報連相で1歩差がつく | 三上ナナエのブログ

三上ナナエのブログ

人材育成コンサルタント、企業研修講師


テーマ:

 

 

母から電話があり

 

「トイレが故障して新しいのにしようと思うんだけど、リフォーム業者の人が、

取り替えることになった経緯、そしてどんな製品か、工事金額など、お子様かどなたかお伝えし

了承をとっていただけますかっていうから電話したのよ。」

とのこと。

 

リフォーム業者の方々も高齢者世帯に対してトラブル防止のため事前にできることをしているんだなー

大変だなあ・・・といろいろお察ししてしまいました。

 

 

 

リフォームといえば、先日知人が話してくれたこと

 

洗面所のリフォームをしたところ、次の日、洗濯機が急に動かなくなったの。

壁紙を貼り変える時、洗濯機も動かしていたようで、もしかしたら何か関係あるのかな?とちょっと疑ってしまって・・・

 

でも職人さん達はとても感じよく、一生懸命やってくれていたから

もしそうだったとしてもいいづらいなあと思っていたら

 

ちょうど

「順調に使えていますか?何かお困りのことは起きていないですか」

と業者さんからフォローの電話があったんだ。

 

「順調です、関係ないとは思うんですけど実は洗濯機が動かなくて・・・」と言ったら

 

「それはお困りですね・・・原因が動かしたことであれば修理代金は

こちらでお支払いしますので教えてくださいね」と言ってくれて・・・

その対応に感激したんだよね。

 

 

結局、原因は洗濯機を動かしたことは関係なかったらしいのですが、

 

「その後どうですか」と一声かけること、大事ですね。

 

これからも責任を持って対応します、という誠実さが伝わります。

 

こういった一声かけることはとても重要ですが、目の前のことに追われると

意外とできていないので私も気をつけたいです・・・

 

こまめな声かけ、報連相。

 

実は見えないところで大きな差となっていくのでしょう。

 

 

ガーベラ近況ガーベラ

ブロードウェイ版の「コーラスライン」を東京で9月に観れるのが

今から楽しみです!

 

【あらすじ】

バックダンサーを決めるオーディション会場。

とにかく仕事が欲しい!というダンサーが最終審査で17名残ります。

審査をする演出家はダンサー達に

 

「履歴書には書いていないあなた自身の話をして欲しい。」と命じます。

 

果たして誰が選ばれるのか・・・

 

 

劇団四季版を初めて見た20歳当時は赤裸々にさらけ出された一人ひとりの物語に感情移入し、

合格者が決まった瞬間、思わず声を上げてしまったのを思い出します・・・ガーン・・・

 

ブロードウェイの初演から43年経っている作品。

このミュージカルのオーディションはまさにコーラスライン形式だったそうで、

実際のキャストが話した内容もそのまま今も引き継がれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三上ナナエ オフィシャルブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス