指導のキホン | 三上ナナエのブログ

三上ナナエのブログ

人材育成コンサルタント、企業研修講師


テーマ:

 

 

 

「指導・教え方のキホン」

 

 

 

最近の研修で多いテーマでもあります。

 

【内容としては】

・信頼と信用の違い

・信頼関係を築く具体的な言動

・やる気を削ぐNGワード、勇気づけのOKワード

・「なぜ」を具体的にすると納得して動きたくなる

・人格には踏み込まない、伝わる3つの指導ステップ

・相手のタイプ別指導ポイント

 

事例を紹介し、ワークも取り入れ進めます。

 

 

 

さて、私が会社員の頃は、「教え方」は「自己流」でした・・・

 

今思い出すと「あっちゃー・・・もう一回やり直しさせて〜ーゲッソリ」と叫びたくなります。

 

 

例えば、嫌われたくない気持ちから

 

オブラートに包みすぎて伝わらない・・・

 

そして先輩からは

「もうちょっと厳しく指導をしたほうがいいよ」と言われ・・・

 

厳しい=「きつい口調や言葉で」と捉え

 

意を決し伝えると、後輩も面食らい「急にどうしちゃったの?」という空気・・・ガーン

 

完全な空回りです・・・

 

伝える際のNGワード「前から言おうと思ってたんだけど・・・」なんてことも

言ってましたねーガーン

 

 

指導の目的は

 

一時的でなく、指導される側が自立できるようになること。

 

タイミングを見計らい、伝えるべきことを、明確に、具体的に、伝わるように、

 

その結果“行動が変わること”に繋がること。

 

 

 

指導された側は改善できるようになることはもちろん、

 

「よし!やろう」と勇気付けられた気持ちになること。

 

 

そうは簡単には行かないよ・・・ということももちろん多いです。

繰り返し繰り返し、根気のいることです。

 

しかし指導する上でのNGを知っておくと信頼関係が大きく崩れることは

避けられます。

 

信頼関係の土台があってこそ、相手には届く。

 

この土台はコツコツ強化したいですね。

 

 

 

三上ナナエ オフィシャルブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス