる 幸せになるためのレシピ

自分らしく生きるのが本当の幸せ

心の荷物を捨て、自分らしく生きるためのヒントを、ゆるゆると書いていこうと思います

時々スピリチュアルな観点から、私が絶好調の時は直感も交えて←いつもではない(笑)載せて行きます

こんにちは照れ



私がブログの最後に書いてる



心と体を大切に


これは娘達が幼い頃からずっと娘達に言い続けた

子育ての基本となったもの

これだけでいいと思ってた

今でもそう思ってるキラキラ


生きる指針だと思う



誰かに言葉として教わったわけでもない

私の両親はどっちかと言えば

良い学校に行き、良い所へ就職し…という考えだったしうーん


ま。私は子供の頃から、ことごとくその期待に背いて生きてたけどウシシ


私が高校んとき
保健体育の中絶の授業で←性行為を考えさせる授業ね
レポートを書かされて

愛し合ってるふたりがすること
なぜ悪いのか私には分からない
大人がとやかく言うことでは無い
起こることに自分達で全て責任を負えばいい

って書いて、見事に0点だったおいでウシシ


自分の心に従う
自分で自分の心を傷付けない
自分の心を大切にする

なぜかこの考えが出来上がってたんよね


もちろん体を傷付けるという発想は
自分にはなかったし

責任は自分にある

ってことも知ってた



だからね
19歳で長女を産んで21歳で次女を産んだけど
子供が子供を産んだって言われてたけど(笑)
ちゃんとした軸があったから
特に困ることも無く…

ふたりとも入院するほどのアトピーだったし
イジメを受けたり、仲間はずれになったり
部活動の問題とか
当たり前の反抗期とか(笑)


色々大変だったけど
軸だけあれば対応できてたかなキラキラ


学校なんて行きたくなかったら行かんでいいし
グレたければグレたらいいって思ってた(笑)





私自身のことで言えば
小学生のときイジメにあったり
デキ婚からの離婚したり
DVあったり
職場で陰湿なイジメにあったり
パニック障害になったり
エンパスだったり
周りの人と視点・考え方・感じ方が違うから分かり合えなかったり(笑)


なんやかんやあるけど
大変だったけど
それも対応できたキラキラ



やっぱりね

心と体を大切に

してるからだと思うんよね



人に対しても同じだよ*ˊᵕˋ*

相手の 心と体を大切に することもちゃんと考えてるから、特にトラブルはないキラキラ

譲るところは譲るし
尊重するところは尊重する

んでも私自身も大切にする


 万が一トラブっても大事にならないしウシシ





心と体を大切に

すごく簡単な言葉だけど

生きてくためにとても大事なこと



楽に、楽しく、幸せに…生きてくためにキラキラ








心と体を大切にラブ


自分に祝福をラブ



長くなりそ〜だからこの辺で(笑)
ホントはね
なぜ心と体なのか…お話したかったんだけどウシシ
後編へ続く…です