ノゴマとヤブカンゾウ | ななっぺの自由帳

ななっぺの自由帳

日頃、感じたことをいっぱい書き込めたらと思います。
生徒さんの作品、自分の作品も紹介しています。

生徒さんの作品です。

ノゴマは全長15.5㎝、頭から背、尾、翼の上面は緑がかった褐色で、腹はやや薄くなっ鳥。オスは喉が赤色、メスは白色です。

アジア大陸の北部に分布・繁殖し、冬には東南アジアで越冬しています。日本では北海道に夏鳥として渡来し、山地のハイマツ帯、平地の草地や牧草地、海岸草原、低木林などで繁殖しています。

一方、ヤブカンゾウは、ワスレナグサとして『万葉集』に登場する植物。

花びらが細かく描写され、その表面状態がわかりやすく表現されています。

ノゴマは、するどい口ばしに反してふっくらした体、きれいな毛並みがうまく表現されていますね。

 

ホームページも見てね。

↓↓

なないろパレットアート倶楽部